TOEIC教材でお悩み?アルク 500点コースを評価してみた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

toeicalc500_0

TOEICで500点を目指す。

TOEIC初心者を抜け出して具体的なスコアを目指す人の最初の関門である。

だからこそ、どんな教材を使って勉強すればよいか悩んでしまう。

当たり前の話だが、TOEICで目標スコアに達するためには自分に合った教材が必要不可欠であり、一番重要な要素だ。

どうもaki(漢)です。

TOEIC300点から900点台まで伸ばしました。

今回はそんな”良い教材”のうちの一つを紹介。

アルク TOEIC500点コースだ。

実際に私がこの講座に触れて、他の教材と違うと感じた点は、

TOEICの勉強を継続させやすい作りになっている点が非常に優れていること。

さて、

TOEICの勉強を始めた人が、途中で止めてしまう原因は何かご存知だろうか?

ほとんどの挫折者が

同じことの繰り返しでその作業感に飽きたり、

勉強の成果が感じられないと、TOEIC勉強のモチベーションが続かなくなってしまう。

しかし、英語学習でいちばん大事な要素は、”毎日継続して勉強すること”なのは、英語のセンスがド底辺の私の経験からすると間違いのない事実。

アルクの通信講座は、これをよく理解している人によって作られたのだろう。

あなたの毎日の学習を刺激的にしてくれるのだ。

さて、

TOEIC500点というある意味英語のスタート地点とも言えるスコアを目指す場合、

きちんと土台を固めたうえで取得する場合と、そうでない場合で今後の伸びに大きな差が出てくる。

土台がしっかりしていればこの先、細かい部分で躓くことが少なくなり、サクサク英語力を伸ばすことができるようになる。

しっかりと基礎を固めてくれて、かつTOEIC500点を取得させてくれる教材が必要だ。

スムーズに英語を伸ばしたい。

誰だってそう思うのではないだろうか?

というわけで改めて、今回は『アルク TOEIC 完全攻略500点コース』を実際使ってみたレビューである。

TOEIC関連の教材は高いものが多いけど、何を選んだら一番効率よくコストを抑えて目標スコアにたどり着くだろう?

とお悩みの方必見である。

いろいろな教材を実際手にとって学習者目線でレビューしていくシリーズ第2弾、やっていきます。

結論だけ先に言っておく、

アルクTOEIC500点コースは、安定しておすすめできる良い教材である。

500点コースってどんな特徴があるの?

まずはこのコースの特徴を挙げていく。

自分で学習計画を立てる必要がない

完璧な学習計画が組まれている講座なので、自分で計画を立てる時間を省ける

アルクの長い歴史の中で培われた、TOEIC500点を取るためだけの黄金の学習計画が組まれているので、
すぐに学習を始められる。

”この講座を進める”

受講者がすることはただそれだけ。

初心者から抜け出したい400点台の人向け

同アルクの『TOEIC超入門コース』より一つ上のレベルのコースだ。
TOEIC400点前後の人のスコアを500点台まで引き上げることのみに特化している

これからTOEIC高スコアに向けて駆け上がっていきたい人、

英語初心者だけど、TOEICを始めてみたいという人、

そんな人たちにとってはうってつけの内容。

TOEIC新形式に完全対応。

2016年、TOEICは新形式に改訂され、出題形式が大幅に変更された。
この講座は当然、そんな新形式に完全対応している。

外出先でもお手軽勉強可能

500点コース購入で自動的に会員登録完了。アルクのWEBサービス(テストコ)が利用可能になる。
テキストや音声のデータ版が入手可能で、
スマホアプリで外出先でもトレーニング可能になる。

