海外で語学を伸ばす 留学前にTOEICは必要?900点取ったので解説します

ryugaku_toeic_hitsuyou留学 ワーキングホリデー

カナダ留学中に、英語力を幼稚園レベルから中上級レベルまで上げられました。
たった6ヶ月で。
そこには勉強法とは別の、考え方のコツが存在しました。

それも含めて、留学とTOEICの関係について詳しく書いていきますね。

 

 

 

どうも、aki(漢)です。
才能なし、センスゼロの30歳から英語を始めて
TOEIC300点から900点まで伸ばしました。

 

リスニングは満点です。

 

どこにでもいる普通のアンポンタンです。

めんどくさがりなので、おフトンから出たくありません。

 

 

 

 

今回は、

・海外留学前にTOEICのスコアが必要かどうか?
・海外留学でTOEICスコアはどのくらい伸びるの?
・TOEICを伸ばすための、留学中のおすすめ行動
・今現在のTOEICスコアで、どのくらい留学生活に影響がある?

これらを解説していきます。

 

同時期に渡航した日本人約15人の中でも、一番英語を伸ばせたので
私の実際の体験をもとにしたおすすめの行動や、お得情報をお話しますね。

おすすめ情報いっぱいですので、是非最後までご覧ください。

海外留学中に英語ができると、素晴らしい体験ができる可能性が広がります!

※ちなみに今回の記事では、海外の大学などに通う正規留学ではなく、ワーキングホリデーや短期の語学留学について書いていきます。

海外への語学留学前にTOEICは必要なのか? 結論から言います!

いきなりですが、今までにあなたはTOEICを受験したことがありますか?
スコアはいくつでしょう?

冒頭でも書いた通り、私はカナダに留学する直前にTOEICを初めて受験しましたが
スコアは300点台でした。(TOEICは990点が満点です)

はっきり言って、200問全部をテキトーに解答しただけでも
運が良ければこのくらいのスコアは取れるでしょう。

そのくらい低いスコアでした。

当然ですね、英語はそれまで私の苦手分野でしたから。
中学卒業時の知識で止まっていました。

 

しかし、留学にTOEICが必要ないと言いたいわけではありません。
TOEICは英語の基礎を固めるのに必要な知識が詰まっています。
つまり、英語を学ぶ基本的な能力が身に付く試験なんです。

 

私がもし英語の基本を身につけた状態で、海外留学をしていたら
もっともっと伸びが早くて、渡航中でももっといろいろな選択肢があったでしょう

 

帰国後のTOEIC900点達成も、実際には5年かかりましたが、その半分以下にできたと思います。
TOEICに含まれる英語の基礎は、とっても重要なんです!

ちなみに、TOEIC900点って聞くとスゴイと思いがちですが、
900点取れて、やっと英語の基礎が固まって少し先に進んだくらいのレベルです。
英語力で言ったら、まだヨチヨチの歩き出しです。

じゃあ 留学前にTOEIC900点が必要なの?

そんなわけないですね。
TOEIC900点が基本とは言っても、日本人にとって900点はとっても高いハードルです。
いや、600点でも十分スゴイと思います。

 

そんな高得点を留学前に取ろうとしたら、時間ばかり経過してしまって
いつまでも留学できなくなってしまいます。

つまり留学前にTOIECスコアは必須ではないけど、あるに越したことはない。

というのが結論です。

どういう意味か、私の体験から詳しく解説しますね。

留学中に英語ができると、楽しいことがいいーーーっぱい!!

私の場合、TOEIC300点台で留学しても、すごく楽しい留学になりました。

 

いろいろな国の友達と異文化交流したり、カナダの農場でいろんな国からの旅人さん達と一緒に住み込みで働いて、本当に楽しかったです。毎日が刺激の連続でした!

日本に居たままでは絶対に味わえない体験ばかりです!

