700~800台の人専用!TOEIC900点の取り方とおすすめ教材

シェアする

toeic 900

TOEIC700点~800点台から抜け出せない。
自分に何が足りないのかわからない。
900点を取得できる優秀な教材を見つけたい。

今回はそんな方達のために読んでほしいお話。

かつて、私もTOEIC800点台前半で伸び悩み、1年以上停滞した。
その間TOEICを毎月受験し、毎回反省点をメモに記録し続けた。

『英文法もほとんど理解していて、リスニングもある程度聞き取れるのに何が足りないんだろう?』と

そうしていろいろと試行錯誤を繰り返してなんとか900点台を取得することができた。

今そのメモを読み返してみると、TOEIC900点取得に必要だった教材や勉強方法のヒント、自分に足りなかったものが生生しく記されていることがわかった。

ということで今回、TOEIC900点取得に役立つおすすめ教材と効果的な勉強方法をまとめてみようと思う。

おまけとしてTOEICの勉強以外の部分でスコアを上げる効果的なテクニックなども紹介していくので
是非、最後までお付き合いいただきたい。

私の生の経験は、同じくTOEIC900点を目指すあなたの力になれると信じている。

TOEIC900点が取れる仕組みと目安

さて、まずはTOEIC900点を取得するためのスコアの目安を分析してみよう。

リスニングとリーディング、きれいに9割ずつ取れるとしたら
L450 R450
が理想的だ。

しかし、そう都合よくいくことは珍しい。
人それぞれ得意分野が違うので、必ずどちらかに偏る。

私の場合、普段から海外ドラマでシャドーイングの練習をしていたのでリスニングが先に伸びた。

TOEICのとある回でリスニングが満点になり、その次の回でもリスニングが満点で、リーディングが8割を超えたことで初めて900点を達成することができた。

これは、
リスニング満点を一度取得したことで、自分の弱点をリーディングに絞ることができ、
次回のTOEIC本番までに、英語の記事を読むスピードの強化やボキャブラリーを増やすことに集中して勉強した結果、うまく成果に繋がった1つの成功パターンと言える。

これはあくまで一つの例だが、基本的な王道パターンとして、このように自分の弱点をスコアから把握し、そこを重点的に補うように勉強することで900点まで一気に詰める。
このようにして900点の壁を超えるのが理想的だ。

ちなみに、リスニングセクション495点満点はは必ずしも全問正解する必要はない。
上で紹介した2回の満点を見ても、少なくとも100問中 2~3問は落としていたことが後日郵送されてきた結果表で見て取れた。

2~3問間違えても満点になるのならリスニングのスコア判定は意外と緩いということがわかる。

tc_listening

一方、リーディングは2問間違えただけで満点が取れなくなるので、判定基準が厳しい。

※TOEICはその回によってスコアの判定が違うので毎回必ず同じ判定基準になるとは限りません。

TOEICで500~800点を目指す場合、リスニング、リーディング、両方を総合的に勉強することで目標スコアにどんどん近づいていく。
伸びしろがまだまだたくさんあるからだ。

しかし、900点を目指すとなると、このようにほぼ完璧な解答、正解率が要求されるようになる。
『取れる問題から取りに行く』という意識から、『間違えてしまう問題を1つ1つ潰していく』という意識に変える必要があるのだ。

各セクションの満点が495点ということは、一度満点に到達するとそれ以上のスコアの伸びしろが無くなるということ、
リスニングで満点を取れるようになったらそれ以上リスニングの勉強をしてもTOEICのトータルスコアが伸びることはない。

つまり、900点を目標とするならば、得意分野を伸ばすことよりも、弱点を無くすことに集中せざるを得なくなることをまず覚えておこう。

自分の今のスコアを見て、弱点を一つ一つ発見していくことがまず重要だ。
これはリスニング、リーディングどちらにも言えること。

自分が間違えやすい問題の傾向をまず把握、自覚しよう。

実体験に基づく900点のための勉強法

900点を取る仕組みがわかったところで、次はそのためには具体的にどんなことが必要かを解説していく。

TOEICでスコアを上げるのに必要な能力は2つ
TOEICで目標スコア達成するには大きく分けて2つの能力向上が必要になる。

先程説明した”自分の弱点”はこの2つのどちらか、あるいは両方で補えるはず。

●英語力の向上
●TOIEC試験への”慣れ”

