映画や海外ドラマで英語の勉強 良作を選ぶ際の条件は!?

shawshank-redemption-min

スポンサーリンク
英会話用336広告

映画が英語の勉強になる理由

”映画や海外ドラマを観ると英語の勉強になる”

”この映画はおすすめだから英語の勉強のために観たほうがいいよ”

英語を本気で勉強する人なら一度は聞くことになるセリフだろう。
確かに英語の勉強には、毎日英会話に触れることがとても効果的だ。
英語が母国語の海外に住んでいれば最高の環境で効率良く英語を習得できるだろう。

逆に、日本に居たままでは英会話に触れる機会は限られてしまう。
そこで映画や海外ドラマというのは英語を勉強する人にとって毎日気楽に英会話に触れられるうってつけのツールと言える。

しかしちょっと考えて欲しい。
今から観ようとしているその映画は本当にあなたにとって効果的でベストな作品だろうか?

英語の勉強で一番大事なこと「楽しみながら英語が上達するのなら、こんなに楽な方法はないなぁ。」早速だが、あなたはそんな風に思ったこ...

英語の勉強になる映画とはどういう特徴があるべきか

英語を勉強しているといっても人それぞれレベルが違う。当たり前の話だ。

始めたばかりの初級者の人、主要な文法は一通り終えた中級者の人、細かい表現力を身に付けられる上級者の人。
映画で英語の勉強をするために絶対必要な最低条件は”自分の英語レベルに合った作品を選ぶこと”だ。

初級者が難しいレベルに挑んでも”大は小を兼ねる”とはならず、英語力が伸びないどころか、それによってやる気まで削がれてしまうだろう。ちょっとずつでもわかるようになる楽しさが次のステップに繋がる。基礎からしっかり固めていくことが英語学習では最も近道なのだ。

friends

もう一つ条件がある。それは観ていて楽しいこと。
例えばTOEICの文章読解問題などは読んでいて退屈だろう。
誰とも知らない架空の人物のクレームや商品レビュー、図書館に対する寄付の話なんて誰も興味がない。しかし英語学習用の小説を読んだことがある人ならわかると思うが、魅力的なストーリーは例え英語で読んでも飽きない。
集中して英語を聴く、読むというのはダイレクトに英語が脳内に届くので、そうでない場合と比べて理解力が大きく違ってくるのだ。つまり、観ていて楽しい作品を選ぶことはあなたにとって非常に大事な要素といえる。

更に伸ばすために”シャドーイング練習”を

しかし、ただ作品を観ているだけでは効果は薄い。
耳だけでの勉強では成長に限度がある。
実際に英語を口に出して初めて100%英語の練習として成り立つ。
そこで活躍するのが”シャドーイング練習法”だ。

シャドーイングとは、耳で聞こえた英語をそっくりそのまま自分で喋る練習法である。
このシャドーイング練習をするかしないかで成長の早さに雲泥の差が出る。

英語を習得する際、リスニングと発音は相関関係にあり、非常に重要な要素であるのは今更説明するまでもない常識だろう。私は英語を習得する過程...

英語学習で海外ドラマや映画を観る理由

私たちは子供の頃、毎日両親や大人たちの会話を聴き、徐々に日本語を身に付けて言った。
英語を習得したければ、これと同じ事を英語でやり直す必要がある。
一つの言語をまた一から覚えるのだから当然必要なステップだ。
しかし、日本に居ながら英会話に、継続的に触れる機会なんてほとんどない。
それを娯楽として楽しみながら自分の好きな時間に行えるのだから、海外ドラマほど都合の良いツールは他に無い。

海外ドラマを観るメリットがもう一つある。

不思議なことに英語でのジョークはとても新鮮で面白く感じるのだ。
あなたは子供の頃、”何を聞いても面白い”と感じる時期は無かっただろうか?
親戚や少し年上の近所のお兄ちゃんの言うふざけたセリフに笑い転げたりしなかっただろうか?
まだ日本語に慣れていない幼少期は、自分の知らない言葉の言い回しを聞くととても刺激的で愉快なものに感じられた。
信じられないかもしれないが、それと同じことが英語学習中にも再び起こるのだ。

特に好きな海外ドラマが無いならまずは”フレンズ”をおすすめする。
英語の勉強に安定した効果が得られるし、何より面白い。

海外ドラマ「フレンズ」英語を学ぶ人なら一度はその名前を耳にしたことがあるであろう。1994年から2004年までアメリカで放送され...
この記事をお届けした
英会話あんしんどっとこむの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
英会話用336広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
英会話用336広告