旅人さんは、フランス、ドイツ、アメリカ、イギリス、カナダ、様々な国からやってきた方達でした。

みんな英語が上手いので、ビックリしちゃいました。。。!(アメリカ、イギリス、カナダは母国語なので当然ですが…)

 

でもそんな最高の体験ができたのは、一年間の留学期間中の最初の半年間を語学学校での勉強に費やしたからこそです。
特に楽しい体験ができたのは、英語がそこそこ話せるようになった残りの半年の間でした。

 

もちろん、学校に通っていた期間も自ら日本語を断ち、学校で知り合った台湾人や韓国人、サウジアラビア人の留学生達とだけ交流していました。

 

彼らも英語の勉強のために留学してきていたので、一緒に英語を伸ばしながら友達付き合いができるので、利害が一致していたんですね。
一緒に英語を高め合う仲間達との会話は、英語が未熟ながらも楽しいんですよ!

英語が未熟な者同士だからこそ、伝わった時がとても嬉しいんです

 

私の他に、同じ日本人同士だけで仲良くしているグループはありましたが、彼らとはあえて距離をおいていました。彼らのことはもちろん好きでしたが、それ以上に、不自由な英語だけで一生懸命自分の気持ちを伝え合う、海外の留学生との会話のほうが何十倍も価値がありました。

 

英語を伸ばすことに一生懸命だったからこそ、且つその結果、英語が徐々に話せるようになったからこそ、英語を使って様々なチャレンジができ、こんなにたくさんの素晴らしい体験ができたんです。全ては最初の心構え次第ですね。

日本で高い英語力を準備して留学に臨む必要は、そこまでありません。

日本でいくら机に向かって勉強しても、海外で英語だけで生活する経験には敵いませんからね。

英語の基礎が必要なのはわかったけど、留学前にTOEICは必要なの?

・TOEICを意識するよりも、基礎英語力を付けていったほうが、充実した留学になる
・TOEICを伸ばすのは留学後でも遅くない。

というのが、結論ですね。

 

基礎英語力といえば、文法と単語です。
まずは、簡単な英文法書を一冊終わらせましょう。
もちろん、留学までに時間があればですが。

 

私が留学直前、それと留学中に愛用していた文法書は マーフィーのケンブリッジ英文法(初級編) (Basic Grammar in Use) です。
非常にわかりやすくておすすめです。

あとは、余裕があれば簡単な洋画などで英語の発音に慣れておくと、留学先での発音聴き取りに困りにくいのでおすすめ。

 

英語字幕付きで映画を観るとTOEICスコアが良く上がります。

なので、日本でできる英語字幕付き動画配信サービスを比較しました。

洋画 海外ドラマを英語字幕で!勉強に最適なVOD動画配信サービス9選 比較 まとめ
あるエライ人が言った。「洋画や海外ドラマでリスニングの勉強をするとき、英語字幕表示があると抜群に便利ですよね!」”聴く力”だけでなく、英語力を総合的に向上させることができる。英語字幕表示でリスニング学習することは非常に強...

 

繰り返しになりますが、日本でできる英語勉強の濃度に比べれば
海外での英語生活のほうがずっと濃い勉強になるので、基礎を学ぶ準備にそこまで気合を入れる必要はないです。

留学を楽しもうという気持ちが一番大事ですね

 

TOEICの点数を上げてから留学するメリット! 今のままか上げてからか

それでは、TOEICのスコアがどの程度留学に影響を及ぼすのかを解説します。
今のまま留学するのか、TOEICスコアを上げてから留学するのか、判断の参考にしてください

 

