必見】TOEIC500点から700点を目指す人よ 方法と勉強時間はこれだ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tc600to700

スポンサーリンク
英会話用レスポンオート

TOEIC500点から700点までにかかる勉強時間

どうもakiです。
TOEIC300点から900点まで上げました。

今回は、TOEIC500点から700点を達成する場合の勉強時間とその勉強方法を解説したいと思います。

いきなり結論から言います。
独学で、一日1時間程度勉強時間が取れるとして、
大体、8ヶ月から1年かかります

どういう計算?
と思いましたでしょうか。

私も実際にそのくらいかかってやっと700点に届いたという実体験に基づいています。

まず、500点台から600点レベルまで伸ばすのに
4ヶ月~半年かかります。
英語の基礎を固めるだけでこのレベルに届くので、
数年のような長期間は必要ないです。

そして、600点から700点レベルまで伸ばすのに
更に4ヶ月~半年かかります。
英語中級者レベルまでの基礎をしっかりと勉強すると
この700点レベルに達します。

合計すると8ヶ月から1年ですね。
思ったより長いですか?短いですか?

もちろん、一日の勉強時間を増やせば
それだけ期間は短くなります。

ただし、一日の勉強時間を2時間に倍化したとしても
トータルの必要期間は半分にはなりません。

人間が一日に覚えられる情報には限界があるので、
ただ時間を増やせばいいというわけにはいかないです。

次は勉強の方法についてです。

TOEIC500点から700点への道 勉強方法

それでは具体的にどのような勉強をすればよいかを解説します。

500点から600点

英語の基礎を固める段階です。

文法なら、基本的な時制、つまり

現在形、過去形、現在完了形、現在進行形、未来形
あとは、比較級、関係代名詞、前置詞

などです。

これらの基礎的な用法を理解すると600点レベル到達です。
これらが勉強できる英文法書を購入しましょう。

もちろん、それに伴って
ボキャブラリー、つまり知っている英単語も増やさないといけません。
文法の勉強中にわからない単語が出てきたら、全てその場でメモして覚えましょう。

それだけでは足りないので、
TOEICの頻出単語が勉強できる参考書が要ります。
金のフレーズ』あたりがおすすめです。

リスニングに関しては、TOEIC公式問題集を利用して勉強できます。

聴き取れるまで何度も繰り返し聴く→
解答を見て答え合わせをする。

これを毎日15分は実施しましょう。
スマホに音声を取り入れてしまうと便利です。

そして、一ヶ月に一回はTOEIC公式問題集で2時間時間を計り、
模擬試験を自宅で実施しましょう。

TOEIC形式の問題を最初から最後まで200問、時間内に解くのは非常に効果的な勉強法です。

TOEIC試験の形式そのものに慣れることでもスコアは上がるからです。
慣れることが目的なので、一度実施した試験を何度解いても構いません。

600点から700点

英語中級者と言えるレベルが700点です。
つまり、600点までで覚えた基礎的な文法と
それらの応用と、それ以外の細かい文法を理解する必要があります。

いろいろな文法が組み合わさったような、長い文章を読んで理解できるようになるのが目標です。

中級レベルの文法書を購入しましょう。

これができるようになると、
TOEICのパート7で解ける問題がかなり増えてきます。

知っている単語数も引き続き増やしていく必要があります。

このレベルでも『金のフレーズ』が一冊あれば十分です。

リスニングに関しては、TOEIC公式問題集のアナウンスを
シャドーイングやディクテーション練習などで
更に深い理解ができるように勉強するといいです。

シャドーイングとは、聴いて自分でも発音する練習法。
ディクテーションとは、聴いて自分で書き出す練習法です。

パート1は10割、
パート2は8割以上、
パート3と4で5割以上正解を目標にします。

一ヶ月に一回のTOEIC公式問題集での模擬試験も引き続き実施します。

これが、TOEIC500点から700点への大まかな勉強の流れです。

次は、おすすめの教材についてです。

TOEIC500点から700点へ導く おすすめ教材

ここまで独学が前提での勉強時間について解説してきましたが、
本当なら、独学はおすすめしません

参考書選びや学習計画を立てるのに無駄な時間がかかるからです。
TOEICの勉強に慣れていないと、更に遠回りをすることになるでしょう。
当時の私はいっぱい遠回りをして、時間ばかり無駄にしてしまいました

