ママと一緒に楽しく英語ゲーム 遊びながら お子様の将来に

kodomo2

英語の遊び ゲーム

愛するわが子には英語が喋れるように育って欲しい。そう思う親は特に日本人には多い。
そのためには幼少期から英語環境で過ごす必要がある。特にママと一緒に英語に触れることが大切だ。
20歳を過ぎてから英語を習得しようとすると、とてつもない労力が必要になる。

しかし、日本語環境で過ごす子供に英語を叩き込もうとしても無理がある。
ママが普段日本語を話しているのに子供だけに英語を習わせても楽しくない、つまらない。だから英会話教室に通わせても長続きせず、身につかない。お金の無駄である。
当ブログで何度も主張している通り「英語は楽しくなければ身につかない」のだ。

家族で楽しめる英単語ゲーム scrabble

スクラブルというゲームをご存知だろうか?英語圏ではポピュラーなボードゲームだ。
A~Zが書かれたタイルをボードに並べて英単語を作り、ポイントを競うゲーム。最大8人(通常は2~4人)まで同時に遊べる。

英語圏の子供のほとんどがこのボードゲームを家族で遊んで英単語を覚えていった経験がある。

scrabble

私も留学中に何度も他の留学生達と遊んで盛り上がった。
ママと一緒に楽しく英単語を覚えられる知育道具でもあるので、遊びながら知能の発達と英単語力強化が同時に期待できるのが魅力だ。

国際化が進む日本で生き残る子供に育つためにも、お子さんと一緒にスクラブルを遊んで頂けないだろうか?

↓アマゾンで「スクラブル」を購入

スポンサーリンク
英会話用336広告

ルール説明

6. スクラブルの遊び方
6.0. ゲームの概要
プレイ人数は2~4名。ゲームの目的は、とにかく高い点を取ること!
プレイヤーが順番にボード上に文字コマを並べて英単語を作っていきます。
点数は、文字コマの数字とボードのマスに記載されたボーナスなどによって計算します。

6.1. 世界一シンプルな、ゲームの説明
コマを7枚ずつ袋の中からとり、他人に見えないようにラックに並べます。順番を決めます。最初の人は手持ちのコマで縦か横方向に単語を作り、盤の☆マークを通るように配置します。配置したら文字コマの点数を合計します。最初の人はボーナスとしてその点数を二倍します。使ったコマはすぐに補充して手持ちが7個になるようにします。次の人は、最初の人が置いた文字のどれかと手持ちのコマを使って、縦か横方向に単語を作ります。文字の点数を合計します。このとき、Double/Triple Letter Scoreの上に置いた文字の点数は二倍/三倍になります。Double/Triple Word Scoreの上にコマを置いた場合は、すべての文字の点数を合計したものを二倍/三倍します。自分の番にすべてのコマを使い切った人にはビンゴボーナスとして50点が加算されます。袋の中にコマがなくなり、誰かが手持ちのコマを使い切ったら終了です。袋にコマがない状態で最後に全てのコマを使い切った人には、「他のプレイヤーのラックに残っているすべてのコマの合計点」を加算します。点数を合計し、一番点数の高い人が勝ちです。

詳しい遊び方、ルールはこちらのサイト様を参考にして欲しい→英語の会 スクラブルゲーム

まとめ

英語に限らずママと一緒に楽しくやれば、どんなこともできるようになる可能性を秘めた子供。
ママと一緒に過ごした時間が多ければ多いほど、素晴らしいお子さんに育ちます。
一緒に遊べるのは小さいうちだけ。できるだけ一緒に遊ぶ時間を大切にして欲しい。

他にも体の部位を覚えるこんな英語の遊びもあるので、一緒に遊んでいただけると紹介した私としても嬉しいです。

この記事をお届けした
英会話あんしんどっとこむの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
英会話用336広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
英会話用336広告