学生も社会人も【TOEIC700点!が取れる勉強法】何から始める?勉強時間は?正解はコレ!

tc_700_benkyouhou 新形式TOEICの攻略情報

TOEIC700点から、一気に難易度が上がりますよね。

リスニングも全く聴き取れなかった頃

700点を取るのに必要な要素をシンプルに考えてみたことがありました。

 

結果的には、そのおかげでスコアが一気に伸びましたね。

 

///////////////////////

どうも、aki(漢)です。
才能なしの30歳から英語を始めて
TOEIC300点から900点まで伸ばしました。

///////////////////////

今回は、TOEIC700点を取るための勉強法を、できるだけシンプルに解説します。

 

700点を取っておけば、ひとまずこの先安心ですよね。
でも、なかなか届かないスコアなので、
どう勉強していいのか、今の勉強法が本当に正しいのかわからなくなります。

 

とても高く感じる、TOEICの一つの壁ですよね。

 

そんなTOEIC700点が取れなくて悩んでいる方、
英語をこれから始めるつもりで、TOEIC700点を取ってみたい方、
是非、参考にしていってください。

TOEIC 700点ってどのくらいのレベル?

英語全体で見ると このくらいのレベル

さて、TOEIC700点がどの程度のレベルなのかですが、
簡単に言うと、英語中級者程度の実力です

もう少し詳しく言うと
基本的な文法と単語をしっかり理解できたくらいのレベルですね。

 

600点台までが、英語の基本を学ぶ段階で、
700点台からは、もう少し発展的で応用的な英語の知識が要求されます。

でも、やっぱり基本の域は出ない。

難し過ぎることはない。

 

それが700点です。

 

700点が取れなくて困っていても、大丈夫です。

まだまだ基本を押さえるだけで取れる点数です。

700点以上取る人の割合

TOEICの日本人の平均点は、大体620点くらい(2021年3月現在)
700点以上を取得する受験者は、全体の35%くらいです。

 

600点以上を取得する割合が、全体の55%くらいなので、
それと比べると700点からいきなり難しくなっていることがわかります。

参考:TOEIC公式リンク 平均スコア分布

 

全200問のうちの正答数で言うと、リスニング、リーディング共に、
66問~70問正解できれば、700点前半に届く計算です。

4択問題なので、塗り絵だったり、”2択までは絞ったけど自信ない”のように偶然正解した問題も含めての数字です。

 

塗り絵正解も実力のうち!?

とまでは言いませんが、不正解でもマイナスにはならない試験、それがTOEICです。

 

初心者から目指せる?

完全な英語初心者の方がTOEIC700点をいきなり目指すのは、現実的ではありません。
とーーーっても難しいです。

 

そんな無茶な目標を立ててしまうと

恐らく、目標になかなか近づかなくて心に負担がかかってしまい、
途中で英語自体を辞めてしまう恐れがあります。

 

精神的にも、脳みその構造的にも
500点→600点→700点と、段階を踏んで成長していくことが、
結果的には一番の近道です。

 

難し過ぎる?コレを意識すれば正解! TOEIC500点の勉強法
初心者が、英語の基礎を固めていく過程で通る道、それがTOEIC500点ですね。どうも、aki(漢)です。30歳から英語を始めてTOEIC300点から900点まで伸ばしました。今回は、TOEIC500点を取るための勉強法...

 

TOEIC700点を目指すのであれば、
・600点台を取得している。
もしくは、

・高校卒業までの英文法と英単語をほとんど理解している。

どちらかの条件を満たしているといいです。

まずは、TOEIC600点をとってから、700点を目指しましょう。

”英語の基本を押さえる”とは言っても、ゼロから目指すとなると遠い道のりです。

勉強時間は?