スマホさえあれば、かさばるテキストを持ち運ぶ必要が無い

なので、通勤時間や休憩中に学習が可能。

帰宅してからの学習時間を短くできるのは嬉しい。

toeic_alc beginner08.alco

本番さながらのマンスリーテスト

各月の最終日にはTOEIC形式のミニテストがある。
理解できていない部分を再確認できる。

WEB経由で回答を提出しないと答え合わせできないので、程よい緊張感を持ってコースに取り組める。

このミニテストがTOEIC本番に向けてのとても良い練習になる。

アルク超入門コースに比べてより実践向け

具体的なスコアを目標としているので、レッスンに使われる問題がより本番のテストに近い。
中身の濃い学習ができる。

必ず成果が出せる設計

1日20~30分、週6日のトレーニングを3ヶ月で修了となるよう設計されている。
そのため、他の教材は一切要らない
このコースだけに集中していればスコアアップができる構成になっている。

身に付きやすい学習サイクル

文法→リスニング→文法→文法&リスニング→TOEIC攻略→まとめ
を週の1サイクルとしているので、順序良く理解できるし、

同じことの繰り返しを避けてうまい具合にモチベーションの維持ができる構造になっている。

これはアルクのTOEIC教材全てに共通している特徴でもある。

便利な頻出単語集つき

TOEIC 500点を目指す場合に必要な頻出単語集が別にまとめられている。
メインコースの中で使われた順に掲載されているので、ちょっとした空き時間に平行して単語の暗記ができる。

本番を意識したアプローチ

3ヶ月のレッスン終了後に最終テスト200問が用意されている。

500点コースではこの最終テストを3回、それぞれ違う条件下で受けることを前提としている。

3段階に分けて同じテストを受験することで、自分の英語力を詳しく分析できる造りになっている。
自分の弱点を知り、効果的に復習することで具体的なスコアアップを図る。

実際に勉強してみた

toeicalc500_1

セット内容(左から)

・ファイナルテスト200
・CD×8枚(テキスト音声5枚、ワードブック音声1枚、マンスリーテスト音声1枚、ファイナルテスト音声1枚)
・毎月行うマンスリーテストブック
・コースガイド
・ワードブック(重要単語練習ブック)
・テキスト3か月分

基本のレッスンの流れ1 ボキャブラリー

週の始めの3レッスンでは、必ずその単元で使われる単語の紹介から始まる。
軽快な曲と共に単語が紹介され、続いて自分も発音して練習できるように作られている。

まずは軽くウォーミングアップから始めましょう。

企業の → corporate♪
監督者 → supervisor♪

のように、まずは重要単語を耳に慣れさせるようなレッスンから始まるのでとっつきやすい。

ちなみに1日分の音声は大体4~10分程度。1日20~30分目安というのはリーディングを解く時間や復習なども加味した数字。

基本のレッスンの流れ2 シチュエーション

1つのレッスンは、面接、会議、広告、空港などTOEICでよく出題されるシチュエーションから1つのテーマに絞って、それに沿った練習問題やボキャブラリーを覚えていくことになる。

情景を思い浮かべながら読み進めましょう。

練習に使われる問題もTOEICに慣れた人が見れば「あーあるあるこういう問題」とピンとくるものばかりだ。

アナウンスのスピードは全体を通して超入門に比べて速い。
実際のTOEICテストのゆっくりめなアナウンスと同じくらい。

本番のナレーションの人達に近い喋り方で、イギリス訛りなども混ざっているがやはり聴き取り易く喋ってくれている。

あなたのレベルに合った難易度のリスニングなので、

集中して聴くことで、しっかり力が身に付くのがわかる。

基本のレッスンの流れ3 スラッシュリーディング

英文を/(スラッシュ)で区切って日本人にわかり易いかたちにしてから理解する練習が随所に現れる。

toeicalc500_3

↑スラッシュリーディングはこんな感じ。

実際に声に出して発音してみよう。難しく感じただろうか?