この2つの要素を数値化してその合計値が一定値以上まで達した時、初めて900点という壁を超えることができる。

英語力がネイティブ並に高ければ”慣れ”はほとんど必要ないが、
TOEIC900点を目指す我々日本人にとっては足りない英語力の部分を”慣れ”でカバーするほうが簡単だ。

英語力を上げる機会はTOEIC900を取得した後にいくらでもある。

そのための勉強法は大きくわけて3つ
さて、英語力と試験慣れの2つの能力を向上させるには具体的にどのような勉強をすればよいだろう。
私が特に800点台で伸び悩んでいた時、実際に行っていた勉強方法を参考にすると大まかに以下の3つに分けることができた。

●TOEIC形式の問題を時間を計って何度も解く。解説を読んでまた解く。これにより、TOEIC慣れをする。
●TOEICより少し難しめの教材でシャドーイング、ディクテーションを継続して行う。
●英語の記事をなるべく速くたくさん読んで、英語を英語のまま理解する力を更に伸ばす。

この3つに絞ることで効率的に900点取得のための勉強ができる。

TOEIC900取得のためのおすすめ教材

前置きが長くなったがここからが本題。
上で説明した3つの勉強法を効果的に実施することができるおすすめ教材を紹介していく。

アルク TOEIC 完全攻略900点コース

alc900_01

日本人の英語学習をサポートして50周年、アルクのTOEIC通信教材の900点コースである。
英語学習者のことを熟知している教材メーカーで、その長い歴史の中で培われた知識が詰め込まれた教材。
TOEIC700~800点台の人向け。

特徴

●『TOEICよりレベルの高い内容で勉強することで、900点を余裕で超える実力を身につける』というコンセプトで作られている。

●6ヶ月の設定期間の中に学習計画がしっかりと組まれているので、それに沿って勉強を進めるだけで高い英語力が身に付く。

●一週間の学習が『プロジェクト』と呼ばれる単位で構成されていて、Eメール、英語のアナウンス、予定表などから得られるヒントを頼りに、1つの大きな課題を完遂させるというクイズのようなパズルのような勉強法が一番の特徴。勉強していてとても楽しい。

●この教材だけでTOEIC900点に必要な文法、単語、リスニング練習全て学習することができる。

●2016年のTOEIC改訂に合わせて内容を更新したので、新形式TOEICに完全対応している。

●スマホアプリ版もダウンロードできるので、テキストを持ち運ばなくても外出先で勉強可能。

●購入すると学習コーチが付いてくれるので、わからないことはなんでも相談できる。

使ってみての感触

さすがアルクの教材という感じで、楽しみながら毎日のレッスンをこなしていくうちに英語力が上がっていくよううまく設計されている。

このアルク900点コースは、同アルク800点コースまでと大きく違って、毎日のレッスンが
“プロジェクトを使っての特訓”と”TOEIC形式の小テスト”、大きく分けてこの2つのパートで構成されている。

プロジェクトには様々なパターンがあり、例えば1つに以下のようななプロジェクトがある。

『プレゼンの日程を決めたいから、参加者全員から都合の良い日を聞いて最適な日程を組んでください』という任務が課される。
あなたはそのタスクを課された課長になりきり、参加者と電話やメールでやり取りをして日程表を埋めながら最終的にプレゼンの日程を決めることになる。

alc900_12

なんというか、900点を目指すレベルまで来ると英語を自在に扱えるようになっているはずなので、TOEIC学習が退屈な勉強ではなく、このような楽しいロジックパズルゲームのようになってしまうというなんとも不思議で嬉しい効果が得られる。
そんなアプローチの仕方を教材に仕込んでしまうアルクのテクニックが光る。