こちらの表をご覧ください。

TOEICのスコア別の勉強時間の目安です。

tc_scoremeyasu

出典:OXFORD UNIVERSITY PRESS, A Teacher’s Guide to TOEIC

これによると、

初心者からTOEIC600点までにかかる勉強時間が、一日に2時間勉強するとして
およそ6ヶ月です。

そこからさらに100スコア上げて700点を取るのに、およそ3~4ヶ月かかります。

 

ちなみに、私の個人的な経験から感じたことですが、
一日の勉強時間を2時間、つまり2倍にしたとしても、
勉強する期間は半分にはなりません。
期間が70~80%に減るくらいです。

 

というのも、一日に覚えられることには限界があるからです。
私達の脳は、朝起きた時点をピークに、時間経過につれてどんどん疲労していきます。

 

疲労した頭で勉強を無理矢理続けても効率が悪いですよね。

なので、毎日少しずつでも継続して勉強することが大事です。

 

ちなみに、上記の理由から、夕方や夜よりも午前中に勉強したほうが学習効率は良くなります

実際、私も一日にたくさん勉強すればいいとがむしゃらに英語を読んだり聴いたりしていたことがあります。

もちろん、何もしないよりは良かったとは思いますが、
疲れ過ぎない程度に、脳に余裕を持たせて勉強を続けていた時期のほうが
結果的に伸びは良かったです。

 

TOEIC700点が取れない人に足りないこと

それでは、TOEIC700点が取れていない人に足りない能力を書いていきます。
ネガティブに聞こえるかもしれませんが、
逆です。

 

これらを習得することによって、700点にどんどん近づいて行くことができるからです。
まずは、自分に足りないものを自覚してからの勉強は、
とても効率的です。

 

ちなみに、TOEIC700点の場合
リスニング、リーディング合わせて200問のうち、全体の4割くらいは塗り絵になってしまっても700点圏内です。

 

それら4割の問題は800点以上を目指す人向けの問題なので、
今は考える必要はありません。

頻出単語の中でも難しい部類の単語

TOEIC600点の時点で約5000語の語彙が必要だと言われています。
700点を取るためには、そこから更に難しい単語の知識が必要です。

 

具体的に全ての単語をここに並べるのは難しいですが、

questionnaire, merger, crucial, impose

などのような、TOEIC試験ではよく見かけるけど、
今までの英語の勉強の中ではあまり使ってこなかった単語がそれですね。

 

ちなみに、私は
英単語を覚えるなら、その発音も一緒に覚えましょう”と
日頃から主張していますが、

 

TOEICリスニングのアナウンスには、こういった難しい単語が多く使われることはありません。
パート3や4の一部の問題に使われる程度です。

リスニング問題の会話には、ほとんど600点レベルまでに覚える簡単な英単語が使われます。

 

なので、700点以上を目指す際に知っておくべき難しめの英単語は
その発音まで知らなくても、あまりスコアは変わらない可能性が高いです。
(それでも、声に出しながら覚えたほうが効率は良いので、できれば無理のない程度に発音も一緒に覚えたほうが後のためになります。)

聴き取れる単語数が足りない

リスニングに関してですが、聴き取れない単語がまだ多いです。
リスニングのアナウンスの中でも、強く発音されている単語や、名詞などは部分的に聴き取れますが、

単語と単語をつなぐ接続詞や前置詞、ネイティブがはっきり発音しない部分を聴き取る能力がまだまだです。

 

しかし、これは何度も英語を聴いて練習する以外に勉強法はありません。

いくら理屈で
”ネイティブはこのように発音する”
とか
”英語にはリエゾンという、くっつく音がある”
とか、その事実自体を日本語でいくら理解したところで、英語が聴き取れるようにはならないです。

 

英語のリスニング力を上げたいのであれば、”英語を聴く”以外の練習法は無いのです。

 

具体的には、
例えば、パート2のセリフを聴き取れるまで繰り返し聴いて、どうしても聴き取れないとなった時に、
スクリプトを確認して、文字として読んで「こう言っていたのかー」と理解する。
そして、改めて自分でも真似して発音してみる。

 