これは初心者にとって英語文法の語順を覚えたり、慣れるのにとても有効。

日本人にありがちな間違いである”文を後戻りしてうしろから訳す”
この悪いクセを直すことを第一の目的としている。

これで、英語を読むコツを習得しましょう。

基本のレッスンの流れ4 ディクテーション

アナウンスで聴こえた単語の穴埋めをする”ディクテーション”の練習がある。
ディクテーションとは、聞こえた英語を文字に書き起こす練習法のこと。

とても有効な練習法だが、英語初心者には難しいとされている。

しかし、この講座では文全体ではなく、部分的に空欄を埋める形式で、

簡単な難易度に設定されている。

この練習でも、英語力がしっかり鍛えられているのが実感できる。

解答、解説ももちろん丁寧にされているので安心。

基本のレッスンの流れ5 週末の確認レッスン

各週の最後(6日目)にはその週で学んだ内容をしっかり頭に定着させるような復習と応用を兼ねた練習が用意されている。
もちろん、本番のTOEICと同じ問題形式。

今週学んだ内容を、しっかりと自分の知識として定着させよう。

この問題文を繰り返し声に出したり、繰り返し読んだりするノルマの回数も設定されている。
少し丁寧すぎる気がするが、この指示通りに進めていけばたしかに効率は良い。
toeicalc500_4
毎回、丁寧に文章の解説を細かくしてくれるので、ゆっくり確実に文法が理解できるようになっている。

基本のレッスンの流れ6 マンスリーテスト

テキストの最終レッスンには『マンスリーテスト』と呼ばれるその月で学んだ内容を確認、復習するためのテストを受けることになっている。
WEB経由で提出しないと解答の確認や答え合わせはできないので、しっかり腰を据えて取り組もう。
自分の弱点を把握することが目的なので高スコアを目指す必要はない。

これで1ヶ月目が修了。

お疲れさまでした。

ここまでくれば、学習の習慣化ができているので、

あと2ヶ月続けるのは容易です。

そろそろ、TOEICの申し込み締切日をチェックしておいたほうがいい時期。

この基本レッスンの流れ1~6を1サイクルとして3ヶ月行うと
見事コースは修了となる。

おまけ その他の付録

ファイナルテスト200

3ヶ月のレッスン、3冊のテキストを終えた後に受けることになる最後のテストだ。
本番のTOEICと同じ200問構成で、出題される問題も本番さながら。

TOEIC本番と同じ条件でリアルな練習をしよう。

しかし、難易度は本番のTOEICに比べるとかなり易しめ。
3ヶ月のレッスンで覚えた内容の理解度を再確認するような問題が多い。

まだ理解しきれていない自分の弱点を把握するためのテストだ。
弱点を無くすことが一番スコアアップに繋がると私は思う。
高いスコアを意識せず、今の自分の実力を知るために気楽に臨もう。

ワードブック

レッスン内で登場した単語を暗記するための付録だ。
ちょっとした空き時間などに読んでレッスンで新たに学習したボキャブラリーを頭に定着させよう。

ボキャブラリーの多さはスコアに直結する。


必ずその単語を使った例文も掲載されているのでとても覚え易い。

英語においてボキャブラリーは、文法と同じくらい重要な要素なので、このワードブックだけでも充分価値がある。

『500点コース』の細かい特徴 個人的感想

●超入門編と違って、英文の構造を専門的に解説していると感じた。

●TOEICに限らず、英語初心者がつまづきやすい部分が丁寧に解説されている。

『確かに私も最初はここがわからなかったなぁ』と感じた。

さすが、日本人英語学習者のことをよく理解している。

●各月開始時に講座監修者の先生の動画(約10分)の視聴が推奨されているが、

とてもいいことを言っていると思う。

「いろいろな教材に手を出さず一つの教材をきちんと終わらせること」

「TOEICでは英語力だけでなくその傾向を知ることが同じくらい大事」

「500点を目指すなら500点をとるのに充分な単語だけを覚えればいい」

など。私が聞いても『まったく正しいこと言っているな』と思えるので、この監修者の先生のことを信用して進めていけば大きな成果を上げられるだろう。

トレイラー動画

この人↑が担当監修者さん。

●ところどころコラムという形で記載されているワンポイントアドバイスがなかなか役に立つ。
単語が覚えられないのを年齢のせいにしていませんか?とは痛いところを突かれた。
テキスト1の2週目くらいに、なるほど!と思ってしまう単語の覚え方テクニックが載っていた。
私が実践していた暗記方法と少しだけ似ているが、より突っ込んだ方法だった。

