TOEIC300から500点目指す人専用! 勉強法とかかる時間 【基本を大切に

toeic300to500 新形式TOEICの攻略情報

toeic300to500

どうも、akiです。

才能ゼロの30歳から英語を始めて、
TOEIC300点から、910点まで伸ばしました。

 

今回は、私のように英語が得意じゃない人でも、
TOEIC300点台から500点を達成できる勉強法や、
それにかかるであろう見込みの時間をお話します。

 

実体験を元にお話するので、最後までお付き合いください。

TOEIC300点から500点の取り方

TOEIC500点と聞くと、とても難しそうに感じます。
英語初心者からしたら、500点はとても高い目標です。

 

ところで、一度でもTOEICの試験問題を解いてみましたか?
公式問題集などで自宅で気軽に模擬試験を体験できますね。

さっぱり意味がわからない問題ばかりですよね。

リスニングなんて全く聴き取れないです。

 

TOEICは、わからない問題はさっさと諦めるのが大事な試験ですが、
わからない問題が多すぎて、諦めて飛ばしてを繰り返していたら、
200問解いた時点でも時間が余ってしまいます。

 

私は少なくともそうでした。
TOEICの難しさに絶望しました。

どうやって勉強すればいいんだこんなの?
って。

 

TOEIC初心者とはつまり、英語初心者です

TOEICを初めて目指そうとするのであれば、
英語の基本から学習していくのが一番の近道になります。

 

英語の基本、それはすなわち
英文法と英単語ですね。

 

リスニングはちょっとだけレベルが高いので、
文法と単語を少しだけ進めてから取り掛かった方がいいです。

 

つまり、TOEIC300点から500点の取り方は
基礎的な英文法を覚えながら、英単語を覚えていき、
徐々に英語を聴き取る練習をしていく。
ということになります。

TOEIC300点から500点の勉強時間

さて、英語の基本を固めていくうちにTOEIC500点が取れるようになる
ということは、わかりました。

基本からなんて面倒くさそう。
なんて思いませんでしたか?

 

さて、では、一体どのくらいの期間が必要でしょうか。
一日の学習時間にもよりますが、

 

私の経験上、独学だと
一日1時間学習したとして大体4ヶ月~半年
くらいかかるでしょう。

 

以外に早いと思いませんでしたか?

 

一度頭の中をゼロにして、
英語を基本から学ぼうとすると吸収は早いです。

 

下手に知っていることをすっ飛ばして楽をしようとすると、
逆に時間がかかってしまいます。

基本をしっかり、しっかり固めていると、伸びるのが早いです。

TOEIC300点から500点の勉強法

では、英語をゼロから始めるには
具体的にどういった勉強をすればいいかをお話しします。

 

英文法に関しては、やはり英文法書を一冊終わらせるのがいいです。
分厚い本だとやる気が続かないので、自分でやりきれそうだなと思えるものを選びましょう。

 

TOEIC300点のレベルだと、過去形や現在完了形といった基本中の基本の時制も曖昧でしょうから、
本当に基本の英文法を解説してくれている本がいいですね。

 

現在進行形、過去形、現在完了形、関係代名詞、各品詞の解説、前置詞の解説
最低限これらが解説されている本を選びましょう。
英語音声を流しながら一緒に学習できるものだとなお良しです。

 

英単語に関しては、TOEICで頻繁に使われる単語が暗記できるものがいいですね。
「金のフレーズ」という本なら安定して頻出単語を覚えられます。
かなり、安価でお得です。

 

一日、1時間学習するとして、
1時間は英文法を勉強して、
寝る前に単語を10個覚えましょう。

 

英文法書を一冊終えたら、
リスニングの学習を始めましょう。
TOEIC公式問題集や、TOEICリスニング練習用の問題集が望ましいですね。
なるべく、簡単なものを用意しましょう。

 

これを4ヶ月程度続けると、TOEICで目標スコアを取るための全体像がぼんやりと見えてきます。
この段階になったら、改めてもう一度、TOEIC公式問題集で2時間計って
自宅で模擬試験を実施してみましょう。

 

この時点で400点以上取れるようになっているはずです。
もしかしたら、500点も超えているかも。。。!?

なんとなく、TOEIC300点から500点達成の学習方法が見えてきたのではないでしょうか?