これの繰り返しでリスニング力は上がっていきます。
※ちなみに、自分でも真似して発音してみる練習法を”シャドーイング

英語を聴いて、自分で書き出す練習法を”ディクテーション”と言います。

 

自分で発音できない音は、聴き取ることもできないので、
このシャドーイング練習は、非常に効果の高い練習法として有名です。

 

つまり、本当に足りないのは、
英語を聴いている時間”です。

長文記事の読解力

700点取得となると、パート6やパート7の長めの英文記事問題も積極的に解いていく必要があります。

 

600点までは、長い記事を理解する能力が低いので、
パート6や7の問題を、たっぷり時間をかけて記事を読み、
簡単で解けそうな問題をなんとなく考えて解答するだけでよかったのですが、

 

700点以上を目指す場合は、記事の意味を理解しながら、なるべく速く解く必要があります。

 

というのも、パート7では200問目の最後まで、比較的難易度の低い設問が各問題の中に潜んでいて、
それらを確実に正解する必要があるのです。

 

そのためには、なるべく早く記事を読み、大まかな意味を理解しながら問題を進め、
そうしている内に気づく簡単な問題を積極的に時間をかけて考えて正解していく能力が求められます。

 

関係代名詞や接続詞を使った長い文を読む力。
パート6や7には、長めの文が頻繁に現れます。

長めの文には、当然様々な文法が使われているので、それら文法を理解していないと文の意味がわかりません。
特に、関係代名詞や接続詞を含んだ文は長くなりやすいです。

例:
When I saw him, he was talking to the woman who had written the book “Nature Adventure” and looked so excited.

こういった長い文を理解するためには、
主語や動詞や目的語のような英語の語順、各品詞の役割、関係代名詞の理解、
が必要で、更にそれらを知ったうえで、長い文をたくさん読んで慣れるという経験が必要です。

TOEIC700点の勉強法 これを意識すれば大丈夫!

さて、それらを踏まえての具体的な勉強方法です。

つまり、TOEICで700点を取るのに必要なことは以下の5つです。

・基本的な英文法を十分に理解している
・基本的な単語とその発音を知っている
・品詞の知識がある。英語の語順の基本を知っていて、長い文も理解できる
・短い英語を聴き取る力 適切な応答の仕方を最低限知っている
・TOEIC試験の問題に慣れている

文法について

700点に必要な英文法は、基本とちょっとの応用的な表現だけです。
基本さえしっかり理解できていれば、700点には充分ですし、800点に挑む際にも理解が楽になります。

 

具体的には

・現在形 ・現在進行形 ・過去形 ・未来形 ・現在完了形

のような基本的な時制の文法とそれらの疑問文の作り方

 

時制以外だと

・関係代名詞 ・比較級 ・最上級 ・前置詞 ・受動態 ・依頼文

 

これらを完璧に理解できると、文法はTOEIC700点レベルです。

 

英単語について

文法とは別に、英単語を毎日覚えるといいです。
一日に10~20単語くらいが丁度いいです。

TOEIC700点に必要な語彙は8000語と言われています。
参考:あなたに必要な語彙はいくつ?

 

既に知っている単語を差し引いたら、新しく覚えるべきは2~3000語でしょう。

どれくらいの勉強期間を設定するのかにもよりますが、
一日に10単語でも、積み重ねれば充分な語彙力になります。

 

必ず例文と一緒に覚えて、かつ発音も一緒に覚えられる教材を使いましょう。

 

使用する単語帳は金のフレーズがよいです。

TOEIC頻出単語が
試験に使われる頻度、重要度の高い順に掲載されているので、とても使いやすい単語帳です。

それにとても安価です。

 

品詞の知識について

品詞もカテゴリとしては文法です。

ですが、とっても大事な要素なので別に書かせてもらいます。

 

各品詞の役割を知っていれば、文が長くなっても理解できるようになります。

例えば、

形容詞は名詞を修飾し、副詞は名詞以外を修飾する。

とかを知っていれば

 

I will _____ take the class which ~.