●最後まで講座を受けてみて気付いたが、アナウンスの速さがレッスンが進むにつれて徐々に速くなっていった。
気付かないうちにレベルアップさせるのがうまい。

●『超入門コース』の記事にも書いたが、テキストが進む毎に徐々に学習レベルを上げていく感じがうまい
週の1~3は簡単で週末になるほど本格的な内容になるが、前半で覚えた内容に沿った内容なので決していきなり難しい問題という感覚はない。
学習の進捗具合と英語のレベル(学習内容の難しさ)の上がり具合をグラフにするとこんな感じ。
toeic_alc image

『アルク 500点コース』のデメリット

難易度がやや高い

『超入門コース』に比べるとイラストでの解説が少なく、難しめ。
ガッツリと英語を学習するための本格的な内容になっているので、
本気でTOEIC500点を取りたい人向け。

それでも、継続していると、いつの間にか簡単に解けるようになっている不思議な感覚。

お値段がやはり少々…でも

目標スコアが上がった分、当然その対価も高くなる。
約4万円とちょっと高い。

普通に書店などで自分で教材を選ぶ場合よりも大体2~3倍のお値段。

(その分達成までの期間は短い。TOEIC受験料が一回で済む可能性が高いので、相殺か。)

ちなみに、MP3版ならCD版より3000円近く安いので、MP3を再生できる環境があるならこちらが断然おすすめ。

ネット上のアルク500点コースの評判

●英語の基礎として大事な中学高校での英語がしっかり押さえられた上でTOEICの学習ができる優れた教材だった。

●1日の学習時間が長すぎず、適度に継続学習するモチベーションを保たせてくれるので見事目標スコアを達成できた。

●3~400点台から500点台を目指す人だけのために作られた教材なので、ピンポイントでの学習内容が自分に合っていた。

△学習計画がしっかりと決められているのは自分に合わず、学習を続けられなかった。

500点コースのデメリットにも書いたが…

先程の”デメリット”にも書いたが、
やはり、一つの教材に払う金額としては高額だ、

さらに、”他にも良い教材あるんじゃないか?”とも思うだろう。

確かに、探せば他に良さそうなTOEIC教材はたくさんある。

どんな教材も良い点、悪い点はあり、あっちを立たせれば、こっちが立たない。

誰にでも簡単に勉強が始められる敷居の低い教材なら、多人数に売れるので値段が安くできる。

アルクのようにガッツリと勉強を詰め込んで作り込んだ教材は、本気の人にしか売れないから

お値段が高めになる。

一長一短なのだ。

重要なことはこれと思う教材を一つ決めて、

今から始めること。

少なくともこのアルク講座は、本気の人の気持ちに応えてくれる
500点という目標のための最適解をもって、あなたの味方となってくれる教材であることは間違いない。

『アルク TOEIC500点コース』感想 評価まとめ

以上が『500点コース』の詳細と感想だ。
やはり『アルク』の教材というだけあって安定した学習ができると感じた。

本当に500点到達に必要なことに厳選して解説が行われているので、余計にレベルの高い内容は一切でてこない。
いきなり難しいことに挑戦することは効率が悪く、徐々にレベルアップしてこそのハイスコアなので、この構成は確かに効果的だ。