・TOEIC 400点以下 初心者のレベル
I have a pen. くらいなら理解できるけど、文が長くなると無理!このレベル帯はアジア人のクラスメイトが多い。英語に自信がない人たちが多いので、仲良くなれば一緒に高め合う良いライバル関係ができるかも!お仕事を探す場合は、日本人経営のお店じゃないと基本雇って貰えない。行動力でゴリ押せば雇ってくれるとこもある。私はこの状態からスタートでした。
・TOEIC400~600 初級者のレベル
基礎が少し固まってきたくらいのレベル。でも、聴き取りはサッパリ!語学学校のクラスメイト同士なら、拙い英語でのやり取りができるから、会話がすごく楽しくなってくるレベル。このくらいのレベルから留学をスタートできれば最高に楽しい!
でも、お仕事はやっぱり日本人経営のとこしか雇ってくれない。
日本にいながらでも、3~4ヶ月毎日少しずつ勉強すればこのレベルにはなれる
・TOEIC600~800 中級者のレベル
ほとんどの英語の基礎が終わって、発展した内容に取り組み出せるレベル。表現の幅が広がるので会話が難しいものになることもしばしば。学校にもよりますけど、クラスメイトにはヨーロッパの人が半分くらい、アジア人も半分くらい。基礎が完璧なので、英語をどんどん吸収していける!語学学校には最初の1~2ヶ月だけ通って、それ以降は自分で仕事を探していろんな場所に旅に出よう!
お仕事は簡単な接客業くらいなら、頑張って探せば見つかる。英語の求人に応募できるくらいの実力があるから、バイトには困らないレベル。それでも、難しいお仕事はやっぱり無理。私みたいに、住み込みの農場のバイトみたいな力仕事系ならたまに見つかる!そういう求人があったら、迷わず応募しよう!すぐに他の人に取られちゃうよ
・TOEIC 800点以上 上級者のレベル
発展した内容も理解できているレベル。会話も簡単なものなら応答できる。いきなりこのレベルで留学スタートする人って滅多にいないはず。もしこのレベルから留学するとしたら、語学学校に1ヶ月だけ通って、どんな人達が周りにいるのかを把握だけして、あとは好きに仕事を探して行きたい場所に行って、やりたいことをするといいですね。最初から英語プラスアルファの別の何かを習得するのもいいですね。バリスタの資格とか、インストラクターの資格とか、あとは英語を教える立場になるためのTESOLなんかも人気です。

以上ですね。
とは言え、先程も言った通り、TOEICのスコアよりも基礎英語力を準備してから留学することのほうが大事です

TOEICで高スコア(600以上)を持っていてもせいぜい語学学校の仲間にマウントを取れるくらい。

しかも留学初期だけ。あまり意味がないですね。

 

むしろ、ヘタに高スコアを持って留学に行くと、油断や慢心が生まれるので、むしろ中途半端な英語力は自分の足を引っ張ることになりかねないので注意!

 

そんな弱い精神を持っているのはごく一部の方だけだとは思いますが、事実私の周りの留学生にはそういう方が多かったんです。
私の周りにいた日本人留学生で、留学初期にTOEIC500~600くらいだった方達は、2ヶ月、3ヶ月と経つうちに、どんどん私に追い抜かれて行きました。

彼らは毎月の進級テストで同じレベルにステイ、私は次々に進級してました。

 

↑私のカナダでの体験をつぶやいたTweetです。とても大きな反響をいただきました。

 

さて話をもとに戻しますが、基礎英語力があったほうが、留学中の英語の伸びが良いのは確かです。

海外のほうが学べる英語の濃度が違いますからね、基礎が理解できている状態で渡航すれば、最初から多くのことを学び、吸収していくことができます。

つまり、TOEICを500~600点前後、そこそこ取った状態で、かつ「それでも自分はまだまだ」という意識でいられれば、とても充実した留学になるでしょう。

 

 

謙虚な姿勢は、留学中のあなたの環境をより良いものにします。

 

留学でTOEICは伸びるの? どのくらい?

