TOEIC500点のレベルはこんな感じ 現900点がガチで語ってみた

toeic500 level新形式TOEICの攻略情報

toeic500 level

どうもakiです。
数年前は300点、現在TOEIC910点です。

今回は、TOEIC500点ってどのくらいのレベルなのかを書いていきます。

この記事を読んで、自分でも500点にチャレンジするかどうかを判断してもらえると幸いです。

 

TOEIC 500点のレベルってこんな感じ

基本的に英語の才能ゼロの私の中で、TOEIC500点てこういうイメージ。

・初心者がまず目指すべき目標スコア

・届かない人は勉強時間が足りないか、方法が間違っている

・基礎さえ固めれば勝手に届くスコア

一応900点レベルまで勉強した今でこそ思うのは、こんな感じ。

 

でも、300点台だった当時は500点なんて現実的にとれる気がしなかったスコア。

リスニング全く何言ってるかわからないのに、、
500点?600点700点?
レベル高すぎでしょ!

 

とても酷い数値を記す、自分のTOEIC結果通知を見て、そんなふうに感じていた。

 

あなたはどんなふうに思っているだろうか?

 

ちなみに、具体的な比較対象を言うと、
一般的なレベルの中学、高校の英語の授業を完璧に理解したとしたら
大体TOEIC700~800点くらい取れるかなぁといったところ。

TOEIC500点って難しいの?

英語初心者にとって、
TOEIC500点達成が難しいかどうかを問われたとしたら、私は
「簡単です。ただ、やるかやらないか。」
とだけ答えます。

 

日本人を基準に置くとして、
そこそこ英語ができる中級者のレベルが大体600~700点くらい。

つまり、そこそこできるレベルになる過程の段階が500点。

 

階段の第一ステップとも表現できる。
階段は飛ばし飛ばし上がるものではなく、一段一段丁寧に上がっていくもの。

 

つまり英語初心者にとって、

最初に目指す価値があるスコアということ。

 

今現在、500点や600点が遥か上の難しいレベルと感じているだろうか?
でも、それも当然のことなのである。

私もTOEIC300点台の頃、そうやってやる気が失せかけていた。

まずはTOEIC500点取りたい!

しかし、とりあえず英語を始めてみようと思い立った時に、TOEIC500点というのは非常に目指しやすいレベルの目標スコアだ。

達成すれば、そこから何かまた新しいものが見えてくる。

なおかつ、英語力ゼロで、面倒くさがりの私のようなやつでも、現実的に達成可能なレベル。

さて 何から始めるべきだろう?

さて、実際に500点を目指すことになったとして、
まずは何から始めるべきかというと、

ここまで話してきた通り、TOEIC500点は基本を学んでいけば、
勝手にその途中で到達できるレベル。
つまり、基本に忠実に学習し始めればいいのだ。

 

英語でいう基本といえば、まずは
文法と単語だ。
リスニングや発音はその後でもOK。

 

そうなると、まずは文法書を買って、単語帳を買って、
簡単なリスニング音声付きの参考書を買って、

そんな具合だ。

 

アマゾンや楽天等の通販サイトで、
「TOEIC 文法」
などで検索すれば、たくさんの参考書、教材が現れる。

同様に、
「TOEIC 単語」
「TOEIC リスニング」

 

このように、いくらでも優秀な教材が存在する。

ちなみに、公式TOEIC L&R 問題集は、
初心者から上級者まで幅広いレベルの受験者にとって非常に優秀な参考書である。
必ず、一冊は最新のものを手に入れておこう。

ただし、初心者のうちは、TOEIC試験の形式に慣れるための活用に留めておこう。

真面目に解こうとすると、難し過ぎる。

一応、私のおすすめ教材 (TOEIC 500点専用)

参考書を揃えて、基本から勉強すればOK。
とは言っても、数が多すぎてどれを選んでいいのかわからないだろう。

そう思う方のために手っ取り早い方法もあるので、一応紹介しておく。

これだけあれば、目標スコアに必要なことが全て学習できるように作られているコース教材だ。

アルク TOEIC500点コース

日本人の英語学習をサポートして50年以上。
個人的に最も信頼できるアルクのTOEIC通信講座だ。

500点取得に最低限必要な学習以外しない、させない
という特徴を持つ。

 

アルクといえば、全てのTOEIC受験者が一度は通る超有名な参考書、『TOEIC直前の技術』で有名ですね。

 

ちょっと値段が高く見えるかもしれないが、
書店で参考書をいろいろ揃えた場合の合計と、そんなに大差は無い。

toeicalc500_1

「まぁ、これさえあればTOEIC500点なんて誰でもどうとでもなるでしょ」

というのが率直な感想。
500点達成までの詳細な計画が最初から組まれているので、
自分で難しい学習計画を立てる必要がなく、
手元に届いた瞬間から学習に取り掛かれる。

 

こんな方におすすめ!
アルクのTOEIC対策コースは、しっかり計画を立てて、確実に目標スコアを取りたい方向けの教材だ。
アルク教材の特徴である、堅実な学習のおかげで、
将来的に600点、700点、800点と、スムーズなステップアップがし易いだろう。

 

アルク 500点コースを実際に使ってみたレビューです↓

詳細などはこちらから

TOEIC教材でお悩み?アルク 500点コースを評価してみた!
今回はシンプルに【TOEIC500点】を取らせてくれる講座の紹介である。TOEICで500点を目指す。TOEIC初心者を抜け出して具体的なスコアを目指す人の最初の関門である。まだ英語に慣れていない段階での1つ目の難関なの...

スタディサプリ ENGLISH

リクルート社の提供する学習アプリ。
それのTOEIC版。

なにしろ、一日のスキマ時間を有意義に使えるお手軽さが魅力。

stsupnitijou_14

TOEIC学習に非常に効果の高い(自分自身で実証済)シャドーイングとディクテーションという練習が簡単にできる。

 

こんな方におすすめ!
目標スコア取得に急いでいなくて、自分のペースでちょっとずつTOEICに慣れていきたいという忙しい方向けの教材だ。
なるべく早くTOEIC500点取得したい方には向いていない。

 

メアドとか登録すれば、無料体験ですべての機能が使えるので、
試しに使ってみて自分に合わなければ、解約すればタダ。

 

他にも学習しやすいように、様々な工夫がされているアプリ。

 

スタディサプリ ENGLISHを実際に使ってみたレビューです↓

社会人の英語ならこれ!スタディサプリ2つのコースの効果が凄かった
スタディサプリは使い方次第で社会人の強い味方になる?学生という時代を経て、社会人というステージに移行していると、一日24時間のうち学習に充てられる時間は激減する。重要なのは『そのうえでどうやって目標達成していくか』である。...

まとめ

以上がTOEIC 500点のレベル と目安だ。

要するに、このレベルを目指す場合に必要なのは、

公式問題集2~3冊を練習用に持っておいて、
スタディサプリかアルクの500点コースのどちらかでしっかり基礎から学習する。
というのが、今現在で最も手堅い勉強法だという結論。

いかがだっただろうか?
TOEIC500点のレベルは、あなたが思っていたようなレベルだっただろうか?

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

当ブログでは、このようなTOEICに役立つ様々な情報を発信していきます。
もし、よろしければまたいらしてくださいね。
お待ちしています。

Twitterでも情報更新してます。aki(漢)のついったー
Twitterでしか呟いていないマル秘攻略情報もあるので、ぜひ一度覗いてみてくださいね。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

aki(漢)

タイトルとURLをコピーしました