やはり、アルク講座はおすすめなのである

また、超入門コースとの違いだが、

完全にTOEIC初心者で、

英文法の基礎からわからないと言う人は超入門コースから、

TOEICで400点台がとれている人や、中学英語くらいは覚えていると言う人は500点コースから始めてみると丁度いい。

勉強を成功させる秘訣は『いかに自分の気持ちをコントロールしてモチベーションを維持させるか』だ。
そういう意味でこの教材は、最優秀の部類である。

アルク50年の歴史で培われた学習方法で、しっかりとした英語力の土台を築いて進んでいくか、決めるのはあなた次第。

一応、↓の公式のリンクです。気になる方は詳細を確認しよう。

書籍でスコアが上がらなかった方へ! TOEIC(R)テスト完全攻略500点コース

アルクの講座全てに言えることだが、「コツコツ毎日努力の積み重ねこそが英語を身に付ける秘訣だ」と口をすっぱくして語っている。

私自身がそうしてきただけに非常に共感できる。

あなたの目標達成をお祈りしています。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

500点コースでは監修の講師による講義動画付きのものも選べます。
結構ためになる 73本もの動画がおまけ的に付いてくるものです。

TOEIC対策通信講座で有名なアルクの教材。 その徹底した強化講座姿勢がウリだ。 講座購読時にCD音声版と、MP3音声版を選べる(値段...

★アルクTOEIC講座 “お得な”最新追加情報

2019年4月アルクTOEIC講座 追加情報

2019年4月より、アルクTOEIC攻略講座のお得なセット講座販売が開始しました。

例えば『500点コースと600点コースがセットになって20%お得』
というものです。

『どうせなら一気に200点スコアアップしてしまおう』

という意気込みの方に嬉しいセット講座になっています。

1つの講座が比較的高額なので、20%割引だけでかなりの金額の差が生まれます

人間の脳は不思議なもので、日課として勉強を初めた頃は短い時間でも疲れ易いですが、

一度TOEIC学習の習慣がつくと毎日の勉強が楽ちんになりますので、スムーズなスコアアップがしやすくなるものです。
そういう意味でセット講座はとても画期的な勉強方法ですね。

セット購入方法や詳細は↓の記事で詳しく解説しています。

アルクのTOEIC講座の新しいキャンペーンが期間限定で始まりました。 アルクのTOEIC講座は目標スコア到達に一番効率の良い教材のひと...

アルク担当者の方にインタビューしてきました

アルクの方がどのような情熱を持って教材を作っていて、どのような気持ちで我々にTOEICに臨んでもらいたいと考えているのか、実際に担当者の方にインタビューしてきました。
もしもまだ購読を迷っているという方は、こちらも参考にしてみてください。

どうも、aki(漢)です。 30歳から英語を始めて、 TOEIC300点から900点まで伸ばしました。 アルクのTOEIC通信講座...

●※更新)500点コース以外の全てのアルクのコース紹介記事書き終わりました。
更に上のレベルに挑戦したい方は是非のぞいてみてください。↓

アルクTOEIC超入門編のレビュー→
アルクTOEIC 500点コースのレビュー→
アルクTOEIC 600点コースのレビュー→
アルクTOEIC 700点コースのレビュー→
アルクTOEIC 800点コースのレビュー→
アルクTOEIC 900点コースのレビュー→

まだ購入を迷っているという方は、ぜひ一度こちらを読んでみて下さい。この商品を実際に使ってみて感じた、個人的な感想を直球であれこれまとめてみました。最終的に購入するかどうかは、これを読んでから決めても遅くないと思います。↓

どうも、aki(漢)です。 30歳から英語を始めて TOEIC300点から900点まで伸ばしました。 今回は、私がアルク講座をおす...

アルクのTOEIC講座 キャンペーン情報

現在、アルクのオンラインショップでいずれかのTOEIC講座を申し込むと、 2021年4月27日まで限定で TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問 が貰えるキャンペーン中です。
詳細は、 アルクのオンラインショップ をご確認ください。
英会話用関連コンテンツ広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする