映画やドラマで英語耳を鍛える最も効果的な勉強法まとめ

pronunciation lesson2

「英語耳を手に入れるにはどうすれば良いか?」
答えはシンプル「効果が感じられなくとも諦めないで毎日英語に触れること」これ以外の方法も、「こうすれば短期間で英語が聴き取れるようになる」なんてことも”絶対に無い”。

そして毎日練習していれば必ず英語が聴き取れるようになるし、喋れるようになる。始める年齢やタイミングは関係ない、保障する。

映画やドラマを英語で見るだけでリスニングが上達する。まずそれは本当か?という疑問があるかもしれないので先に答えておく。

本当だ。事実私はそうしてリスニング力を鍛えてきたし、その効果は本物である。TOEIC900点くらいなら素通りできるくらいになれる。

我々が子供の頃、TVで聞いたセリフや言い回しを耳で覚え、喋ることで日本語を覚えてきたのと同じだ。映画やドラマは最高の英語リスニング教材になる。
しかし、それだけではもったいない。きっとお金を出して見ることになる映画だろう。せっかくならその効果を最大限まで引き出したいと思うはず。

英語で映画やドラマを観る際、いくつかのテクニックを駆使することでその効果を何倍にもすることができる。今回、その方法を特別に紹介しようと思う。

shawshank-redemption-min

スポンサーリンク
英会話用336広告

簡単自己発音テスト

いきなりだが、あなたの英語の発音がどの程度しっかりできているかスマートフォンで簡単にテストできる方法を一つ紹介する。発音ができればリスニングもできる。

GOOGLEなどの音声認識検索を利用してスマートフォンに向かって実際に英語を喋ってみる。発音した英語がしっかり認識されればあなたの発音は正しいということになる。
例えばRとLの発音分けがしっかりできているかをテストしたい場合は

「My liver is not river.」(私の肝臓は川ではありません)とスマホに向かって喋ってみよう。意味はわからない文だがテストには最適だ。
とても難しいので今すぐに完璧にする必要はない。あくまで発音の確認方法として使うと良い。
※検索や本体の設定言語を英語にしておくのを忘れずに。

さて、あなたは英語の勉強を楽しんでいるだろうか?私は英会話初心者の時から英語の勉強がもっと楽しくならないだろうか…と思っていた。
発音に関する記事全3回のうち2回目の今回は、いかにして毎日英語の練習を継続させるか。そしていかに映画やドラマで英語リスニング力を上達させるか。そのコツを紹介する。

先日、検索エンジンで英語の発音について検索してみた。すると、いろいろな発音のアドバイスや、練習法が解説されているページ、さらに発音矯正教材の情報が結果として表示された。

これらを継続して練習すれば発音、リスニングがうまくなるかもしれない。だがそれらには私が実際に英語を習得した上で一番大事な要素が抜けていた。

ということで今回は前回の発音の基礎の続き、英語発音とリスニングのコツ全3回の第2回目。英語耳を手に入れた過程で私が実際に実行した最も効率の良い勉強法を説明していこうと思う。この方法は「時間がかかってもいいから確実にリスニング能力を身に付けて、将来的にTOEICに臨んで行きたい」という人に向いている。

本気で英語耳を養いたいのであれば、時間をかけて毎日楽しく英語に触れることが重要だ。すぐに飽きてしまう退屈な勉強法とは今日でお別れにしよう。

英語学習は本来、楽しいもの

あなたはどのような理由で英語を勉強しているだろうか?TOEICで高いスコアを狙いたいから。仕事で必要になるから。海外に行く予定があるから。世界に飛び出したいから。どれも正当な理由だ。では、それらを求めていった先にあるものはなんだろうか?

もちろん、実際に外国人と英語で会話することである。
異文化を知ることはとても良い刺激になる。英語が話せなかった時には想像もできなかった世界を知ることができる。海外の方が言っていることを理解し、自分の意見を英語で言い会話する。とても楽しいことだ。なりより、英語を話せるようになり成長した自分に気づけた瞬間は嬉しいものだ。英語学習の末にはこのような喜びや楽しみが必ず待っている。

リスニング練習を退屈にしてしまうのは勿体無い!

以前の記事で紹介した文法の勉強英作文の練習法 どちらも退屈で理詰めの勉強法である。ではどこで自分の英語力の成長とその楽しさを感じられるか、それは英語を聞き取れるようになったときだろう。

そうなると嬉しい、楽しいのだ。そしてその可能性はリスニング、発音の勉強法にある。唯一楽しいはずのリスニング練習まで退屈な教材を使うなんてもったいないことこの上ない。

映画やドラマで勉強! リスニング練習法

発音についていろいろと書いてきたが、お待たせしました。ここからが今回私が一番おすすめしたい内容になる。前回説明した発音のコツは理屈で理解してもいきなり上手に発音するなんて無理だろう、最初はできなくて当然。練習を繰り返して上達させるのが自然な流れである。以下は実践で英語を矯正する練習法だ。

好きな映画やドラマで行う シャドーイング勉強法

シャドーイングとは「耳で聞こえた音をそのまま即座に発音する練習法」で、英語のリスニング 発音練習法として利用されている。

これだけでも十分リスニングと発音は上達する。だが、私はこれに「自分の好きな映画 ドラマ アニメを教材にして練習する」という条件を必須要素として付け加えたい。理由としては二つ

