社会人の為のTOEIC リスニング勉強法が優秀すぎてヤバい! 超対策!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LESSON listening

どうも、aki(漢)です。

30歳から英語を始めて
TOEIC300点から900点まで伸ばしました。
リスニングは満点です。

リスニング勉強には、伸ばすための根本的な

本質的な勉強法のルールがあります。

それは2つの単純なステップで構成されています。

勉強法を難しく考え込まず、シンプルに捉えれば

伸びるのは早いです。

今回は、その方法について詳しく解説します。

私が実際に実施していた方法に、更に改良を加えた完全版なので、
この方法で勉強を進めていけば、
苦手意識を持つことなく安定してスコアを伸ばしていくことができます。

TOEICリスニングはリーディングよりは簡単と言われますが、
それでも、聴き取りが難しいですよね。
問題の先読みまでしなければいけないなんて、頭がパンクしてしまいそうです。

ですが、正しい方法で勉強していけば、それらのハードルも乗り越えられるようになります。

気楽に読み進めていってください。

スポンサーリンク
英会話用レスポンオート

リスニング勉強法の真実! この基本ルールで能力アップ

さて、冒頭で触れた本質的な勉強法についてです。

リスニング勉強の本質は、2つのシンプルなステップを踏むことの繰り返しです。

聴き取れない英語アナウンスに対して…

1. アナウンスを数回、集中して聴く
2. これ以上聴いてもわからない、となったらスクリプト(文字)を読みながらもう数回聴く。その際、知らない単語が含まれていたら、即意味を調べる。

これを短い文、または節ごとに繰り返し練習して
聴こえる音と、その意味を頭の中で一致させていく。

これがリスニング勉強の本質です。

これを地道に繰り返し、音と意味が即座に一致する 単語、表現、文章
を増やすことで、リスニングのスコアも自然と上がっていきます。

この本質的なリスニング勉強法を、スムーズに実行できるツールを選ぶことが
TOEIC受験者がまず第一にやるべきことですね。

以下で更に詳しく解説していきますね。

具体的なリスニング勉強法

では、具体的にどのように勉強すればよいかを解説します。

練習に用いる英語アナウンスは、TOEIC学習用のものが一番効率的です。

例えば、公式TOEIC L&R 問題集のリスニング音声などですね。

初心者の方は特に、

リスニングセクションの中でも一番簡単な、パート1のアナウンスから始めるといいです。

ステップ1 アナウンスを数回、集中して聴く

まずは、アナウンスを聴きます。

繰り返し聴けるように、スマホなどに音声ファイルを移動させておくといいです。

パート1の場合は、選択肢のアナウンス4つのうち、まずAの選択肢を聴きます。

聴き取れるまで、意味を理解できるまで繰り返し集中して聴きます。

耳に全神経を集中させて、聴き取ろうと意識するのがコツです。

5回聴いてもわからなかったら、次の第2ステップに進みます。

ステップ2 スクリプトを読みながら もう数回聴く

公式問題集の別冊解答を見て、アナウンスを文字にしたもの

つまり”スクリプト”を読みます。

先程、何度聴いても聴き取れなかった英語が文字になっているので、答え合わせができますね。

これを見て実際に何と言っていたのかを確認します。

この際に、知らない単語が含まれていたら意味を調べます。

アナウンスの日本語訳も読んでおきましょう。

後で、音と意味を一致させる効率が上がります。

次に、スクリプトを目で追いながら、再度アナウンスを繰り返し聴きます。

単語一つ一つが、どのように発音されているのかが深くわかるはずです。

ここでも、多くても5回繰り返し聴けば十分です。

最後に、改めてスクリプトを見ずにアナウンスを聴いて仕上げです。

今度は音と意味が一致しているので、聴き取れるはずです。

この最後の仕上げの部分で初めて、音と意味を頭の中で一致させることができ、

リスニングの練習として効果を発揮します。

これと同じことを残りの選択肢3つでも行います。

これが、リスニング勉強法の基本です。

”音と意味を頭の中で一致させる”

どんなレベルに行っても、リスニング練習で意識するべきことはこれだけです。

つまり、TOEIC受験者であるあなたがするべきことは、

これを、”如何に毎日続けられるようにモチベーションを保つか”

です。

良い教材選びもその一つです

TOEICのリスニングスコアが上がる仕組み 必要なスキル

さて、この基本的なリスニング勉強法を実施するうえで、

より効率的にリスニングを伸ばすための、その他の能力を紹介します。

リスニング勉強とは別に、これらを並行して勉強していけば、

リスニングだけでなく、TOEICスコア全体に好影響があります。

実際に、以下の3つの能力が上がっていくことで、TOEICリスニングの正解率も上がっていきます。

単語とその発音を知っている

そもそも単語を知らなければ、英語アナウンスは絶対に聴き取れません。
しかし、それだけでは不十分で、
その単語の発音も知っていて始めてリスニング試験のスタート地点に立つことができます。

リスニング勉強中に、新単語の意味を即座に調べることはとても重要です。

ボキャブラリーの向上は、リスニング勉強の第一歩です。

基礎的な英文法を知っている

基本的な英文法、特に過去形などの時制、

主語→動詞→目的語

のような英語の語順。

当然、これらを理解していないと、英語は聴き取れません。

基本的な英文法を勉強することは
リスニングスコアを上げる土台のスキルを鍛えることになります。

TOEIC形式の問題に慣れる

TOEICの問題のパターンはほぼ毎回同じです。
何度もTOEIC形式の問題を解くことで、TOEICそのものに慣れていき、
最小限の力で、正答を探し出すことができるようになります。

part1 なら、写真のどの部分が正解になりやすいか、なんとなく毎回パターンが決まっています。
これに慣れていれば、アナウンスを聴き取ることに集中できるようになります。

part2 なら、問題アナウンスの冒頭だけは絶対に聴き逃さないように慣れておけば、
正解率は格段に上がります。

part3 4 で言えば、問題の先読みがスムーズにできることがキモです。
先読みに慣れることで、
アナウンス中、問題文を読まずに聴き取りに集中できる環境を、事前に作り出すことができます。

このリスニングセクションのスコアが上がる仕組みについては、
前回書いた↓の記事で詳しく解説しています。
気になる方は後ほど、こちらも読んでみてください。

どうも、aki(漢)です。 30歳から英語を始めて、 TOEIC300点から900点まで伸ばしました。 リスニングは満点です。 今回は...

TOEICリスニング 勉強法とおすすめの教材

では、基本のリスニング勉強法を実行し

かつ、その他の3つのスキルを鍛えるために

具体的にどのような教材を使って勉強をすればよいのかを紹介します。

やるべきことをシンプルにまとめると

・TOEIC用のボキャブラリーを増やす。

・TOEIC用の文法を勉強する。

・TOEIC形式のリスニング問題をたくさん解く。

・シャドーイングや、ディクテーション練習を行うことで、総合的なリスニング力を鍛える。

やるべきことは、この4つですね。

ちなみに、

シャドーイングとは英語を聴いて、自分でも発音する練習。

ディクテーションとは英語を聴いて、自分で書き出す練習。

です。

2つともリスニングだけでなく、総合的な英語力を鍛えるのに非常に効果の高い勉強法です。

ご存知でしたか?

これらの勉強法を効果的に実施できる教材が、優れたTOEIC教材ということになります。

スタディサプリ TOEIC 対策コース

stsup_30

おすすめ度★★★★★
お手軽度★★★★★
対象者初心者~上級者

リスニング勉強する際の効率がとても良いです。
このアプリだけで、ほとんどのTOEIC学習が完結できます。

最近有名な英語学習アプリ。
安心のリクルート社製。パソコンでもスマートフォンでも気軽に英語レッスンができます。

・TOEIC対策コースと・日常英会話コースがあります。

TOEIC対策コースはその名の通り、TOEIC勉強に特化していて、

プロの講師の方の解説動画が最大の特徴です。

非常にわかりやすく解説してくれます。

ちなみに日常英会話コースだけでも、シャドーイング練習機能が充実しているので、

十分リスニングを鍛えられます。

特筆すべきはなんと言ってもシャドーイングレッスンとディクテーションレッスンの効果とお手軽さ。

用意されている問題数も文句なし、膨大です。

この2つの練習法は英語学習で避けては通れないほど重要かつ効果が高く、
どんなTOEIC教材でも勧めている練習法です。

英語は自分で発音出来ない音は聴き取れません。
逆に、自分で発音出来るようになれば聴き取ることも、意味を瞬時に理解することもできるようになります。

この2つの練習は本来なら自分で英語の音源を探してきて、自分で紙に書き出したり、発音したりするものですが

このアプリなら毎日のレッスンの中に必ず組み込まれて元々用意されていますし、

ペンと紙で書き出しをする必要がなく、スタディサプリのパソコン版ならキーボード、スマホ版なら文字をタップしていくだけなのでとても手軽に練習ができます。

シャドーイング練習はあなたの声を録音しながらの練習ができるので、
後で自分で聴き比べて、どれだけ本来の発音と近い発音が出来ているのか確認可能。

お試し無料期間中でも全ての機能が使えますし、

アプリなので、今すぐに勉強を始めることができます。

試しに登録してみては?

【スタディサプリ ENGLISH】

↓私がスタディサプリを実際に使ってみたレビューです。

スタディサプリは使い方次第で社会人の強い味方になる? 学生という時代を経て、社会人というステージに移行していると、一日24時間のうち学...

スタディサプリ 悪い点

●誘惑が多い
スマホやパソコンを使っての学習になるので、LINEやTwitter、インスタ、Youtubeなどに気が散りやすいです。
英語学習は集中して少しずつ継続することが最も重要なので、鉄の意思を持って学習に取り組みましょう。

集中すれば、1日15分程度でも十分効果はあります。

好きな映画で英語の学習

movies-min

おすすめ度★★★★
お手軽度★★★★
対象者初級者~上級者

どれだけTOEIC教材のストーリーが学習に飽きないよう魅力的に作ってあったとしても、
自分の好きな映画やアニメ作品での学習には面白さでは敵わないでしょう。

具体的な学習としてはやはり、
●シャドーイング

●ディクテーション

の2つ。
答え合わせのためにも英語字幕が表示できるDVDや動画配信サービスが絶対におすすめです。
知らない単語が出てきても字幕があればその意味をすぐに調べることができます。

同じ作品を3回に分けて

字幕無し→字幕あり→字幕なし

の順番で練習すると非常に記憶に残りやすく効果が高いです。

映画の中でも特におすすめな作品は、
ディズニーや、ジブリ映画の逆輸入バージョンなんかは特に英語学習者にとって適した難易度です。

あとはとても有名な海外ドラマ『フレンズ』なども英語学習者にはピッタリです。

フレンズのような海外ドラマは、一話20分前後と短めで、長さが丁度よいです。

シャドーイングもしくはディクテーションを1日20~30分続けているだけでも、
TOEICのアナウンスがどんどん聞き取れるようになります。

映画でリスニング勉強 悪い点

●難易度がまちまち
いくら好きな作品と言っても、あなたのレベルに合った難易度の作品で練習しないと効果は薄いです。

逆に難易度が丁度よい作品でも、あなたの好みに合うかどうかは運次第。

やはり、一番はTOEICと同じレベルの英語で練習することなので、

この方法は、勉強の息抜き程度、

「こういう勉強法もたまにはいいかな?」

程度にしておくといいです。

ちなみに私は、日本アニメの逆輸入バージョンが難易度的にも、好み的にもピッタリでした。
※ジブリ作品、コードギアス、まどマギ、など。

私が実際に英語の練習に使った映画や海外ドラマのおすすめランキングです↓

英語の勉強で一番大事なこと 易しい難易度、自分に合ったレベルの映画を何度も見ていると、その作品中で使われている英単語や英語表現をいつの...

英語の子供向けYoutubeチャンネル

Three Men in a Tub | Bath Time Nursery Rhyme | Mother Goose Club Playhouse Kids Video
おすすめ度★★★☆☆
お手軽度★★★★★
対象者初心者~初級者

NHK教育テレビの英語版のようなもの。
ほとんど毎日更新しています。

ネイティブの子供が英語を覚えるための番組なので、非常にキレイな発音、キレイな英語で話してくれています。

Youtubeのチャンネルなので当然無料で視聴できます。

英語を始めたての初心者の方にはとても良い練習になるので、番組の中のセリフをそのまま真似して発音してみよう。
英語に慣れるにはうってつけ。

Youtubeの字幕機能との相性抜群

シャドーイングやディクテーション練習をする際には英語字幕表示は必須ですが、
Youtubeにはもともと字幕表示機能が搭載されているので、
字幕表示をONにすれば英語字幕がキレイに表示されます。

日本語字幕機能と違って、英語だとかなり正確に字幕表示されるので練習にこれほど向いた教材はありません。
なにしろ無料!

悪い点

悪い点は唯一、難易度が低いこと。

あくまで初心者から初級者向けの内容なので、中級者以上の方には向きません。
TOEICの頻出単語もこのチャンネルからはほとんど学ぶことはできないでしょう。

TOEIC 公式問題集

toeic 解答用紙

おすすめ度★★★★★
お手軽度☆☆☆☆
対象者中級者~上級者

どんなに優れた教材を使っていたとしても、一度はこれを解くことになります。

そのくらい必須です。

リスニングの勉強のために、公式問題集のリスニング音声を使うのは有効です。

TOEIC純度100%のアナウンスで、シャドーイング、ディクテーション練習をすることになるので、

中級者以上で、TOEIC問題を解説無しでも理解できるくらいに慣れたら、

この公式TOEIC L&R 問題集でリスニングの練習をしましょう。

ちなみに、

リスニングセクションに限らず、リーディングセクションにも言えることですが、
TOEIC形式の模試を2時間きっちり計って200問解く。

これを何度も繰り返すことでTOEICという試験そのものに慣れることができ、スコアを上げる方法として優秀です。

具体的には、
各パート毎の時間配分、正解になりやすい選択肢の把握、頻出単語の暗記、時間内に解き終わるためのコツ
などです。

一番のおすすめはTOEIC公式問題集を何冊か揃えて、繰り返し解くことです。
あまりやりたがる人は多くないんですが、同じTOEICテストを何度も繰り返し解くことは非常に重要です。

何度も解いているうちに自分の弱点がハッキリ分かってくるからです。
繰り返し同じテストを解いていると、毎回同じ問題を必ず間違えてしまうということが起きます。

それがあなたの英語の弱点です。

弱点がハッキリしたならそこを重点的に学習し直せばいいです。
理解できるようになるまでとことん。

そうすることでどんどん弱点が無くなっていき、スコアは右肩上がりになります。

私が思うに、TOEICのスコアで伸び悩んでいる人の原因のほとんどはこれをしないからだと思います。

その他 気をつけること

リスニングの勉強時間は 一日どのくらい必要?

リスニングスキルを伸ばすために、一日に何分勉強時間をとればいいのか、

気になるところです。

結論から言うと、毎日10分程度でも続けていれば伸びていきます。

ただし、集中して勉強しなければいけません。

私の場合、TOEIC600点くらいからは、

面白い海外ドラマを毎日20分(1話分)字幕付きで見ながらシャドーイング練習をしていました。

内容が面白いので、必然的に集中してセリフを聞くことができていました。

私にとっては息抜きの意味合いが強かったですが、これも一つのリスニング勉強方法です。

※映画や海外ドラマでのリスニング練習はレベルが高いので、初心者の方にはあまりおすすめしません。

今は動画配信サービス(通称VOD)で、スマホでもパソコンでも、

簡単に海外ドラマシリーズを見ることができます。

ただし、セリフが聴き取れなかった時に、文字で正解を確認できないと勉強にならないので、

英語字幕表示機能付きの動画でないと、練習にならないので、注意!

英語字幕が表示できる動画配信サービスは限られています。

ある人が言った。 「洋画や海外ドラマでリスニングの勉強をするとき、 英語字幕表示があると抜群に便利ですよね!」 ”聴く力”だけでな...

TOEIC用のアナウンスが一番安定

あとは、リスニング初心者におすすめの勉強方法があります。

”シャドーイングで練習する”という部分は同じですが、

音源にTOEICのリスニングアナウンスを利用します。

海外ドラマよりもレベルが低いので、慣れるまではこちらのほうがおすすめかもしれません。

ドラマよりも退屈ですが、、、、

おすすめは、やはり公式TOEIC L&R 問題集のCD音声を利用することです。

TOEIC受験者にとって、全ての基本の参考書なので、何度も登場しますね。

【スタディサプリ ENGLISH】

シャドーイング練習の強い味方です。

非常に勉強時間効率の良いリスニング練習が可能です

これなら、勉強時間は一日に10分~15分程度でも、十分リスニングを伸ばすことができます。

ただし、どちらで勉強するにしろ、毎日実施が効果的です。

上手に日課に取り入れて、習慣化しましょう。

毎日練習することで、みるみるリスニングが聴き取れるようになっていきます

TOEIC リスニング勉強法 対策まとめ

以上が TOEICリスニングの勉強法まとめです。

今回紹介した2つのステップに忠実に沿って勉強を続けていけば、

必ずリスニングのスコアは上がっていきます。

まずは、part1 と 2 を重点的に練習し、短い英語をしっかり聴き取れるようにすることから始めてみましょう。

そうなるとやはり、鬼門となるのはpart 3 4 だと思います。

これについては、前前回の記事で解き方のコツについて詳しく解説しましたので、そちらを参考にしてみてください。

何よりも大事なのは、

少しずつでもいいので、

今から毎日続けることです

あなたの目標スコア達成をお祈りしています。

このブログでは、このようにTOEICに役立つ情報を発信していきます。
よろしければ、また見に来てください。

Twitterで情報更新してます。aki(漢)のついったー

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

aki(漢)

おまけ TOEICのリスニング パート別の特徴と個人的な感想

TOEICのリスニングはpart1 からpart4 の4つのパートに分かれています。

それでは、軽く各パートの紹介です。
私の個人的な感想というか、簡単なコメントも付け加えておきます。

part1の特徴

全部で6問 問題用紙に載っている写真を見て、それを正しく説明しているアナウンスを4つの中から選ぶパートです。
写真は1問につき一枚用意されていますね。

TOEIC試験はこの写真問題から始まります。
ウォーミングアップ的なパートで、TOEIC全パート中最も簡単なパートです。
「さーて、今日は何スコア取れるかなー?」
とワクワクしちゃう時間帯ですね。まだ精神的に余裕があります。

聴き取りというか、単語を知っているかどうかが重要なパートだと思います。
パート1で使われる英単語って独特なので
問題を解いて、解説を読めば覚えてしまうでしょう。

part2の特徴

全25問 問題用紙には一切問題が載っていない珍しいパートです。

まず英語アナウンスが流れて、
そのセリフに対して意味の通る正しい受けこたえをしている選択肢を3つの中から選ぶパートです。

問題用紙を見る必要がないので、目を閉じて集中して聴くと解きやすいです。

しかし、そうやって気を抜いていると、
大事な部分を聴き逃してしまい、一時的にパニックになるパートです。
油断禁物。

上級者の方はガチで全部聴き取って全問正解することが求められるパートですが、
そんなに難しく考える必要はありません。

初心者~中級者の方は、セリフの冒頭、最初の部分だけを聴き取れれば
6割は正解できます。

冒頭と言えば、例えば

What time ~?
When ~?
Do you ~?

の部分ですね。

思い当たるところ、ありませんか?

時間を聞かれたら、時間を答えるのが当たり前ですし、
なぜ?と聞かれたら、その理由を答えている選択肢が正解になります。

不正解の選択肢はほどんどの場合、聞かれた内容と全くズレた、トンチンカンなことを言っているので
消去法でも解ける易しいパートです。
(誤選択肢例:Q.飛行機はなんで遅れているの?→A.ありがとうやってみるよ!)

↑会話が噛み合ってなさ過ぎて、笑ってしまいそうになったりしません?

part3の特徴

全39問 2人または3人の男女の会話アナウンスを聞いてから、
その会話中で得られる情報を問う3つの設問に答えるパートです。

中級者以上の方にとってはこのパートからが本番ですね。
パート2で少しつまづいていたとしても、そんなことを気にして引きずっている暇はありません。

怒涛の勢いでアナウンスが進んで行きます。
勘弁して欲しいです。

解くコツとしては、設問文よりもアナウンスに集中することです。
アナウンス中の大事な部分を一度聴き逃がすと、正解できなくなることがよくあります。

リスニングセクションは、読むよりも、聴く能力を試す試験だということを
もう一度強く意識することでグッと解きやすくなります。

part4の特徴

全30問 part3とほぼ同じ感覚で解けるパートです。
違いとしては、話者が一人だというところです。

ラジオのパーソナリティや、演説、留守番電話のメッセージなどですね。
複数人の会話ではありません。

part3 が39問と長めなので、パート4を解いていると、
「あぁ、もうすぐリスニングセクションが終わるー」
と、やっとTOEIC試験の半分が終了することへの安堵感を感じる時間帯ですね。

パート4もやはり、聴くことに集中することでスコアは上がりやすくなります。

リスニングセクション全体の個人的感想

リスニングセクションはその名の通り、聴く試験です。
基本的に、聴くことに集中することで、スコアは上げやすくなります。

写真や問題文も読んで、アナウンスも聴いて、マークして、、
とあれもこれも同時にやろうとすると混乱してしまいます。

割合としては、聴くことに7割、問題文や写真を見ることに2割5分、マークに5分
頭のリソースを割り振る感じで問題に向き合うといいですね。

マークに5分も割くのは、マークミスに気を付けるためです。

つまり、純粋に聴き取りの能力を鍛える勉強法を意識すると
自ずとリスニングスコアは上がっていくことが、わかっていただけたと思います。

私はこんな当たり前のことに気づくのが遅かったせいで、
なかなか900点を超えることができませんでした。。。
(でも、気づいてからは伸びるが早かったです!)

英会話用関連コンテンツ広告
スポンサーリンク
英会話用レスポンオート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
英会話用レスポンオート