のような空欄があった時に

即座に ”副詞が入る

ことがわかります。

 

これは、パート5で特に役立つ知識ですし

英語の文がスラスラと読みやすくなります。

 

品詞について詳しくまとめた記事を書きましたので

その他の品詞についてはこちら↓を参考にしてみてください。

 

これで完璧!4つの品詞 英語学習で必ず覚えて欲しいこと
レベル Beginner ★☆☆☆あなたは英語の単語を覚える際、その品詞もセットで覚えているだろうか? 英単語の暗記方法はそれぞれ自分に合った方法があると思う。英文を組み立てる時や英文を読む時、品詞を意識するのは非常に重要だ。「...

リスニングについて

上のほうでも触れましたが、リスニングを鍛えるには英語をたくさん聞いて自分で発音するしかありません。
すぐには実感はできなくても、継続していれば、必ず聴き取れるようになります。
それは保証します。

 

しかし、
英語を聴き取ることは、私達日本人にとってはとてもハードルが高く、
なかなか聴き取れるようにはなりません。
毎日練習をしても、ちょっとずつしか伸びないです。

言語の作りが、英語と日本語で違い過ぎるんです。

 

なので、なにか聴き取れるようになる裏ワザのようなものを探してしまいがちですが、
そのようなものは残念ながらないんです。

 

裏技は無いですけど、コツならあります。それは
”自分のレベルに合った英語で練習すること”
です。

 

YOUTUBEや海外ドラマ、映画など
英語に触れる様々な媒体がありますが、TOEIC学習者にとってはどれもレベルが高すぎます。

私が今までに感じた、一番TOEICのレベルに合った英語素材は
TOEIC形式の問題で使われる音声そのものですね。

 

当たり前と思われるかもしれませんが、
先程書いた通り、裏技を探していくうちに、間違った方向に興味が向きやすいんです。

私だけですかね?

つまり、TOEIC700点レベルまでリスニングを伸ばすには、
TOEIC形式、特にパート1と2の問題のアナウンスを使ってのシャドーイング練習や、ディクテーション練習が最も効果的です。

これで、短い英語の聴き取りや

英語の質問に対する応答の仕方がしっかり身につきます。

 

TOEIC公式問題集を使ってもいいですし、
それだけでは問題数も解説も足りないので、
スタディサプリを利用するのもありです。

 

スタディサプリなら、用意されている問題数が膨大ですし、
シャドーイング練習がとてもやりやすい工夫がされているので、
リスニングを伸ばすにはうってつけです。

 

海外ドラマなどを使ってのリスニング練習は、息抜き程度に挟んで見るくらいで丁度いいです。

 

TOEIC試験の慣れについて

TOEIC試験は年に10回も開催されいる試験です。

ですので、毎回の問題がどれも似たりよったりでパターン化しています。
これは有名な話ですよね?

 

つまり、使っている単語やシチュエーションを変えただけの、
問題の質がほとんど同じ、コピーされたような問題だけで構成されています。

 

これは私達のようなTOEIC受験者にとっては有利ですね。

 

TOEICの試験問題に慣れてしまえば、
あとは単語さえ知っていれば、最低限の労力で問題を解くことができるようになります。

 

試験問題に慣れるには、やはりTOEIC形式の問題をたくさん解いて、
わからないところは解説を読んで理解する。

 

これの繰り返しです。

使用する教材はやはりTOEIC公式問題集が一番精度の高い練習ができます。

しかし、それだけでは足りない場合は、他のTOEIC問題集や
スタディサプリでも補えます。

 

毎日、1時間はTOEICの勉強時間を作り、
シャドーイング練習とTOEICの問題を解く時間を、うまく配分して継続していきましょう。

 

 

TOEIC問題に慣れてしまえば、英語力がそんなに高くなくてもスコアがグングン伸びていきます。

心配は無用です。英語力を上げたいのなら、TOEICを勉強し終わった後にいくらでもチャンスはありますから。

 