その内容もTOEIC本番で出題される問題に沿ったものなので、楽しみながらTOEICを超える英語力が身に付くという仕組みだ。
毎週末にはTOEIC形式の小テストを実施するよう計画が組まれているので、TOEIC本番に対する”慣れ”の部分もしっかり鍛えることができる。

900点コースなだけあって少々お値段が高めだが、この教材だけで全て事足りるうえに効果も高いとなると、教材選びに迷っている時間もコストと考えてこの教材を購入してしまうのも1つの選択肢だ。

アルク公式 TOEIC900点コース

気になる方はもっと詳細にレビューしてみたので、そちらの記事も参考にしてみてほしい。↓

企業が求めるTOEICスコアが655~865と言われる中で900という数字がどういう意味を持つか。TOEIC900!と聞くと一筋縄で...

朝日新聞出版 TOEIC 特急シリーズ

tokkyu3_01

リーディングのスコアで伸び悩んでいる人に最適な教材。
800点台の人は特に『スピード強化編』『上級編』がおすすめ。

800点台ということはリーディングセクションを途中までしか解くことができないままTOEIC試験が終了してしまっていることだろう。

そういう人のために、この教材ではTOEICリーディングセクションの特にパート7を解くスピードを強化することができる。
基本的に、TOEIC試験のパート7で出題されるような問題が掲載されている。

特徴

●時間を計りながら読むことで1分間でどの程度の長さの英文を読むことができるかを測る表が付属している。

●1つ1つの問題が5~6分で読み終わるような長さなので、通勤時間などのちょっとした空き時間の活用に最適。

●文庫本サイズで持ち運びに便利。価格も非常にお手頃。

●『スピード強化編』『上級編』『ダブルパッセージ編』など自分の克服したい弱点に合わせて購入することが出来る。

●各記事の英語ナレーションも公式HPから無料ダウンロードできるので、リスニングの勉強もできるようになっている。

使った感想

私がリーディングを苦手としていた時に購入した教材。
使っていて特に英語の記事を読むスピードが向上した。

特にパート6、パート7で効果を発揮し、英語の文章が英語のままスラスラと頭の中で理解できるようになり、
結果として読むスピードが上がっていったのだ。
当然、正解率も上がった。

時間を計って、1分間あたりの読むスピードを記録しながら繰り返し文章を読むトレーニングが推奨されていて、
これにより、時間制限がある中での文章の要点の掴み方を鍛えることができるおすすめの教材だ。

対象レベル:TOEIC 初心者以上 ★☆☆☆☆TOEICのリーディングセクション、あなたは最後まで解ききれているだろうか?ほと...

Hulu

Hulu_friends

リスニングを鍛えるために私が実際に教材として利用していた動画配信サービス。
様々な映画、海外ドラマ、アニメなどなどがスマホやパソコンで視聴できる今流行りのサービスだ。

この手のサービスにしては珍しい英語字幕表示機能が搭載されているので、
お気に入りの海外ドラマで思う存分シャドーイング練習ができた。

『TOEIC教材じゃないじゃん!』というツッコミが聞こえてきそうだが、
TOEICのリスニングで満点に近い高スコアを取得するためには、TOEICレベルの英語で練習していてはダメ。
TOEICのレベルより少し難しいレベルの英語でシャドーイングやディクテーション練習をすることで、初めて900点を超える実力が身に付くものだ。

それに、海外ドラマのほうがTOEICのアナウンスなんかより内容が圧倒的に面白いので、毎日の継続学習のモチベーションも高く保てる。
これほど好条件がそろった教材は珍しいのだ。

Hulu_subtitle

↑フレンズが英語字幕で観られるのは英語学習者として嬉しい限り。

特徴

●月額980円で全ての映画、海外ドラマ、日本のアニメなどなどが見放題。

●特に海外ドラマの作品数が豊富でリスニング教材として秀逸。

●最初の2週間は無料お試しキャンペーン中なので、気に入らなければ解約すればタダ。

●ほとんどの英語動画が、日本語字幕、英語字幕、日本語吹き替えに対応している。

●英語学習に最適な海外ドラマ『フレンズ』が英語字幕付きで視聴できる。

●パソコン、スマホ、タブレット、テレビ、ゲーム機などその場その場に合わせて様々な機器で利用できる。

●安心の日本テレビ系列サービス

使った感想

私をリスニング満点に導いてくれた教材。それに尽きる。
当然、勉強のやり方には工夫が必要。

シャドーイングとディクテーションは必須で、ただ動画を観るだけより遥かに勉強効率が良くなる。
スマホでもパソコンでも視聴できるので、場所を選ばないという意味でもありがたかった。
おすすめ。