 

留学中の過ごし方によります。
留学に慣れていない方は基本的に、最初の数ヶ月は語学学校に通うことをおすすめします。
その国の生活に慣れるためと、英語が同レベルの友達ができやすいからです。

 

 

語学学校選びは、エージェントさんと詳しく相談して決めましょう。

 

TOEIC600~700点レベルにはなれます。
中級者レベルですね。

 

かつ、何も予定がない日は、日本から持ち込んだ英文法書で自習をしたとして、

 

 

話が逸れましたね。改めて、留学でTOEICがどのくらい伸びるかですが、

わかりやすく、私の実体験を基準に説明します…

全く英語ができない状態で留学して語学学校に半年間通いながら、積極的に日本人以外の友達と交流して
かつ、何も予定がない日は、日本から持ち込んだ英文法書で自習をしたとして、TOEIC600~700点レベルにはなれます。
中級者レベルですね。

 

それとTOEICスコアに加えて、英語を話す書く能力も少しだけ付いています。
これは、留学経験のないTOEIC受験者には無い能力です。

 

また、例えば
英語の基礎を身に着け、初級者レベルから留学したとしたら
半年間で 中、上級者レベル TOEIC700~ にはなれるでしょう。
でも、900点のレベルには届かないです。

 

もっと上がると思いましたか?
でも、せいぜいそのくらいしか上がらないんです。

なぜなら
TOEICにはTOEIC専用の勉強法があり、900点~に上げるには英語力だけでは不十分だからです。

効率よく英語を理解し、問題を処理していく能力を鍛えて、初めて900点が取れます。

この、”TOEIC専用の勉強法”についてはあとで解説しますね。

基本的に、留学中にTOEICの勉強はしなくて良いと思います。
(TOEICを上げることが目的の短期留学は例外)

 

ちなみに、ワーキングホリデーの場合、期間は1年あります。
そして、語学学校に通える期間は6ヶ月(カナダの場合)ですね。

残りの期間は、お仕事をして生活し
英会話力を伸ばすことになります。

 

なるべく、英語を使う機会の多いお仕事を選べると、充実した留学になるでしょう。
そのためにも、語学学校で基礎英語力をしっかり身につけておきましょう。

 

渡航先で英語を意識した毎日を送れば

基礎英語力に加えて、TOEIC900点所持者でも持っていない、”英語を自分で構築する能力と話す能力”も身に付けて帰国するので、それら総合的な英語力を伸ばすのに、帰国後のTOEICはおすすめです。

書けて、話せて、かつTOEIC高得点という肩書きが揃えば、鬼に金棒です。

帰国後に、TOEICの勉強を始めましょう。

留学で得て日本に持ち帰ってこられた大事なモノの一つが
英語を勉強する習慣でしたからね。

日本でTOEICの勉強を始めることなんて、海外での生活に比べれば簡単です。

留学後ってTOEIC何スコアになれるの? 目安は?

留学から帰ってきた後に、TOEICスコアはどのくらい上がっているものなのか?

留学後ならではのTOEICの勉強法ってあるのか?

それらをまとめてみました。

興味のある方は参考にしてみてください↓

これが現実!留学後のTOEICスコア目安と900点までの上げ方!その理由がこれ!
留学に1年も行けば、TOEICなんて勝手に上がってると思っていました。甘かったです。でも、帰国後に気づきました。TOEICにはTOEIC専用の上げ方があるんです。あなたに留学経験があるのなら、是非TOEICスコアを上げましょう。...

短期留学でも意味はある?

1ヶ月~3ヶ月程度の短期留学でも、TOEICのスコアが上がるのか?
ですが。
これは確実に上がります。

なぜなら、英語学習の習慣が身に付くからです
留学は短い期間でも貴重な経験ができます。

 

海外の語学学校に通ったり、英語で生活するとなると、自然と英語の勉強をする時間が増えます。
ほぼ毎日、英語に触れることになるので、英語の勉強が習慣化しやすいんです。

一度習慣になってしまえば、日本に帰国したあとも続けられます。
TOEICスコアは日本でじっくり上げていくことになりますね。

この”習慣にする”ということが実は一番重要で難しいことなんです。

 

それに、
日本にいたままでは、気づかなかったであろう様々な刺激があります。
きっと、海外に目を向けて人生動き出そうという広い視野を持てることになります。

 