700点を目指すならこれ! おすすめ参考書 教材

それでは、それらの勉強法のコツを実践できる

具体的な教材を紹介します。

私が900点を取るまでに実際に使ったものも含めて解説します。

アルクのTOEIC通信講座 700点コース

alc700_02

おすすめ度★★★★★
お手軽度★★★★☆
対象者TOEIC600点を取れている方
お値段¥48400

しっかりと学習計画を立てて700点を目指したい人向け。
700点を取るためだけに作られたアルクの通信講座です。

アルクと言えば、”TOEIC直前の技術”などで有名な老舗英語教材メーカーですね。

 

TOEICで700点を取るためだけの、4ヶ月の学習計画が最初から組まれているので
他の教材は一切要りません
即座に勉強を始めることができます。

 

一日の学習時間は、約一時間です。

教材の作りが
練習問題→確認テスト→週末テスト→月末テスト

のように、定期的に学習内容を確認するテストを挟んで
しっかりスコアを確認するように作られていて

 

自分の成長を確認しながら、弱点を見つけて更にスコアをスキマ無く上げていく。
という構成になっています。

 

とてもモチベーションを保ちやすく、最後(700点達成)まで勉強が続きます。

英語学習者を支え続けて50年以上の歴史を持つメーカーなので

とても丁寧な解説やTOEIC攻略のコツなどが満載で
安心して進められます。

 

4カ月で本番で実力を発揮するテクニックを。TOEIC(R)テスト完全攻略700点コース [/sc]>

目標達成率高!アルクTOEIC 700点コース使って評価してみた
どうも、akiです。300点台から始めて、現在はTOEIC910点です。今回はアルクの通信講座、TOEIC攻略700点コースのレビューです。アルクTOEIC700点コースがどういった講座なのか、どんな流れで学習計画が組...

スタディサプリ TOEIC対策コース

stsup_30

おすすめ度★★★★★
お手軽度★★★★★
対象者初心者~上級者
お値段月額 ¥3278

有名なスマホ・パソコン用学習アプリ。

3分の空き時間さえあれば
スマホで気軽にTOEIC勉強ができる優れものです。

たっぷり時間がある時には、ガッツリ勉強もできるので
時間の有効活用しながら勉強ができます。

うまく使えば
一日の勉強時間が多くなります。

難易度的にも700点目標の人にピッタリです。

特に、スマホならではの操作性の良さを活かした
”シャドーイング”と”ディクテーション”練習が魅力的で

リスニングを伸ばす力に優れています。

タップ一つで英語音声を何度でも再生できるお手軽さは、CDとは比べ物になりません。

もう一つの大きな特徴として
プロのTOEIC講師の方の講義動画が、ほとんどのレッスンに用意されています。

 

”このパターンの問題を解くキーポイントは~”
”ここは、こういう文法を知っているかどうかが問われています”

のように、TOEICに関して詳しく丁寧に解説してくれています。

とてもわかりやすくて、この講義動画だけでもおすすめです。

更に
TOEIC頻出単語を覚える単語帳の機能も用意されていて
例文と発音、両方を確認しながらボキャブラリーを鍛えられます。

 

収録されている問題数も膨大(4000問以上)で、しかもアップデートで少しずつ問題が追加されています。
なので、TOEIC試験への慣れに関してもスタディサプリさえあれば問題数には困りません。

 

個人的に、おすすめの勉強法として

”TOEIC学習ノート”を作って
スタディサプリで学んだ内容を自分の言葉でまとめながらの勉強をおすすめします。

能動的な学習ができて、知識が頭に定着しやすくなり
より一層スタディサプリを活用できます。

無料登録期間中でも全ての機能、レッスンが利用できるので
興味がある方は登録してみるといいです。

 

”リクルートID”というアカウントを取得する必要があり、ちょっと面倒ですが、、、

ちなみに、”じゃらん”や”HOT PEPPER”を利用している方なら
既にリクルートIDを持っていることになりますので、
新たにアカウントを作らなくても登録できるので、ひと手間省けます。

【スタディサプリ ENGLISH】 [/sc]>

勉強嫌いでもスタディサプリTOEICを使いこなしたい!おすすめ勉強法 料金を無駄にしない
勉強嫌いの私が、スタディサプリTOEICを使ってみての率直な感想は、TOEIC学習がスマホ一つでこんなに気軽にできるのは魅力的だなぁ。です。でも、このアプリにはただ一点”あること”が足りないです。それを補うことで、このアプリは...