Huluならいつでもどこでも海外ドラマや映画が見放題!⇒今すぐ無料でお試し

映画や海外ドラマでの効果的なリスニング勉強法は↓の記事にまとめてあります。
よろしければ読んでいってください。

あなたはリスニングを正しい勉強法で行えているだろうか?当サイトで何度も説明していると思うが、映画や海外ドラマを観ての英語の勉強は、楽...

TOEIC公式問題集


900点を目指そうという人でこの教材を一冊も所持していないという人は流石にいないと思うが、
あえて紹介させてもらう、全てのTOEIC学習者のバイブル『TOEIC 公式問題集』。

特徴

●TOEIC本番と同クオリティのテストが一冊につき2回分収録されている。
●2019年2月現在、新形式版だけで5冊の問題集が出版されている。

教材の詳細

なぜ、このタイミングで公式問題集の紹介をするのか?と不自然に思った方もいるかもしれないが、
キチンと理由がある。

この教材が私が900点に届く決め手になったからである。

この教材を使って行った勉強方法は以下の通り、

●毎週末、2h時間を計って必ず2つ以上の模擬テストを行う(過去に解いたことがあるテストでもかまわない)。
その際間違えた問題を徹底的に理解する。
●この教材に掲載されている英単語を1つ残らず覚えて理解する。

この2つだけだ。

※注意点として
リスニングで聞き直しなどしてはダメ。
2時間できっちり終わり、その時点での採点をする。
時間内に解ききれなかった問題も解くが合計スコアには含めちゃダメ。

『同じテストを何回も解いていたら、解答を覚えてしまって意味がないんじゃないか?』
とお思いの方もいるだろう。
私は新形式版、旧形式版合わせて7冊の公式問題集を所持している。
テストにすると14回分だ。

同じテストを連続で解くわけではなく、この14回分をローテーションして一周したらまた一から解き直すのだ。
過去に解いた解答用紙は採点して必ず保管しておくこと。

実際にやってみればわかるだろうが、一度解いたテストのハズなのに満点が取れないだろう。
必ず数問間違えてしまう。
だが、それが良いのだ。
冒頭で説明したとおり、900点取得のためには弱点の把握が不可欠だからだ。

このようにして、テスト内容を少しだけ忘れた頃にもう一度解き直すことを繰り返し実施すると他にもとても良い効果が得られる。

●TOEICの出題形式のパターンが徐々に理解できてくる。
●TOEICで正解になりやすい選択肢がなんとなくわかってくる。
●TOEICの頻出単語が覚えられる。
●200問きっちり解ききるための時間配分を体で覚えることができる。
●自分が間違えやすい弱点問題や、理解の足りない部分が『不正解』という形で浮き彫りになる。
●同じ記事を繰り返し読むことになるので、英語の文章を理解しながら読むスピードが向上する。

そう、この記事の冒頭の『900点を取得するための勉強法』で解説した要素が全て含まれるのだ。
800点台で伸び悩んでいる人は是非、この勉強法を実施してみてほしい。

毎週2時間もまとまった時間を確保するのは大変だろうが、そこを乗り越えた人だけがTOEIC900点という目標を達成できる。

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 4

おまけ
TOEIC公式問題集を利用したおすすめ単語暗記法をこちら↓の記事で詳しく紹介しています。

TOEICを目指すうえで必ず立ちはだかる壁 "単語、イディオムの暗記"。いくら文法を勉強しても、単語を知らなければ問題は解けない。...

