最高スコア取得法が判明! アルクTOEIC900点コース使った感想 評価

alc900_01アルクのTOEIC講座
  • 毎日のレッスンが楽しいのに、900点の実力が身につきます。
  • でも、900点のためには6ヶ月間頑張ってもらいます。

 

そんな特徴があるアルクの900点用教材。

簡単なの?難しいの?どっちなのって感じですね。

そんな講座を実際に使ったので、詳しく分析していきます。

 

 

 

どうも、aki(漢)です。
才能なし、センスゼロの30歳から英語を始めて
たくさん勉強してTOEIC300点から900点まで伸ばしました。

 

リスニングは満点です。

 

どこにでもいる普通の人です。

 

 

というわけで、今回は『アルクTOEIC900点コース』を実際に使ってみたレビューです。

 

  • TOEIC900点を目指しているけど、どんな勉強をすればいいのか良いのかわからない
  • アルクのTOEIC講座は本当に買う価値があるのかどうか悩んでいる
  • 900点を取得できる教材を探している

↑これらでお悩みなら、きっとお役に立つ情報です。

アルク900点コースの秘密 これだから900点が取れる!

このアルク900点コースは

”TOEIC900点を目指す人専用に作られた教材”なのは言うまでもないことですが、以下のような特筆すべき特徴があります。

 

特徴1他のTOEIC教材と違った斬新な勉強法で、900点達成まで飽きずに勉強が続く。

なんなら毎日のレッスンが楽しいまである。

 

特徴2毎日のレッスン→小テスト という基本の流れがあるので、メリハリ良く自分の成長を感じながら勉強を続けられる。

 

 

そんなうまい話があるの?』って疑っちゃいますよね?

それでは、どんな仕組みで900点を可能にしているのか、紹介していきますね。

 

TOEICで過去最高得点を取りたいなら、どうぞ参考にして欲しいです。

アルク900点コース 7つの特徴

まずは、900点コースの大きな特徴を 7つ書いていきます。

これだから、アルクの講座で900点が取れるんです!

 

1. TOEICのレベルを超えるやりごたえで、900点を楽に取れる実力を身につけられる

なにせ『TOEIC本気の人に900点を取らせよう!』という教材なので、他のTOEIC教材とはやり方が違います。

 

コンセプトとしては、『900点をらくに取れるくらいの実力をつけてもらう』という内容です。

つまり、レベルが違います。

 

なので、現在TOEIC700後半~800相当の人向けの講座です。

それ以下の場合は800点コースから始めるのがおすすめ

 

あとで説明しますが、レベルが違うからと言って『難し過ぎる』とか『続けるのが大変』ということがありません

そのへんはうま~く作られています。

 

監修の先生が言ってた

この900点コースを監修した大里先生いわく…

『国際部門で通用するワンランク上の英語を目指す』
ということでした。

大げさに聞こえるかもしれませんが、アルクの教材はこういうことを本気で実現させてくれる。
『超入門編』から 6つ全てのレベルのコースを受講したからこそ、そう思います。

↓この方が監修の先生。

30歳から英語を始めて2年で900点、5年で990点満点を取得したスゴイ経歴を持つ大里秀介氏です。

 

2. TOEIC900を取ったその後まで見越した内容で、実用的な英語を使える

TOEICって900点を取ったら、もうそれ以上を目指さないですよね。

中には満点を目指す方もいるでしょうけど

 

900点を取ったら、その後は実際に英語を活用して活躍していくステージに移行するはずです。

そうなると、すぐに使える実用的な英語が必要になってきますね。

 

『TOEICで高得点を持っていても、英語を話すことはできない』

なんてよく言われますが、そんなことを言われないような、TOEIC900点の更にその先まで見越した内容を勉強することで、このアルク講座では 2つのメリットを同時に得られるんです。

 

  • TOEIC900点を楽に取れる実力がつく
  • TOEIC900点を取った後、すぐに英語を扱えるようになる

↑この2つのメリットが同時に得られるというわけですね。

 

まさに上級者のための考え方。

他のTOEIC900点の人とは、一味違うスキルを持って巣立ってもらいます。

 

3. 難しそう? そんなことありません。毎日のプロジェクトが楽しいです

『900点を楽に取れる内容』で勉強を進めるので、ハードルが高いとか、難しすぎるかと思いきや…

そんなことはありませんでした。

 

900点コースでは、週に一つの『プロジェクト』を完遂させながら学習を進めるのが最大の特徴です。

 

↓実際のプロジェクト

alc900_12

MISSIONあなたは、とあるソフトウェア会社の営業部員!

顧客企業と自社のメンバーの予定を調べながら、プレゼンに最適な日程を探そう!

というミッションが与えられます。

 

これがこの週の『プロジェクト』です。

この週は、5日間かけてこのミッションを完遂させながら、実用的な英語を学んでいくことになります。

 

退屈なTOEICテストの問題とは全く異なる内容!なことが伝わりましたでしょうか?