 

TOEIC公式問題集

toeic kaitou

おすすめ度★★★★☆
お手軽度★★★☆☆
対象者初心者~上級者
お値段¥3300

TOEICを目指す人なら、必ず一冊は持っていたい必須教材です。
本番と同じ品質の模擬試験が2回分収録されています。

 

公式なので、リスニングのアナウンスも同じ人が担当していますね。
なので、本番に近い状態での模擬試験が自宅でできるのが最大の魅力です。

でも、解説は不足気味なので
この本だけでTOEICの攻略をするとなると難易度は高いです。

 

ちなみに、私は10冊持っていて。それぞれ3回以上は解いています。

本ヨレヨレです。

TOEIC試験への慣れを鍛えるのであれば
この教材を数冊購入して 何周もするといいです。

私はこの勉強法で900点達成しましたが
正直もっと他の教材、近道はあったと今は思います。

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 7
国際ビジネスコミュニケーション協会
これ無しでTOEICは勝てません。初心者~上級者まで必須!

公式問題集を利用して、TOEICの単語を暗記する小ネタを考えつきました↓

TOEIC公式問題集だけでできる頻出単語の覚え方
TOEICを目指すうえで必ず立ちはだかる壁 "単語、イディオムの暗記"。いくら文法を勉強しても、単語を知らなければ問題は解けない。しかし、逆に単語さえ知っていれば、文法が曖昧でもなんとなく文の意味はわかる。つまり、単語の暗記は...

文法問題 でる1000問

tc_kyouzai_deru1000

おすすめ度★★★★★
お手軽度★★★☆☆
対象者初心者~上級者
お値段¥2530

TOEICパート5が苦手な人におすすめの一冊。
パート5の問題が
レベル別、問題の系統別に1000問収録されています。

 

”このパターンの問題はこの部分に注目すると数秒で解けます”
のように、問題の系統別に細かく攻略法が解説されているので

初心者の方にも非常にわかりやすい作りになっています。

それに加えて、練習問題がレベル別に1000問ですからね。
値段に対してのパフォーマンスは良です。

 

700点を目指す場合、パート5のいわゆる
”一目見ただけで解答できる簡単な問題”

は全問正解する必要があるので、
この本で練習すると、スコアが底上げされて安定します。

そういったパターンの問題は、本番で毎回必ず出題されますからね。

パート5に関しては、これ一冊あれば十分ですね。

強力な一冊!】TOEIC 文法問題でる1000問のおすすめの使い方 レビューしてみた
TOEICの文法って、どこから勉強したらいいかわからないですよね。そもそも基礎ってどの程度知っていればいいんですかねー?もしくは、上級者だけど、パート5がとっても苦手ー!!英語ムズカシー!今日はそんな悩みを解決する参考書の紹...

 

金のフレーズ

tc_goldnphrase01

おすすめ度★★★★★
お手軽度★★★★★
対象者初心者~上級者
お値段¥979

TOEICに必要な、重要な単語を覚えたい人向けの一冊。
お値段もとてもお手頃です。

サイズも小さいので持ち運びにも便利。

 

TOEIC600点レベルの単語→700点レベルの単語→800点レベル→900点レベル

のように重要度順、テストで表れる頻度の高い順に単語が掲載されているので
非常に使いやすいです。

 

単語は、必ず例文と一緒に掲載されていますし

音声も公式サイトから無料でダウンロードできるので

発音も覚えることができます。

TOEICの単語に関しては、この一冊があれば十分です。

 

【超教材レビュー】TOEIC900点が金のフレーズ評価してみた
朝日新聞出版 特急シリーズの中でも名書中の名書『金のフレーズ』のレビューである。私自身はこの『金のフレーズ』を初めて購入したのがTOEIC900点取得後なのだが、あまりにも『TOEIC学習に効果的な本』と有名なので、今更ながら評価...