 

徐々に英語が理解できるようになってくると、学習が楽しくなってきます。
そうなった場合は、一日の学習時間を少しずつ増やしてみてもいいかもしれませんね。
その分、500点達成が早まります。

あなたの目標達成をお祈りしています。

TOEIC500点を取るためのおすすめ教材

完全な英語初心者のためのTOEIC教材は意外と優秀なものがあります。
先程まで紹介した学習方法はあくまで『独学』で進める方法です。

 

初心者の目線に立って、初心者のための学習プランを最初から組んである教材を利用することで、
より短期間で、スムーズな500点達成が見込めます。

 

一応、以下にそんなおすすめ教材を紹介しておきます。

アルク TOEIC500点コース

日本人の英語学習をサポートして50年以上。
個人的に最も信頼できるアルクのTOEIC通信講座だ。

500点取得に最低限必要な学習以外しない、させない
という特徴を持つ。

 

アルクといえば、全てのTOEIC受験者が一度は通る超有名な参考書、『TOEIC直前の技術』で有名ですね。

あとは『キクタン』とか。

 

ちょっと値段が高く見えるかもしれないが、
書店で参考書をいろいろ揃えた場合の合計と、そんなに大差は無い。

toeicalc500_1

・この講座だけあれば、他の教材は要らない。

・3ヶ月で500点に届く実力が付く計画が組まれている。

という作りになっている。

 

500点達成までの詳細な計画が最初から組まれているので、
自分で難しい学習計画を立てる必要がなく、
手元に届いた瞬間から学習に取り掛かれる。

 

完全に初心者の方は『超入門コース』もおすすめ。

 

こんな方におすすめ!
アルクのTOEIC対策コースは、しっかり計画を立てて、確実に目標スコアを取りたい方向けの教材だ。
アルク教材の特徴である、堅実な学習のおかげで、
将来的に600点、700点、800点と、スムーズなステップアップがし易いだろう。

 

超入門コースを使ってみたレビュー↓

https://www.eikaiwanshin.com/tc_alcnyuumon/
アルク 500点コースを実際に使ってみたレビューです↓

詳細などはこちらから

TOEIC教材でお悩み?アルク 500点コースを評価してみた!
今回はシンプルに【TOEIC500点】を取らせてくれる講座の紹介である。TOEICで500点を目指す。TOEIC初心者を抜け出して具体的なスコアを目指す人の最初の関門である。まだ英語に慣れていない段階での1つ目の難関なの...

スタディサプリ ENGLISH

リクルート社の提供する学習アプリ。
それのTOEIC版。

なにしろ、一日のスキマ時間を有意義に使えるお手軽さが魅力。

stsupnitijou_14

TOEIC学習に非常に効果の高い(自分自身で実証済)シャドーイングとディクテーションという練習が簡単にできる。

 

こんな方におすすめ!
目標スコア取得に急いでいなくて、自分のペースでちょっとずつTOEICに慣れていきたいという忙しい方向けの教材だ。
なるべく早くTOEIC500点取得したい方には向いていない。

 

メアドとか登録すれば、無料体験ですべての機能が使えるので、
試しに使ってみて自分に合わなければ、解約すればタダ。

 

他にも学習しやすいように、様々な工夫がされているアプリ。

 

スタディサプリ ENGLISHを実際に使ってみたレビューです↓

社会人の英語ならこれ!スタディサプリ2つのコースの効果が凄かった
スタディサプリは使い方次第で社会人の強い味方になる?学生という時代を経て、社会人というステージに移行していると、一日24時間のうち学習に充てられる時間は激減する。重要なのは『そのうえでどうやって目標達成していくか』である。...

 

TOEIC300点から500点勉強法 まとめ

以上が、TOEIC300点台から500点を達成するための勉強法や、かかる時間の目安です。
英語初心者ということは、吸収できる知識がまだたくさんたくさんあるということです。

つまり、その分上級者に比べて伸びしろがたくさんあります。

 

TOEIC800点から900点を目指すのは、相当な苦難の道です。
基本を疎かにしたままで、更に英語が苦手な私にとっては地獄のような日々で、
毎回TOEICの結果を見る度に絶望していました。

 

それに比べると、教材も充実していて伸びる余裕に溢れている今が、学習を始めるチャンスです。

今、私のこの記事を読んでくださっているせっかくの機会を逃してしまうのはもったいない気がします。

 

是非、これを新しいチャレンジの良い機会にしてみてください。

成功をお祈りしています。

 

このブログでは、このようにTOEIC攻略に役立つ情報を発信していきます。
よろしければまた見に来てくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

aki

タイトルとURLをコピーしました