つまり

この『アルク900点コース』では、

  • 毎週、1つのタスクが与えられて、
  • 様々なアナウンスや文章、表からそれを達成するためのヒントを自分で探しつつ、
  • プロジェクトを完遂させながら学習を進める。

という、ちょっとしたパズルや推理クイズのような感覚でTOEICのスコアを900点に近づけていきます。

 

これがとても楽しいんです。

 

一つ一つの英文やアナウンスは難易度が高いという程でもないので、面倒くささを感じることなくタスク完遂に向かって次々と解き進めることができました。

 

何事も楽しくモチベーションを保てないと続かないものです。
そういう意味でも、実用性という意味でも、これはとても良いTOEIC学習方法です。

 

POINTTOEIC800点クラスの実力があるからこそできる、楽しい勉強法が魅力。

 

他の教材とは異なる勉強法とは言っても、TOEICに使われる単語やシチュエーションに準じた内容なので、TOEICのスコアはしっかり上がります。

 

4日目と5日目に実施する『ウィークリーテスト』は、TOEIC形式の問題ですし。

↓1ヶ月目の計画表

month1

 

4. カンペキな学習計画が立てられているので スグに勉強を始められる

900点コースでは、1日60分のレッスンを週5日、6ヶ月で修了する計画が組まれています。

週2日は予備日。好きに使おう

↓学習の進め方、計画表です。

alc900_07_2

 

TOEIC900点を目指すとなると、計画を立てるのが難しいです。

でも、このアルク講座なら最初から計画が組まれていて、その通りに進めていくだけで900点の実力がつくように作られています。

 

つまり、計画を立てるたいへんな時間が省ける

 

5. この講座だけで900点が取れるので、他の教材を買う必要がない

このコースを購読すれば他の教材は一切必要ないので、「どの教材を買えばいいだろう?」と悩む時間を学習時間にまわせます。

 

一通りコースが修了した後も、他の教材は一切要らないです。

 

6ヶ月間、このアルク教材だけに集中すればいいんです。

 

いろーんな無駄を省いて作られた教材、それがアルクの900点講座です。

 

簡単なんだか、難しいんだか?って感じですね。でも、6ヶ月間これを続けるのは、誰にでもできることではなさそうです。

 

900点を目指すとなると、伸びない時期が当然あります。

そういう時に、勉強をやめてしまうのは本当にもったいないです。

 

このコースでは、ただTOEICスコアを上げるための講義だけでなく、目標を立てて実行するためのアドバイスなどもサポートしてくれています。

alc900_08

学習者目線に立って、勉強以外のことも考えてくれるのはアルク教材ならではの親切さ。

 

6. 外出先でもお手軽に勉強可能

900点コースを購入すると、自動的に会員登録が完了し、アルクのWEBサービス『テストコ』が利用可能になります。

 

この講座のテキストや音声のデータ版が入手可能で、スマホアプリで、外出先でも毎日の学習が可能になります。

スマホさえあれば、テキストを持ち運ぶ必要が無いんですね

 

なので、通勤時間や休憩中に学習が可能。

 

帰宅してからの学習時間を短くできるのは嬉しいです。

いっぱい寝たいですし。。。

 

↓アプリのダウンロード方法が『コースガイド』に載っています

alc700_03

 

7. 学習コーチが付いてくれるので、いつでも相談できる

この講座を購入すると、一人ひとりに学習コーチが付いてくれるので、WEBを使って何でも質問できます。

 

『文法のここが理解できないよ』とか、『どうやって学習時間を確保すればいい?』など、様々な疑問に答えてくれるよ。

 

POINT困ったら、悩んだら、学習コーチに相談できる。

 

おまけ アナウンスは4カ国の英語 訛り

英語のアナウンスはTOEIC本番と同じ、アメリカ カナダ イギリス オーストラリア
の4ヶ国語訛り
が収録されています。

 

聴き取りやすさ(にくさ)も本番と同じくらいなので練習にはぴったり。

 

アルク900点コースを受けるメリット 受けるとこんなことが起きるよ

ここでは、900点コースを受けると起こるメリットを 3つ書いていきます。

メリットなので、先ほど書いた『このコースの特徴』のまとめみたいな内容になります。

だから、短めにサクッと解説するね。

 

メリット1. テキストが楽しいので、900点まで勉強が続く

毎日のレッスンが、『プロジェクト』と呼ばれる穴埋めパズルのような課題を解いていく方式なので、あまり”勉強をしている”という感覚ではないです。

 

英語を使ったロジックゲームをしているような感じで、楽しく続けられます

 

それでいて、しっかりボキャブラリーリスニング力文章から内容を読み解く力が鍛えられるので、900点の実力が身につくまでの6ヶ月間、最後までやり遂げられます。

 

どんなに優秀な教材を使っても、学習を継続できなければ意味がないですね。

 

これは、900点を目指せるレベルまで努力してきたなら、よくご存知ですよね?