ケンブリッジ英文法 ベーシックグラマー in use

Basic grammar_01

おすすめ度★★★★★
お手軽度★★★☆☆
対象者初心者~中級者
お値段¥3478

TOEIC700点までの文法を完璧にしたい人向けの英文法書です。

初級編→中級編→上級編

という三部作のうちのこれは初級編ですね。

ちょうど、TOEIC700点レベル相当の文法にあたります。

 

ちなみに、上級編はレベルが高すぎるので
英語版しか出版されていません。
つまり解説とか全部英語です。

 

この初級編は日本語訳版なのでご安心を。

英文法の全てを網羅したような内容で
英語を身に着けようとする外国人のために作られた文法書です。

”イラストと、わかりやす例文で英文法を理解してもらう”

というコンセプトで作られているので
日本語に訳した理屈での文法ではなく、
英語のニュアンスそのままで、直感的に文法を理解できます。

 

品詞の知識に関しても
各品詞ごとに詳しく解説されているので、十分に理解ができます。

私が初心者の頃にお世話になった本でもあります。

世界的に有名な文法書ですが
日本ではあまり有名でないのが不思議です。

マーフィーのケンブリッジ英文法(初級編)第3版 (Basic Grammar in Use)
Cambridge University Press
初心者を一気に中級者に引き上げる一冊!世界で一番有名な英文法書です。
初心者の英語文法書ならこれ1冊 Basic Grammar in useがおすすめ
対象レベル:初級者 ★☆☆☆☆今回は私が絶対の自信を持っておすすめできる英文法書の紹介である。初心者の頃、この文法書に出会っていなかったら英語の習得が1年は遅れていたと断言できる。そのくらい価値のある一冊をご紹介しよう。...

TOEIC試験ではどんな問題を正解しないといけない?

パート1

700点目標の場合、全問正解が望ましいです。
ほとんどの選択肢が、

主語+動詞+目的語

という単純なパターンなので、単語さえ知っていれば正解は難しくないです。

パート2

25問中の20問は正解したいところです。

アナウンスの冒頭だけは絶対に聴き逃さず、何を質問しているのかをしっかり聴き取りましょう。

 

正解になる選択肢が、
素直に質問にこたえているものと、

”知らないよ、彼なら知っているかも”
のような、ちょっと変則的なセリフが正解になる問題の2パターンあります。

 

素直にこたえる問題は全て正解できるようにしましょう。

それ以外の変則的な受けこたえが正解になる問題でも、
冒頭さえ聴きとっていれば、3択を2択まで絞ることができる可能性は高いです。

パート3 4

パート3全39問、パート4全30問、合計69問のうちの30問を自信を持って回答できれば合格ラインです。

 

問題の先読みは積極的に実施してください。

 

問題のアナウンスを全て聴き取ろうとすると、一度ペースが崩れた場合に大事な部分をどんどん聴き逃してしまって
結局3つの設問を全て塗り絵にしてしまうことが頻繁にあると思います。

それならばいっそ、設問3つのうちの2つ目を諦めてしまうのも手です。

 

設問の1つ目と3つ目は、それぞれ必ずアナウンスの最初のほうと最後のほうにヒントを言います。
例外はありますが、ほとんどの問題が当てはまります。

 

つまり、1つ目と3つ目はヒントの場所がわかりやすく、解きやすいです。
逆に2つ目の設問のヒントは1つ目と3つ目の間のどこかで言うので、見当がつきにくいです。

 

最初から取り組む設問を2つに絞ることで、先読みの負担も減らし、アナウンス中に問題を考える時間も数秒確保できるので、
正解率が上がるという作戦です。

 