TOEIC900点教材 まとめ

以上がTOEIC900点取得のためのおすすめ教材と勉強法だ。
自分の学習スタイルや生活スタイルに合わせて適したものを選んで実践してみてほしい。

『自分で学習計画を立てるより、キッチリ決められた計画に沿っていくだけで、長期的な計画でスコアを一気に上げて安定して900点を超える実力を身に着けたい』ならアルクの教材。

『自分なりの学習計画を立てながらあとちょっと足りないスコアを上げきりたい』という人は公式問題集のやりこみやHuluでのリスニング強化、特急シリーズでのリーディング強化をしていく。

という方法がおすすめだ。
自分のスタイルに合った教材を選ぼう。

今回の紹介を読んでもなお、
『これらの教材で本当に900点とれるの?』
と不安に思ってしまうかもしれない。

そんな人はアルクの通信教材か、TOEIC公式問題集が信頼度が高いのでおすすめ。
この2つは私が使った中でも特に効果が高いと感じた教材だ。

おまけ TOEIC900点のための勉強以外の小ネタ

さて、ここからはおまけ。

私が実践した900点取得に効果があった勉強や教材以外の要素を2つ紹介する。
わざわざ紹介するには理由があって、
この2つを意識してからTOEIC受験そのものがとても楽になったからだ。

非常におすすめの小ネタなので、騙されたと思って実践してみてほしい。

その1 試験当日の朝食

この記事を読んでいるあなたならもうご存知と思うが、
TOEICテストは集中力との勝負だ。

2時間通して、どこまで集中力を維持できるかどうかでスコアは劇的に変化する。
せっかくたくさん勉強してきても、それを100%発揮できなければ意味がない。

試験開始の午後1時から終了の午後3時までの間、集中力を途切れさせなければよいのだ。

そのために必要なのは『試験日に適した朝食』だ。
これがしっかり摂れているかどうかで、午後の集中力維持に大きな影響を及ぼすことが、私の実体験からわかった。

toeic_woman

朝食を摂らずに受験した回は、リスニングセクションだけで頭のエネルギーがすっからかんになってしまった。
もちろん、スコアもボロボロ。受験料5700円の無駄に終わった。

そこで、15回以上に及ぶ私のTOEIC受験の経験から、TOEICスコア最大化に最適な朝食(と昼食)を導き出したので、
集中力の維持にお困りの方は一度試してほしい。
↓TOEICに適した朝食記事リンク

TOEICといえば2時間もの間集中力をもたせなければいけないかなり厳しい試験。リーディングの後半ともなると、実力の半分も発揮でき...

その2 緊張に対する考え方

私は本番に弱い。緊張しやすい。
ミジンコ並の肝っ玉の小ささは誰にも負ける気がしない!

緊張していると、TOEIC試験も思うように集中できない。
緊張のせいでいつもは出来ていることが出来なくなってしまう。

そういう自分の性格を知っていたので、TOEIC試験直前にはいつも
なるべく平常心を保とうとストレッチをしたり、深呼吸をしたりして緊張をほぐそうとしていた。

しかしその結果、スコアは大して変わらなかった。

私ほどではないにしろ、この記事を読んでくださっている人の中で、緊張で毎回TOEICで全力が出せないという人に試してほしいことがある。

緊張に対する考え方を
『緊張してはダメだ、今までの勉強が無駄になるのは嫌だからなるべく落ち着こう』

という考え方から

『自分は今緊張している。試験当日なんだから当然だ。緊張している自分を受け入れた上でTOEICに立ち向かおう』

という考え方に変えて受験してみてほしい。

理屈はよくわからないのだが、この考え方に変えてみてからというもの、受験中の集中力が以前より維持できるようになったのだ。

緊張している自分から目を背けるのではなく、緊張をコントロールしてやろう
という気持ちがむしろ良い方向に流れを変えてくれたのだろう。

なにはともあれお試しあれ!

あなたの900点取得を祈っています!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事は『新形式TOEIC』カテゴリーの記事でした。

よろしければ他の目標スコアのための取り方、教材記事も参考にしていってください。

800点のためのTOEIC教材 とその取り方