 

毎日少しずつでも継続することは、自分自身でも驚くほどの結果を出せる可能性を秘めています
学習時間の確保は、一日の生活サイクルを見直せば、いくらでも捻出できる些末な問題ですね。

 

一日に1時間もあればギリギリ充分ですし。

 

私が900点台を初めて取得したときも、一日1時間弱程度しかTOEICの学習時間を確保できていなかったです、実際。

 

POINT学習を継続させるのがうまい教材は、学習者目線に立った良い教材

 

メリット2. 英語の勉強の習慣が身につく

先ほど『楽しいとモチベーションが保てて、勉強が続く』と書きました。

しかし、もう一つ、勉強を続けるための要素があります。

このレベルまで来れているあなたなら、既にご存知かもしれませんが…

それは、『勉強を習慣化』することです。

 

「毎日、決まった時間に勉強を始めないと落ち着かない」と感じるあれです。

 

毎日、めんどくさいけど歯磨きしないと気持ち悪いとかそういう類のやつです。

 

900点コースを始めたら、1日に1時間はプロジェクトに時間を使うことになるので、例えば…

  • 行き帰りの通勤時間中に20分
  • 夕食後に20分
  • 寝る前に20分

みたいに、勉強を習慣化せざるを得なくなります。

 

仕事で疲れているから、家にいるときはスマホをいじっているほうが楽ちんなんですよ

私だけですかね?

私もかつて習慣化する前は、やる気が出ず日々の英語の練習を怠ってしまう日も多かったです、、、

 

だからこそ、一度勉強を習慣化してしまえば、ほぼ勝ったようなものです

そうすれば、『例えやる気のない日でも、自然と勉強を始めてしまう』といった具合で、なんだかんだ勉強をするようになります。

 

POINTアルクの計画なら、勉強を習慣化しやすい。習慣化すれば半分勝ったようなもの。

 

メリット3. 900点を超える実力が身につき、900点なら楽に取れるようになる

1ヶ月目こそ、おなじみの単語や文法で解き進めていけるプロジェクトですが、2ヶ月目はもうちょっと難しい内容になります。

そして、3ヶ月目はもう少し難しい内容のプロジェクトにいつの間にかなっています。

気づかないうちにレベルアップしている!?

 

そうなんです。毎日楽しく続けているプロジェクトも、1ヶ月…2ヶ月と続ければ徐々にレベルが上がっていきます。

それを6ヶ月続けるとどうなることでしょう?

 

当然、高い英語力(リスニング力、長文読解力)が身につきますね。

 

日々のプロジェクトは、あくまでTOEICテストに準じたものなので、最終的に『高いTOEIC力』が身につくという仕掛けです。

 

『TOEICの問題を解く』ではなく、『英語で問題を解決していく』わけですから、TOEICという狭い世界を更に高い位置から見下ろすような、一歩前に進んだ英語に対する理解が頭の中に広がっていくイメージ。

 

アルク900点コースのデメリット

アルク900点コースのデメリットも書いておきます。

購入の参考にしてください。

誰にとってもいいことばかりじゃないよ

 

お値段が高いです

さて、この講座を購入するデメリットですが、、、

お値段が少々高めなところ…

63,800円(税込)です。

一度に払う金額としては少々高いですね。

 

しかし、アルクTOEIC講座は、『他の教材が要らない。この講座だけで目標スコアに届く』という特徴があります。

 

独学で始めたとしても、結局細かい教材費はかかってしまうので、それと比べると”合計で少し高い”くらいですね。

つまり、独学で一人で頑張りたい人には向かないです。

 

お値段に関して、ここだけの話なんですが、、、
新品は高いから『メルカリで中古品を買う』っていう手もあります。

 

メルカリなら、もちろん安価で手にはいりますね

 

そのかわり、テキストのスマホアプリ版のダウンロードとかテストの採点とか、課題分析とか、アルクからのモロモロのサポートが受けられなくなるので、中古を考えているなら覚悟して買う必要があります。

 

一長一短ですね

 

個人的には、『同じお金を払って買うんだから、少し高くても完全なサポートを受けながら勉強したほうがいい』と思います。

 

お金を払うのはこの教材に対してではなく、あなたの将来のTOEICスコアに対する投資ですから。

 

それに、ときどきアルクが実施しているキャンペーンを利用すれば、かなりお得に手に入ります。

アルクのキャンペーン・おすすめ情報はこちら

 

POINTメルカリでの購入もアリ。ただし、公式からのサポートが受けられない!

どちらを選ぶかは、この記事の情報で判断してくださいな

 

ちなみに、今ならキャンペーン期間で 35%OFF!