独学に拘る利点はあまりありません。

時間がかかるとやる気も失せていきますので、

モチベーションを保てているうちに素早く達成するべきです。

そこで、なるべく早く700点を達成するために、
勉強時間を6ヶ月程度に短縮してくれる優秀な教材、通信講座を紹介します。
独学には無い学習効率の良さがあります。

アルクTOEIC攻略600点 700点コース セット

TOEIC500点台の人が600点を目指すためだけに特化したアルクの通信講座。

と、600点台の人が700点を目指すためだけに特化した通信講座のセット。

セットだと別々に購入するより遥かにお得になる。

アルクと言えば、『キクタン』や『直前の技術』が有名。

●600点コースが、

勉強時間が一日50~60分で
3ヶ月で修了する講座。
お値段が、講義動画付きで50600円

●700点コースが、

勉強時間が一日40~60分 週5日で
4ヶ月で修了する講座。
お値段が、講義動画付きで48400円

学習計画が最初から全て組まれているので、
これだけあれば、600点(700点)のための勉強が全てできる。
面倒くさいことを考えたくない人のための講座。

独学より確実に早く実力がつくのでおすすめ。

オンライン販売のみになるので、

アルクのオンラインショップ から詳細を確認できます。

↓実際に使ってみたレビューです。

どうも、akiです。 現在はTOEIC910点です。 今回はアルクのTOEIC攻略600点コースのレビューです。 おそらく、あな...
どうも、akiです。 300点台から始めて、現在はTOEIC910点です。 今回はアルクのTOEIC攻略700点コースのレビューです。...

スタディサプリ ENGLISH

リクルート社の提供する学習アプリ。
そのTOEIC勉強用。

一日60分勉強時間をとるとして
大体3~4ヶ月で700点レベルに達する。
お値段が、TOEICコースなら月額2980円。

(キャンペーン次第ではもっとお得に)

アプリならではの多彩な機能で、
TOEICの勉強を効率的に行うことができる。

欠点は、スマホアプリなので、SNSの通知などがあると集中が途切れてしまう点。
しかし、同じアカウントでパソコンでも利用可能なので、スマホに気を取られてしまう人はそちらでの利用がおすすめ。

1コマ5分から勉強可能なので、
スキマ時間に少しずつ勉強することに特化している。

ただし、1日の勉強時間に制限は無いので、
早い段階で700点を達成してしまえば、それだけお得。
つまり、一日1時間と言わず、勉強すればするほど、トータルの月額費用は少なくて済む。

時間の余裕がある人にはこの【スタディサプリ ENGLISH】 の方がおすすめ。

実際に使ってみたレビューです↓

スタディサプリは使い方次第で社会人の強い味方になる? 学生という時代を経て、社会人というステージに移行していると、一日24時間のうち学...

TOEIC500点から700点への道 まとめ

以上がTOEIC500点から700点への道の全貌です。

勉強時間短縮を考えるなら、講座を使ってしまったほうが楽です。

独学でもやることは結局同じです。
勉強時間は短いに越したことはありません。

毎月TOEIC受験料を払って、毎月ガッカリする生活は本当に辛かったです…

あなたの一日も早い700点達成をお祈りしています。

このブログでは、このようにTOEIC攻略に役立つ情報を発信していきます。
よろしければまた見に来てくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

aki

英会話用関連コンテンツ広告
スポンサーリンク
英会話用レスポンオート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
英会話用レスポンオート