そういうモチベーションを保つ意味でも、短期留学には意味があります。

私のTwitterのフォロワーさんにも、同様のことを仰っている方が数名います

TOEICとTOEFLの違い

さて、TOEICとTOEFLの違いですが、

●TOEICは日本国内の就職や大学進学、また英語学習の指標としての目的に利用される試験です。海外での認知度は低いので、単純に英語力アップのための第一段階として目標にするといいですね。

教材の種類も多く、勉強を始めるハードルが低いです。

 

●TOEFLですが、これは海外の大学などに通う正規留学用の試験です。

TOEICとは求められるスキルが違いますね。TOEICより、留学を意識した試験になります。

 

参照元:ECC海外留学センター

留学での失敗談

さて、それでも私の留学中の行動は、100%すべてが正解だったわけではありません。
いくつかの失敗談を並べていきますね。

同じ失敗をしないでくださいね。

日本人経営のバイトに妥協してしまった

語学学校を修了した直後、日本人経営の洗車のアルバイトを2ヶ月だけやっていました。
イマイチ自分の英語に自信がなく、接客があまり要らない洗車、しかも日本人経営のバイト先を選んでしまったんですね。

雇っていただけたこと自体は感謝でしたが、やはり”英語と異文化を学びに留学に来た”のに
日本人に囲まれながら日本語しか話さないアルバイトをする日々に、すぐに疑問を感じ始めました。

でも、その経験があったからこそ、次の素晴らしい体験につながるお仕事を見つけることができたんですけどね。

そこから英語環境の仕事に限定して、英語での求人だけを選んで応募していきました。
その間も、毎日英文法書を毎日解いていました。
そしてようやく、カナダの田舎の農場での住み込みアルバイト(厳密には、食住付きのボランティア)
を見つけ、見事採用されました。

ここでの3ヶ月間は、毎日が夢のような体験の連続でした。
が、それはまた別の機会にお話します。

その農場のオーナーにある時、「応募が50人以上あったのに、なぜ自分を選んでくれたのか?」
と質問したところ。「応募のメールが誰よりも英語が上手で、礼儀正しかったから」
ということでした。

嬉しかったですよ!!!

ちなみに、英語で応募メールを送る際に気をつけたポイントをまとめました。
よければ参考にしてみてください↓

2%を合格した私が"選ばれる"英文メールの書き方を今だけ公開してみる
英語でメールや手紙を書く際には特有の言い回しやルールがあり、知らないと何から書き始めて良いかすらわからない。特に応募用のメールでは失敗はしたくない。選考に通るかどうかの最初の関門で躓いては何も始まらない、目に留まる文章で他の候補者よ...

先輩日本人の中途半端なアドバイスを鵜呑みにした

留学直後に、日本人同士での交流の場があり、そこで
数ヶ月しか滞在していない日本人留学生と自分を比べて、英語力の違いに劣等感を感じてしまいました

しかも、その方達の言う、「こうすると英語上手くなるよ」的な無責任なアドバイスを鵜呑みにして、むしろ遠回りしてしまいました。

当時の私には、彼らの英語が流暢に聴こえたんです

言い方は悪いですが、彼らは自分たちよりも英語力がちょっと低い当時の私に対して、マウントをとっていただけでした。
今思うと、そのアドバイスには何の根拠も実績もなく、”ただ他の人がそう言っていたから”
というものでした。

でも!
数十年現地に住んでいる方のアドバイスは参考になります。
20年以上カナダで美容師をしている日本人の方から聞いた、”英語力を上げるためのアドバイス”はとても参考になりました。