 

 

期間が長いです

もう一つのデメリットとしては、やはり6ヶ月という期間が長く感じるということです。

900点という高い目標から考えたら短いくらいですけど、6ヶ月間同じ講座を続けるのは勇気と決意が要りますね。

講座を購入したら後戻りできないですし

講座を進めている途中で『これで本当に伸びてるのかな?』と不安に感じるかもしれません。

 

そのために、毎月のマンスリーテストで自分の成長を感じたりできるので、そういった不安は最小限になるように作られています。

 

教材構成

講座を注文して、2~3日で届く箱を開けると入っているのがこんな教材↓

 

alc900_01

入っていたのは…

●テキストブック6冊(基本のテキスト)

●コースガイド1冊(講座の使い方、説明書)

●ワードブック1冊(単語帳)

●ウィークリーテストブック1冊

●マンスリーテストブック1冊

●マンスリーテスト1冊

●ファイナルテスト1冊

●CD13枚(CD版のみ。Mp3版には付属していません)

 

さすが900点コース!たくさん本が入ってました!

でも、基本のレッスンの中で使うのは、テキストとCDだけです。

これらを使って、6ヶ月間勉強を進めていきます。

900点コースの学習の流れ

それでは、どんな流れで毎日の学習が進んでいくのか説明します。

実際に使っている自分をイメージしてみて

 

全体の流れとしては↓こうなります。

・週5日学習すると1週間分が修了。(土日は予備日)

・それを4週分学習すると1ヶ月修了として一区切り。

・これを6ヶ月継続することで講座修了。

 

1ヶ月使ってテキストを1冊終わらせることになります。

つまり、テキストを6冊終わらせると講座修了。

 

1~4ヶ月目

1~4ヶ月目のプロジェクトは、比較的易しめです。

 

  • 重要な単語を覚える
  • プロジェクトに慣れる
  • 勉強を習慣化する

といった、900点を狙うための基盤作りの意味合いが強いと感じました。

 

それでも、やりごたえは十分でしたけどね。

レベルが本当に高くなって、本格的な内容になるのは5ヶ月目から。

 

↓2ヶ月目の予定表。

month2

1ヶ月目よりも、すこーしだけレベルアップした内容でした。

 

週の1~3日目 プロジェクト

週の最初の3日を使って、1つのプロジェクトを完遂します。

リアルなビジネスシーンでの英語を使ってレッスンを進めることになります。

 

いよいよレッスン開始。

900点目指して大事な一歩。

 

↓テキスト1のプロジェクト予定表(目次)

alc900_09
会議やスケジュール管理など、TOEICでよくあるシチュエーションで、使われる単語もTOEICの頻出単語そのものですが、900点コース最大の特徴である『プロジェクト』という形のミッションをこなしながら、学習を進めることになります。

 

プロジェクトとはいくつかの英語のアナウンスを聞いたり英文を読んで、シチュエーション全体を把握しつつ、ヒントを探しながら一つの課題を完遂する!というチャレンジ型の勉強法です。

 

この『プロジェクト』は『次のアナウンスを聞いて以下の質問に答えましょう』といった丁寧な出題のされ方はなく…

 

テキストには必要最低限の情報しか記載されておらず、自分でアナウンスの内容を聞き取ってヒントを見つけていく。
という感じです。

本当に推理ゲームみたいな感覚です。

実際にTOEICは、このスキルがないと時間内に解き終わらないんです。

 

実際のプロジェクト

例えば1週目、記念すべき1つ目のプロジェクト。

まず↓のようなまっさらな表がいきなり表れます。

alc900_10

このプロジェクトでは、あなたはUpward社の営業部長Leeさんの役になりきって、この予定表を完成させるのが目的です。

 

MISSION『あなたは自社製品のプレゼンの日程を決めるため、5月前半のそれぞれの参加者の予定を表に書き込みつつ、プレゼンに都合の良い日程をこれから決めてください』

というプロジェクトになります。

 

ここから、上司との会話のアナウンスを聞いたり、担当者とのメールのやり取りを読みながら、全員の予定が噛み合う日程を探すことになります。

パズルのピースがひとつひとつ埋まっていくような感覚!面白い!

 

…このように、1週目のプロジェクトを進めていくことになります。

 

細かく紹介するととても長くなるので、このプロジェクトの続きは、この記事の最後のほうの『おまけ』に全体を書いておきます。

 

”実際の英語環境ビジネスの場面にも対応できるような、実用的なレッスンをしていく”とはこういうことだったんですね。

 

「難しそう」とか「めんどくさそう」と感じましたか?

…いやいやこれが楽しいんです。

 

私の紹介だけを聞くと、非常に難しいレッスンに感じますよね?