・感情の乗った生きた英語を練習できる。
・好きなドラマなので毎日楽しみながら継続できる。

なにしろ映画、ドラマなのでプロの役者が感情と動きを織り混ぜて役を演じている。これは普通に売られているリスニング教材に決定的に欠けている要素である。日常系のホームドラマなら特に良い。普段私たちに起こり得る日常的なシチュエーションでのリアクションや自然な表現法が練習できるからだ。更に、場の空気に影響する独特の会話の間、さらに表情や口の動きなど、会話に必要なあらゆる要素をそっくりそのまま鑑賞しながら学べる。

ALF01

感情のこもったセリフや観ていて楽しい設定は映画ならではの魅力である。

私たちが幼少期、両親が話す日本語をそのまま真似て言葉を覚えてきたように、英会話習得も最初は真似から始めるのが自然な流れだ。
ドラマや映画は観る人を楽しませるという目的で製作されている。もちろん内容が理解できてこそだが、毎日続けていると最初はほとんど理解できなかったセリフが徐々に理解できるようになる。

そうなると本来の映画の楽しさに加えて「聞き取れるようになった」という嬉しさが発音練習をより一層捗らせるだろう。少しずつでも毎日続けることが英語学習には一番大事な要素なのだ。

英語初心者のうちはハードルを下げて

英語勉強法のまとめ記事にも書いたが、シャドーイングは英語初心者にはちょっとだけ難しい。練習を始めたばかりの頃は例え観たことがある映画だとしても何を言っているのか全く聞き取れないだろう。

ましてや発音も同時になんて舌が追いつかなくなり易い。なので、初心者のうちは自分でも無理なく練習できるようにレベルを下げよう

具体的には「声を出さずに口パクだけで練習する」「自分に歳が近い好きなキャラを一人決めて、そのキャラのセリフだけシャドーイングする」という練習法だ。
使用する教材も難しすぎてはいけない。海外のホームドラマなら難しい単語はあまり登場せず、ハッキリと発音してくれるのでオススメだ。

有名なのは「フレンズ」。リスニング教材として誰もが一度は観るドラマではないだろうか。ブルーレイなら英語字幕も表示可能なので、上記練習法を行うには最適な教材だ。正直このドラマだけで、TOEICのリスニングはほぼ満点を狙える。

フレンズの全シーズン(1~10)全238話が詰まったブルーレイコンプリートBOX。どの国でも再生可能なリージョンフリーなので安心。

テクニックその2 ディクテーション

シャドーイングである程度会話が聞き取れるようになってきたら、次に行うべき練習はディクテーションである。
ディクテーションとは聞こえてきた英語のセリフをそっくりそのまま書き出す練習法だ。

手順としては、1つのセンテンスが聴こえたら映画を一時停止して聞こえたまま紙に書く。もう一度聴いて合っているか確認する。
の繰り返しだ。わからない単語や表現が多数出てくるはずなので、その都度辞書やネットで調べる。
これを1作品やり終える頃には英語レベルが格段に上がっていることに驚くはずだ。
20分ドラマなら楽ちんだが、2時間の映画一本となると非常に時間がかかるので、数日に分けて終わらせよう。
大事なのは毎日少しずつでも継続させることだ。

繰り返しになるが、上達のコツは何度も繰り返し同じ映画を見ることだ。アマゾンプライムなら見放題なのでリスニング練習に向いている。(洋書も読めるし)

スマホやタブレットでも見られるのでリスニング練習には最適だ。
二回目、三回目と見ていくことで理解が深まっていき、新たな単語も覚えることで総合的な英語力も伸びていく。

今なら一ヶ月の無料体験キャンペーンがある。この機会に試してみてもいいかもしれない。

英語耳に最適!日本のアニメ文化

もしあなたが日本のアニメが好きならラッキーだ。興味が無い方でもちょっと耳を傾けて欲しい。

ご存知の通り日本のアニメ文化は世界中で人気を集めている。日本の人気アニメの多くは海外で英語吹き替えされDVDでリリースされている。
「機動戦士ガンダム」「デスノート」「ドラゴンボール」「魔法少女まどか☆マギカ」「新世紀エヴァンゲリオン」など有名なものからマイナーなアニメまで英語吹き替え版が存在する。海外の声優さん達もなかなか上手で、特に「英語吹き替え版 魔法少女まどか☆マギカ」の高い再現度には驚かされた。

Puella Magi Madoka Magica01

好きな作品での練習なら勉強も捗る。

これらを英語リスニング練習教材として使用するのはとても効果的だ。既に日本語で内容を理解しているので一部英語が聞き取れなくても全体の流れについて行けるからだ。声優さんもハッキリ発音してくれているので練習を始めるにはうってつけの教材である。
「(観たいアニメのタイトル) + English DUB」で検索するといろいろ英語吹き替え版の情報が表示される。どういうものかちょっと見てみるだけならYOUTUBEにアップロードされているものをオススメする。※視聴は自己責任でお願いします。

【重要】リージョンコードについて

海外のDVDを購入する際には注意が必要だ。特定のDVDには再生できる地域を限定するリージョンコードというものが設定されている。再生機器がこのコードと一致していないと正常に再生ができないのだ。詳細はWikipediaでどうぞ。購入の際にはお持ちの機器で再生できるか必ず確認して欲しい。

なお、ブルーレイディスクなら日本とアメリカは同じ地域に分類されるので再生できる可能性がずっと高い。

英語耳勉強法まとめ

今回は日常的に英語に触れることの重要性と、映画やドラマを教材にしての勉強の楽しさを解説した。

次回は今回少しだけ触れたシャドーイングの詳しいやり方とコツについて解説する。次回で3回続いた発音とリスニング勉強法の記事はひとまず最終回となる。

スポンサーリンク
英会話用336広告