全問正解を狙って力みすぎて3つとも落としてしまうくらいなら、
2つに絞って正解率を上げたほうがずっとお得ですね。

パート5

30問中のうち、18問は自信を持って回答できれば最低ラインはクリアです。

語彙問題は、その単語を知らなければ解けないので、
解けたり、解けなかったりと、不確定な要素が絡んできます。運です。

 

これは、普段から英単語を覚えることで対応していくとして、、、

最低限正解しなければいけないのは、空欄に入る
正しい動詞の形、時制を選ぶ問題。
正しい品詞を選ぶ問題。
正しい前置詞を選ぶ問題。

これらだけは必ず正解する必要があります。

 

これらは、それぞれ対応する英文法を理解していれば、確実に正解できるので、
労力に対しての成果が大きいです。

 

TOEICの問題、特にパート5はほとんどパターン化していますからね。
文法を理解してしまえば、スコアが安定します。

パート6

16問のうち、8問は正解したいパートです。

 

積極的に解くべき問題の質はパート5とほぼ同じですが、

空欄の前後だけでなく
その前後の文まで読まないと解けない設問もあるので、
記事全体にどういった趣旨の内容が書いてあるのかを読み取る力が必要。

 

それが出来れば、パート6の全ての問題を(全問正解は出来ずとも)考えて解くことができるようになります。

パート7

54問中 30問を自信を持って回答できればギリギリ合格ラインです。
あとは塗り絵の高正解率を祈るだけです。

 

700点を目指す場合、狙うべき問題は、
1つの問題に2~3問しか設問がないパート7前半の問題。
読むべきポイントが特定しやすく、文章量も少ないチャット問題。

 

これで大体20問くらいですね。

正解すべき残りの10問は、先程も少し触れた
パート7に潜んでいる、比較的簡単な問題です。

 

TOEICの試験問題に慣れていると、大体どのあたりがその簡単な問題なのかがわかってくるものですが、
ダブルパッセージとトリプルパッセージ問題の1つ目の設問は簡単な場合が多いですね。

 

TOEICの傾向としては、パート7のDP、TP問題の5つの設問のうち、2つは簡単です。
これを逃してはいけません。

 

逆に、ダブルパッセージ問題の1~3つ前くらいの問題、
設問番号でいうと164~175番あたりは、読む量が多く難易度が高いです。

 

ここで時間を消費してしまうくらいなら、テキトーにマークして
ダブル、トリプルパッセージ問題に進んだほうがいいです。

 

TOEIC 700点勉強法 まとめ

以上が、TOEIC700点のための勉強法でした。

やはり、一番大事なのは、
500点を目指す場合も、900点を目指す場合も700点を目指す場合も同じ、
”毎日、無理なく継続すること”
です。

 

最初から肩に力を入れすぎてしまうと、
なかなか成果が出ないなどの理由で、途中で嫌になって勉強を辞めてしまう危険性が高くなりますからね。

 

毎日続けていれば、結果としてスコアが勝手についてくる感じです。
気楽にいきましょう。
それが一番の近道です。

 

あ、よろしければ、
私がアルクのTOEIC教材が大好きな理由を、遠慮なく思い切り書いてみたので、
「購入するのもありかもしれない」と少しでも感じた方は読んでみてください。

アルクのTOEIC講座をおすすめする理由が全然書き足りなかったので、個人的に思うことを書き並べてみた
どうも、aki(漢)です。30歳から英語を始めてTOEIC300点から900点まで伸ばしました。今回は、私がアルク講座をおすすめする理由を思うがままに書いていきます。誰得?俺得です。語らせて下さい。もちろん、アル...

 

あなたの目標スコア達成をお祈りしています。

このブログでは、このようにTOEICに役立つ情報を発信していきます。
よろしければ、また見に来てください。

Twitterで情報更新してます。aki(漢)のついったー

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

aki(漢)

タイトルとURLをコピーしました