 

でも、難易度は絶妙に設定されていて、一回でぜんぶの情報を理解するのは難しいけど、何度も聞き直したり読み直したりすることで、ハッキリ全体像が把握できるようになっています。

 

これこそ、まさにトレーニングというものです。絶妙に難しめな英文を繰り返し読んで理解することで、確実に英語力のレベルアップができます。

 

ちなみに、この1つ目のプロジェクトは、アナウンスは1~2分のものが4つ、文章や表は5つで構成されていました。

 

それらの中からヒントを探していくんです。

これを3日間かけて行い、細部が理解出来るまで、わからない単語が無くなるまで繰り返し読む、聞く。

 

プロジェクトによってはアナウンスが5つだったり、文章が6つだったりとまちまちですが、全体で見るとほぼ均等です。3日あれば終わります。

 

↓解答では、しっかり細かく解説がされています。

alc900_20

聴き取れなかったアナウンスの詳細や日本語訳も解答に掲載されています。

わからなかった部分があっても大丈夫!これは練習ですから。

 

週の4~5日目 ウィークリーテスト

週の後半、4~5日目はTOEIC形式の練習テスト1回分を2~3日かけて行います。

 

ウィークリーテストが週に1日しか割り当てられていなかった800点コースまでと大きく違いますね。

また、難易度も900点コースに相応しく、少しだけ難しめ。

 

 

一回約15分、25問の小テストです。難しいかもしれないけど、気楽に解いていこう。

alc900_21

4日目はこのテストを2回に分けて実施します。

1回目は制限時間内に解き終わるようにして、2回目は制限時間を気にせずに納得いくまで解く。

一回のテストを繰り返し考えて解くことで、理解を深める方法ですね。

 

その後、解答、解説を読んで採点をする。

alc900_23
という流れです。

 

5日目には、4日目に解いたテストを完全に理解するために復習をします。

各ウィークリーテストには『ブラッシュアップチャレンジ』という小テストの内容を完全に頭に記憶するための課題が用意されている。↓

alc900_22
このチャレンジに記載されている内容をこなしていくのが5日目。

TOEICの問題を正解する精度を上げていくんだ

 

『ブラッシュアップチャレンジ』には例えば以下のようなものがあります。

●パート1の写真だけを見て、正解の選択肢を思い出して書き出す。
●パート3,4の問題文と選択肢を20秒で読み、解答のヒントになる部分を書き出す。
●パート6の全文を音読する、パソコンでタイピングする。
●パート7の文章中の知らない単語を全て調べる。文章を速読する。

 

ブラッシュアップチャレンジ…良い勉強法ですね!

私 aki個人の経験上、900点を取得するということはTOEICの苦手な分野、弱点問題を無くすこと

そのためには、なるべくたくさんの模試をこなし、間違えた問題を繰り返し繰り返し理解出来るまで読み直す必要があります。

 

この『ブラッシュアップチャレンジ』はその”繰り返し理解できるまで読む”という練習そのもので、非常に理にかなった練習法と言えます。

 

おつかれさまでした。

これで5日目が修了し、その週のレッスンは一応は終わりです。

ですが、余裕があれば6日目にその週で学習していて自信が無かったり、少し不安が残っている部分を復習してみることをおすすめします。

 

とは言っても、たまには休まなければ継続学習に支障をきたす場合があるので、余裕があればで良いです。疲れたらゆっくり休みましょう~

 

以上が、一週間分のレッスンの流れです。これを4週やると、テキストが1冊終わるようになっています。

 

 

『学習の流れ』の解説もここで折り返しです。

あとは、『月末テスト』と『5ヶ月目以降のレッスン』についてです。

 

 

マンスリーテスト

その月の最終週、4週目の週末にはウィークリーテストの代りにマンスリーテストを実施すします。
TOEIC形式の問題100問を約1時間で解く中規模のテストです。
(例外的に5ヶ月目のマンスリーテストだけ200問2時間)

 

自分の成長を確認するためにも、集中して取り組もう。

↓テキストではなく、マンスリーテストブックを使います。

alc900_03

ウィークリーテストと同じく『ブラッシュアップチャレンジ』も当然用意されているので、完全に理解できるまで何度も解き直そう。

”同じテストを何度も解く!”これが900点には本当に大事!

 

このマンスリーテストはWEB経由でテスト結果をアルクに提出する必要があります。

 

提出するとあなただけの弱点分析や勉強方法などのアドバイスがもらえたり、解答、解説が見られたりするので必ず提出しよう。ちなみに郵送でも提出は可能。

 

マンスリーテストが修了したら、晴れて次の月に進むことができる。

つまり、基本的に毎日のレッスンは『3日かけてプロジェクトに取り組む→2日かけて小テストを解く』というワンセットを、いろんなシチュエーション別に学習することになる。

 

1ヶ月継続できれば、後はもう簡単。

学習の習慣化ができ始めているので、2ヶ月目以降は面倒くささを感じなくなっているはず。

 

5ヶ月目

さて、プロジェクトと小テストを16回分終わらせたら、いよいよ5ヶ月目に突入です。

そろそろTOEIC本番の申し込みをしておくと良い時期ですね
900点コースを修了するタイミングを見越してうまく調節して申し込みをしておこう。

 

この900点コースを終えた直後が一番自信に満ちている。

そのタイミングでの受験がベスト!