アドバイスを受けるなら、実績がある人かどうか?を基準に信じたほうがいいです

名前は覚えてもらいやすいものを

これは、私の失敗ではなく、他の日本人留学生の失敗談なんですが、
留学先で自分の本名を名乗っていたことです。

日本人の名前って、外国人には覚えにくいんですよね。
なので、ほとんどの留学生はイングリッシュネームを自分で付けるんです。

そうすると、仲良くなりやすいですし、名前と顔を覚えて貰えます。

名前と顔が一致することはコミュニケーションの第一歩ですよね

ちなみに、私の aki というイングリッシュネームはこの時生まれました。
カナダ人からも、他のどんな国の方からもすぐに覚えて貰えましたよ~

頑なにイングリッシュネームを名乗らない日本人の方がいましたが、
カナダ人どころか、他の国からの留学生からも名前を覚えて貰えませんでした。

なので、
特にこだわりがないなら、わかりやすいイングリッシュネームを自分で付けることをおすすめします。

 

外国人と英会話を楽しんだほうが
英語の伸びが全然違いますからね!

ひらがな2文字がおすすめ!

TOEICスコアのために絶対に準備していったほうがいいモノ

それでは、留学先でTOEICスコアを存分に上げるために、今からでも準備したほうが良いものを紹介します。

英文法書 絶対裏切らない!英語の基本!

最重要なのがこれ!例え留学に行かないとしても、絶対に裏切らないのが英文法の基礎知識!

一冊をやりきる、やりきったあとも周回して復習する。
これをすると効果的なので、あまり分厚くないものを選んだほうがいいです。

日本にいる間にこれを進めておくと、留学先の生活が断然変わります。

英語の吸収力に大きな違いが出ますよ!

ちなみに、私が当時実際に使っていたのがマーフィーのケンブリッジ英文法(初級編) (Basic Grammar in Use)の日本語訳版でした。
日本ではあまり有名じゃないんですが、カナダの語学学校でも使われるくらいに、世界的に有名な英文法書です。

私達のような第二言語として英語を習得する学習者のためだけに作られたものなのでおすすめです。

↓詳しい使用感をこの記事にまとめました。
よければ参考にしてみてください。

初心者の英語文法書ならこれ1冊 Basic Grammar in useがおすすめ
対象レベル:初級者 ★☆☆☆☆今回は私が絶対の自信を持っておすすめできる英文法書の紹介です。初心者の頃、この文法書に出会っていなかったら英語の習得が1年は遅れていたと断言できる。そのくらい価値のある一冊をご紹介します。...

電子辞書 英語学習に頼れる相棒!

こちらも留学にはほぼ必須。
日本にいる間の英語学習のお供にも最適。絶対に裏切らない英語学習の相棒ですね。

たまーに、「スマホの辞書機能があれば電子辞書は要らない」という意見を見ますが、
それは間違いです。

語学学校の授業中に、スマホをいじっていたら注意されますし、なにより人からの印象が最悪です。

カナダの農場の住み込みバイト中の食卓で、ネイティブとの会話中に単語がわからなくて辞書機能のためにスマホを使用した時があったのですが、「食事中にスマホ使うのはだーめだよ」と軽く怒られました。

その後に、『辞書機能の利用のためだよ。』と言ったら納得はしてもらえましたが、印象が良くないのは間違いないです。

やはり、誰かと対面している時のスマホ利用が、あなたの印象を悪くするというのは、世界共通の価値観です。

特に、人との会話から学ぶことが多い留学中なら尚更です。
もちろん、電子辞書をいじるだけなら悪印象はありません。
なので、スマホで代用しようというのは絶対におすすめしません。

機能も、電子辞書のほうが充実していますしね。

最低限の機能を備えた安いものなら、数千円で購入できます。

 

↓おすすめ電子辞書をまとめました。私が実際にカナダに持ち込んだものも一緒に紹介していますので、
是非参考にしてみてください。

この機能が必要! 海外留学に持っていくべきおすすめ電子辞書
ノートパソコン、スマートフォン、フェイスブックのアカウント。海外留学の必須アイテムはここ数年で変化し、定番化しました。電子辞書もその1つです。英語習得に辞書は必須なのは当然ですが、多機能かつ簡単に持ち運べる電子辞書はまさに海外留学には最適...

