今キャンペーン中!アルクのTOEIC講座限定特典の感想 レビュー

alc特典01

アルクのTOEIC通信講座がキャンペーン中である。
気になる特典内容は

●非公式問題集 至高の400問 一冊

●ヒロ前田氏によるTOEICパート別攻略動画

の2つだ。

今申し込めば、講座修了後にこれらがおまけで送付されてくる。

(TOEIC講座全てが対象で、キャンペーン期間は2018年9月6日~2018年10月9日まで)

私は以前の講座購入時に同内容のキャンペーン中だったので運良く手に入れることができた。

これがなかなか内容が良いのだ。
今回はそんな特典の感想と内容を紹介していく。

↓ここに先に公式リンクを貼っておきます。
アルク キャンペーン詳細⇒

まずはざっくりと感想

至高の400問目当てというより、ヒロ前田氏による講義動画目当てで講座を申し込むべき。
かなりの情報的価値がある。

上級者なら誰でも知っているor実践している基本のテクニックに加えて、
意外と知られていない裏ワザ的なテクニックまで紹介してくれる。

youtube で視聴する形式なので、スマホがあれば外出先でも観ることが可能。
(限定公開なのでリンクURLを知っている人しか視聴できない)

以下に講義動画の内容を箇条書きで紹介する。
各パート毎の講義内容を見て、何か知りたい項目があったら購入を検討する材料にして欲しい。

アルクの講座購入を迷っている人は特に目を通してもらいたい、
こういうきっかけがないとなかなか高い講座にお金を払うことができないと思う。

alc特典02

動画は合計約4時間にも及ぶが、内容が濃い。

TOEICパート別攻略動画の詳細と感想

はじめに

ヒロ前田先生のただの挨拶。

パート1

●パート1が始まる前にやるべきこと

●最も効率よく正解を導く方法、
●得意になるための練習法
●写真のどの部分に注視して問題を解くべきか。

700点以上持っている人向けの上級テクニックが多いと感じた。

パート2

●音声が聞き取れなくても正解できるテクニック
を様々なパターンで紹介している。
alc特典05

非常に基本的なテクニックの解説だけに収まったと感じた。

パート3

●問題先読みテクニックのやり方。
●パート3で出やすい問題のパターン。
●グラフィック問題の解き方と気をつけるべき罠。
●テキストを使っての実践。

●リスニング力アップの為の秘密特訓法の紹介。

問題を解く際の注意すべき点が的確に解説されていると感じた。
秘密特訓法はアルクの講座を使用したものだが、非常に有効だと感じた。
(講座の申し込みをすれば無料で利用できる)

パート4

●意図問題(このセリフはどういう意味で言ったでしょう?という意図を問う問題)を解くコツ。
●音声を聞かなくても意図問題を解く練習方法。

alc特典04

聞かなくても意図問題を解く方法に関してはテクニックというよりは普段の練習方法の紹介であることに注意。

パート5

●パート5で時間を節約して解くテクニック。
●時間をかけずに解ける問題の特徴とは?

●ボキャブラリーを増やす効果的な練習法。

●問題を早く解く実践練習。

ボキャブラリーを増やす練習法が2つ紹介されており、その内の一つは私も試したことがない方法で、
理にかなっており、効果がありそうだと感じた。

パート6

●パート6の問題の構成と解くコツ。
●文を選ぶ問題を解くために注目すべき4つの点。

●パート6を解く実践練習。

文を選ぶ問題の解説ばかりに偏っていたと感じた。
その他の問題はパート5の解き方と似ているから解説を省いたということだろうか?

パート7

●時間内に解ききるためのアドバイス、時間配分など3つ。

●英文を速く正確に読むためのアドバイス。

●時間内に解ききるアドバイスは自分も試してみたいと思う内容だった。
みなさんにも是非一度試してもらいたいと感じた。

alc特典03

試験直前の過ごし方とスコアシートの見方

●試験日前日土曜日の過ごし方。やるべき事とやらなくていい事。
●スコアが出た後の改善点の見つけ方。

まとめ

以上がヒロ前田氏による特典パート別攻略動画の紹介だ。

きっちり全てのテクニックを身に付ければ確実にスコアが上がるだろう。
私自身もまだ試していないテクニックが紹介されていた。
でも、新形式TOEICに充分慣れた人や、950スコア以上取れている人にはほぼ不要。

逆にTOEICに慣れていない人ほど、900スコア以下で伸び悩んでいる人ほど知っておいて欲しいテクニックが満載である。
特に500、600スコアを目指す人には必見の内容だ。
全て実践すればスコアがぐっと上がるだろう。

一ヶ月ほどの期間限定の特典なので、今のうちに腹をくくって購入してもいいかもしれない。

ちなみに冒頭に貼ったアルク公式リンクから講義のサンプル動画も視聴できます。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

よろしければ、アルクのTOEIC講座レビュー記事も参考にしていってください。↓

TOEIC対策の通信講座や教材は日本中に溢れている。ちょこっと検索しただけで山ほど見つけることができる。さぁ、一体どれが一番自分に...
トイックで500点を目指す。初心者を抜け出して具体的なスコアを目指す人の最初の関門である。だからこそ、どんな教材を使って勉強すれ...