 

ということで、この5ヶ月目からは内容が本格的にスコアを上げる内容となる。

 

↓5ヶ月目の計画表

month5

とは言っても、やる事は大きく変わらず、プロジェクトの達成である。

強いて言うなら、実力が付いてきたので今までより難しい内容になってくるよ

 

例えば5ヶ月目の2週目のプロジェクト、1月目の1週目から数えて18個目のプロジェクトの内容は。

alc900_24

MISSION『あなたはとある会社の人事部の担当者。中国支社に1人欠員が出たから、補充のため適任な人材を候補者リストから1人選んでください。』

というプロジェクトになります。

 

↓おなじみの空欄になった表。これを埋めると適任者が見えてくる仕組み。

alc900_25

これがまず最初に与えられる候補者リスト。
この中から適任者を選ぶのが今回のミッション。

 

という、少し難解なプロジェクトが始まります。

やはり、ここで全部紹介すると長くなるので、詳細は『おまけ2』にまとめました。

 

軽く説明すると『2つの記事から情報を結び付けて、初めて答えが見えてくる問題』が特徴的でした。

 

TOEIC本番でも、2つの情報の関係を頭の中で結び付けないと解けない問題がパート7で登場するので、こういった問題に対して最適なトレーニングです。

 

ちなみに、この5ヶ月目のマンスリーテストは、200問がっつりあるので気合を入れて取り組もう。

6ヶ月目

いよいよ最後の月、ここまでよくがんばって継続しました。
もうTOEIC900点はすぐそこ、あとちょっと走り抜こう。

と言っても、プロジェクトをこなしてウィークリーテストを実施する!という流れは最終月でも変わらないよ。

 

ですが、難易度がまたちょっと上がっています。

 

↓最終月の計画表です。

month6

↑英語的難易度ももちろん、複数の情報を結びつけて論理的に答えを導き出さないといけない傾向が強くなっている。

 

しかし、これまで学習をこなしてきたなら、もう慣れたもの。
ここまで来ると900点を余裕で超えられる程の実力が身についています。

自信を持ってプロジェクトを進められるよ。ここまで頑張ってきたもんね

 

ちなみに、6ヶ月目1つ目のプロジェクトは、『世界のワインフェアでの出展ブースの割当て』です。

alc900_27

アナウンスや文章を頼りに、8つのワイナリーが競合しないようにうまく割り当てよう。

やりごたえのあるプロジェクトだ!

 

ファイナルテスト

6ヶ月目のマンスリーテストだけ超特別!この『ファイナルテスト』である。

武者震いしてきたっ

アルクのTOEIC対策コース全ての締めくくりとも言える集大成的テスト。
TOEIC本番のテストと同じ形式で200問2時間で取り組む。

 

↓アルクのTOEIC攻略の締めくくりとも言える一冊。

alc900_06

900、Final… 存在感がスゴイ。。。

 

難易度はTOEIC本番に比べてほんの少し高めに感じました。

と言っても、本番と同じクオリティを再現しているとても良いテスト。
簡単に解ける問題が本番よりちょっと少ないだけ。

 

これを解いてこそ、『900点を超える力を身につけた』と言えるね

 

このファイナルテストを提出すれば900点コースは修了となる

 

お疲れ様でした。でも、まだ終わりじゃありません。
勢いを失わないうちに、本番のTOEICで全力をぶつけに行こう!

「満点」が見えている、あなたに。TOEIC(R)テスト完全攻略900点コース

TOEICで900点を取る!これが本当の目標だもんね!

900点コースの個人的感想

900点コースを使って感じた、個人的な感想を書いていきます。

超主観的な感想だよ

 

プロジェクトを解いてみた感想

この900点コース一番の特徴とも言える『プロジェクト』を解いてみてですが、

 

感想最初は難しいかもしれないと感じましたが、いろいろな情報を頭の中で繋ぎ合わせながら進めていくうちに、パズルゲームを進めるような感覚になって楽しくなってきました。

 

予定表の完成に必要なヒントを文章中、アナウンス中から拾い出すことが楽しくなってきて、途中からは流れに乗るかのようにスラスラと進めることができました。

 

最終的に予定表が完成した瞬間、自分でも気づかないうちに自分の英語がレベルアップしているのをハッキリと感じたよ!

『おおっ!』って声出た。

 

感想これを毎日少しずつ練習していけば、確かに『いつの間にかTOEICそのものが簡単に思えるレベル』に到達するだろう。

と思いました。

なるほど、よく出来ていますね。

 

aki なら買っていた?

正直な話、私がこの900点コースを実際に手にとって受けてみたのは、独学でがんばって900点を取った後です。

ですが、もしも当時このアルク講座のことを知っていたら…

キャンペーンで安くなってる時だったら買ってましたね。

何しろ、独学で800→900点まで18ヶ月かかりましたから…

900点コースを使った人の ネットの評判

ネットを探して見つけた。900点コース受講者の声、評判です。

 

6ヶ月という大量ボリュームを覚悟して受講したが、900点という結果が伴ったので満足!