海外保険 これは必須

直接英語の勉強には関係ないですけど、一応留学には必須です。
もしも何かあった時に、日本語で対応してくれる保険サービスがあると無いとでは、行動の自由度が違います。

AIG保険がおすすめです。

保険が無い状態で行く海外ほど、怖いものはありません。。。日本は治安が良すぎるから実感ないでしょうけど

 

私も、実際に保険のお世話になることは結果的にありませんでしたが、
保険に加入している安心感があったからこそ、冒険的で思い切った行動ができたのは確かです。

カード お金が無いと何もできない!

これも、直接TOEICには関係ないですが必須です。

留学先に、現金を大量に持ち運ぶのは危険ですね。
日本にいても、そんな不用心なことはしませんね。

 

海外でも当然のように使えるクレジットカードや、
海外でもATMから現金を引き出せるプリペイドカードの準備をしましょう。

特に、ホームステイ先の支払いは現金のみが多かったです

海外用クレジットカードもおすすめですが、
現金がどうしても必要な場面も多いので、
プリペイドカードの準備もおすすめです。

VISAプリペやキャッシュパスポートがお手軽ですね。

 

私は”キャッシュパスポート”を利用しました。
予め、自分のアカウントに現金を預けておけば

海外からでも安い手数料で、ATMから現金を引き出すことができます。

解約手数料も安くて、いつでもお金を日本円として戻すことができます。

 

留学エージェント

留学エージェントとは、語学学校の手配など留学のお手伝いをしてくれるサービスです。

すべてを自分一人で留学の準備をするのはとても大変なので、

まずは留学エージェントに相談するのが一般的です。

 

おすすめエージェントですが、カナダへの留学ならカナダ現地留学エージェントの【カナダジャーナル】

それ以外の国なら夢カナ留学スマ留に相談すれば間違いないと思います。

カナダ留学で利用するエージェントですが、日本人の中では圧倒的にカナダジャーナルを利用している方が多かったです。大手ですし、サービスが安定していますね。

 

その他、留学に準備していったほうがいいもののリストをまとめました。
ちょっと情報が古いですが、よければ参考にしてみてください。↓

新常識!カナダ留学に必要な持ち物まとめランキング10 ワーホリ実体験談
渡航してしまった後からでは遅い。カナダ留学に必要な必須の持ち物がいくつかある。あなたの準備は万端だろうか?私は実際の留学経験から、カナダ留学に必要な持ち物と必要の無いものを学んだ。それらを知り、準備することで英語習得に集中でき、海外...

留学前のTOEICは必要!? 情報まとめ

以上が、留学とTOEICの関係とスコアの上げ方でした。

結局、TOEICのことを考えるのは帰国後でいいという結論ですね。
留学前に重視すべきは、”基礎的な英語力”が圧倒的に優先度が高いです。

 

せっかく貴重な時間とお金を使って留学するんです。
最高の体験と思い出を作りたいですよね。
そのためにも、日本でできる限りの準備をしていきましょう。

 

私の失敗経験があなたのお役に経つことを祈っています。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

ちなみに、帰国後にTOEIC900点まで伸ばした勉強法を↓の記事にまとめました。
よければ参考にしてみてください。

TOEIC900点を取りたい!800点までとはレベルが違う!勉強法を紹介します
高校の卒業が、英語の成績のせいで危うかった。赤点ギリギリの点数しか取ってこなかったせいで英語のセンスも知識もゼロに近かった。「英語キライ 無理!」と諦めていた。追試で先生に情けをかけてもらって、なんとか35点を取れて...

 

今回は以上です。お疲れさまでした!

Twitterでも情報更新してます。aki(漢)のついったー
Twitterでしか呟いていないマル秘攻略情報もあるので、ぜひ一度覗いてみてくださいね。
※フォロワーさん 2700人 突破しました!ありがとうございます!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

aki(漢)

タイトルとURLをコピーしました