 

プロジェクトで英語力の強化、TOEIC形式の小テストで本番の練習というバランスが良かった。

 

何度受験しても900点を超えられずにいたが、この講座ならなんとかいけそう。

 

900点を想定した講座なので、説明不足な部分があった。上級者向けだと思う。

 

 

『このレベルについていけるかどうか?』

にかかっているみたいですね。

参考になりました?

 

アルク900点コース まとめ

以上がアルクTOEIC対策900点コース、使ってみた感想まとめでした。

教材のボリュームが多い分、感想も大ボリュームになりましたね

 

”悪いところ”にも書きましたが、やはり、お値段が高いと思うかもしれないです。

 

それに他にも良い教材あるんじゃないかとも思ってしまうのも当然ですね。

 

確かに、探せば他に良さそうなTOEIC教材はたくさんあるでしょう。

どんな教材も良い点、悪い点はあり、あっちを立たせれば、こっちが立たない。

一長一短なんです。

 

大事なのはどれでもいいから、これだと一つ決めて、

今から始めること。

ですね。

 

少なくともこのアルクはその気持ちに応えてくれる講座、900点という目標のための最短の道を示してくれる講座であることは間違いないです。

 

POINTプロジェクトを解きながらのハイレベルなTOEIC学習…楽しいですよ!

アルク担当者の方にインタビューしてきました :購入を迷っているなら

アルクの方がどのような情熱を持って教材を作っていて、どのような気持ちでわたしたち学習者にTOEICに臨んでもらいたいと考えているのか、実際に担当者の方にインタビューしてきました。

 

購入する、しない の判断のために参考にしてみてください。

アルクのTOEIC教材がなぜおすすめなのか!担当者に取材してきた!【評判 口コミ
アルクのTOEIC講座、6コース全部うけてみました。そして担当者の方に直接会って、いろんなことを聞いてきました。そんな私だからこそ書ける内容を書いていきます!アルクのTOEIC通信講座。アルクといえばTOEICを始め...

 

私からのアドバイス

900点コースを進めるうえで一つ私からアドバイスがあるとしたら
『わからなくても心配しない』ということです。

プロジェクトが難しく感じて、うまくいかなくても気にしない。
特に一ヶ月目の始めたてのころは難しく感じるかもしれない。
でも、心配要らないです。

 

最終目標はこのプロジェクトを完璧にこなすことではなく、TOEIC900点の(余裕の)取得なので、そのための英語力は確実に身に付きます。

長い目で見て気楽に進めるといいです。

 

何よりも、毎日の勉強に新しい刺激があって飽きないです。

『退屈なはずのTOEICの勉強が継続しやすい!』これに魅力を感じるかどうかですよ

 

長くなりましたが、これらの特徴を参考に購入を考えてみてください。

 

アルク公式HPにサンプルあり

900点を確実に取得させてくれるこのコースに興味が湧いたら公式ページを見てみてください。
本講座テキストのWEBサンプル等も確認できるのでおすすめ。

 

アルクのオンラインショップにアクセスして、

PCからなら左(スマホなら最下部)のメニューから”TOEICテスト対策”→”TOEIC LISTENING AND READING TEST 完全攻略900点コース”→”教材サンプル”

から、実際のテキストのサンプルが確認できます。

 

↓こちらのリンクからなら、直接900点コースの詳細ページに飛べます。

「満点」が見えている、あなたに。TOEIC(R)テスト完全攻略900点コース

 

気になる発送日について

商品を注文する際に、気になるのが

”いつ届くのか?”

でしょう。

 

私の場合は関東在住ですが、かなり迅速に対応しているらしく、注文してから、2~3日後には自宅に届いていました

 

国内送料全国無料
受講スタート/お届け日●平日午前9時59分までにいただいたご注文:
・原則として翌営業日に発送センターより教材一式を発送
・受領後より受講スタート【営業日】月~金(土日祝、年末年始は休業日)
配送方法宅配便

引用:アルクショップ発送情報

★アルクのTOEIC講座 お得!なキャンペーン情報

2022/11/25まで、アルクのTOEIC講座がぜーんぶ35%OFFになるクーポンを発行中です!

超優秀な講座が、普段より2万円近く安くなるので、今のうちに買っておく大チャンス!
↓のリンクから購入するだけでOK!
このチャンスを見逃すなー!

アルクのキャンペーン・おすすめ情報はこちら

 

 

今回は以上です。お疲れさまでした!

Twitterでも情報更新してます。aki(漢)のついったー
Twitterでしか呟いていないマル秘攻略情報もあるので、ぜひ一度覗いてみてくださいね。

 

※フォロワーさん 2700人 突破しました!ありがとうございます!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

aki(漢)

 

付録 ワードブック

900点を取るためには、単語を覚えるのもスゴく重要です。

 

これは、900点コース付録の720語のTOEIC頻出単語を暗記するためのワードブックです。
TOEIC頻出単語の中でも難しい部類の単語が掲載されています。

alc900_05

左側のページにその単語が入るべき文章が虫食いで書かれていて、更にその単語を英英辞書で調べた際の意味が書かれている。

右側のページにはその空欄に入る単語とその日本語訳が書かれている。
つまり、ほぼ左側のページだけで日本語を排除した英英辞書として機能します

alc900_28

英単語を日本語ではなく英語で覚える練習は、私も実践していたおすすめの方法なので、これは非常に良い単語帳。

 

毎日の学習の合間に少しずつ覚えていこう。

 

 

おまけ1 実際のプロジェクト(1ヶ月目)

ここからはおまけです。

記念すべき1つ目のプロジェクトの詳細です。

最初から最後まで、一通りの流れを画像付きで紹介しますね。

 

まず↓のようなまっさらな表がいきなり表れます。

alc900_10

このプロジェクトでは、あなたはUpward社の営業部長Leeさんの役になりきって、この予定表を完成させるのが目的です。

 

ここから、上司との会話のアナウンスを聞いたり、担当者とのメールのやり取りを読みながら、全員の予定が噛み合う日程を探すことになります。

 

…このように、1週目のプロジェクトを進めていくことになります。

 

早速1つ目のアナウンスを聞くと、あなたの上司であるCarolから

MISSION『あなたはMinitime社への自社製品のプレゼンの日程を決めるため、5月前半のそれぞれの参加者の予定を表に書き込みつつ、プレゼンに都合の良い日程をこれから決めてください』

 

というミッションが与えられているという大まかな目的がわかる。

 

次に、2つ目のアナウンスでは、あなたと先方の会社の担当者との電話での会話が流れ、その内容から
「Minitime社のプレゼン参加者三人の名前とそれぞれの予定」がわかる。

 

alc900_13

↑次にこの長めのEメールを読むとMinitime社のAlewifeさんの予定が書かれていることがわかる。

alc900_11
↑Alewifeさんはプレゼンに必ず参加する予定の人物なので、表はこのように書き足すことができる。

左側に参加者の名前が書かれている。

バツ印はその人に他の予定が入っていてプレゼンに参加できない日という意味

 

そしてこの後、2つ目のEメールを読み解くとこうなって↓

alc900_14

3つ目のアナウンスでPotter氏という人物とスケジュールがわかって。↓

alc900_15

次に簡単に読み解けるスケジュール帳であなた(Lee氏)の予定がわかって。↓

alc900_17

alc900_16

最後のEメールを読むと一気に3人分の新たな参加者の名前とスケジュールがわかる。

こうして完成した表がこれ。

alc900_18

つまり、プレゼンに最適な日時は、、、もうおわかりでしょうか?

そして最後の締めに、プレゼンの情報をまとめたものを穴埋めして、全ての情報をまとめたアナウンスを聞いて1つのプロジェクトは修了となる。

alc900_19

 

このように、複数のアナウンスや文章を聞いたり読んだりして情報を集めながら最終的なプレゼン日程を導き出していくというプロジェクトになります。

 

おまけ2 実際のプロジェクト(5ヶ月目)

5ヶ月目の、少しレベルが上がったプロジェクトを、画像付きで紹介しますね。

 

alc900_24

MISSION『あなたはとある会社の人事部の担当者。中国支社に1人欠員が出たから、補充のため適任な人材を候補者リストから1人選んでください。』

というプロジェクトになります。

 

↓おなじみの空欄になった表。これを埋めると適任者が見えてくる仕組み。

alc900_25

これがまず最初に与えられる候補者リスト。
この中から適任者を選ぶのが今回のミッション。

 

という、少し難解なプロジェクトが始まります。

 

次のアナウンスでは、あなたと中国支社の担当者との電話での会話が流れる。
その会話の中で、望まれる人材の条件として

  • 2ヶ月以内に異動できる人がいい
  • 広東語を話せる人がいい
  • マーケティングとプロモーションを任せられる人がいい
  • 過去に中国支社に駐在したことがある人がいい

という4つの条件があることがわかる。

 

ちなみに中国支社の担当者の人はちゃんと中国語訛りの英語です

次のアナウンスでは最初の4人の情報が会話の中で説明される。
これを先程の条件に当てはめていくことで、人員を絞ることができる。

 

次のアナウンスでは
『3人の候補者のスキル表を見ながらアナウンスを聞いて、スキル表と照らし合わせながら人員を絞る』という作業を行う。

alc900_26

そして最後のアナウンスで最後の候補者の情報を聞き取って、最終的な適任者1人を導き出すことが出来る。

という流れ。
4ヶ月目までのプロジェクトに比べると、情報と情報を結び付けないと答えが導き出せないという部分で難易度が高くなっている。

 

 

おまけは以上です~

今度こそ本当に、おつかれさまでした。

 

 

タイトルとURLをコピーしました