難し過ぎる?コレを意識すれば正解! TOEIC500点の勉強法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tc_500_benkyouhou

初心者が、英語の基礎を固めていく過程で通る道、
それがTOEIC500点ですね。

どうも、aki(漢)です。
30歳から英語を始めて
TOEIC300点から900点まで伸ばしました。

今回は、TOEIC500点を取るための勉強法を解説します。

これを知っていると、
初心者からの500点の取り方や
何から勉強を始めるべきかがわかり、
スコアを伸ばす足がかりを作ることができます。

TOEICにこれから本格的に挑んでいくレベルの500点、
うまく勉強を始められるか不安ですよね?

でも、やり方さえわかってしまえば、あとはシンプルに進めていくだけなので、
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
英会話用レスポンオート

TOEIC500点の取り方

TOEIC500点を取るために必要な能力としては、
英文法の基礎の理解と、
TOEIC試験に毎回のように見られる、頻出単語を知っていること
です。

単語は、その発音も知っている必要があります。

あとは、少しでもTOEIC形式の問題に慣れておくことで
今の実力よりちょっと上のスコアを取ることができます。

500点とはどの程度のレベル?

TOEIC500点を取れるということは、
TOEIC900点をゴールとした場合に、
また、英語力を総合的に見た場合にどの程度のレベルなのか?ですが、、、

英語の基本の理解はまだ途中だが、英文法の基礎は最低限理解したレベル。
基礎の中でもレベルの高い文法や、長めの英文の理解にはまだ時間がかかります。

それと、
TOEIC試験に慣れてきて、簡単な問題を探して積極的に取れる問題を取っていくことができるレベル。
ですね。

900点までの道のりの、1割くらいまで進めたかな?
といった具合です。

初心者でも達成できるスコア?

TOEICを一度も受験したことがなくて、英語も全く勉強をしてこなかった人のスコアは、
大体200点台~300点台です。(30歳当時の私ですね)

そういった方は、まずは400点を目指すといいです。
基礎中の基礎からしっかり固めていったほうが、
後々になっての成長がスムーズです。

ただ、受験料がもったいないと思う方は、
初心者からでもいきなり500点を目指してもいいと思います。

勉強期間としては、400点から500点まで伸ばすのに比べて、全くの初心者から500点を目指す場合、
1~3ヶ月程度長く勉強する必要があります。

なので、
よほどの理由がない限りは、
まずは400点台を目指しましょう。

そして、
既に400点台を取得している方、もしくは基礎的な英文法を最低限理解している方は500点を目指しましょう。

どうも、aki(漢)です。 30歳から英語を始めて TOEIC300点から900点まで伸ばしました。 今回は、TOEIC初心者のた...

500点の取り方のまとめ

まとめると、TOEIC500点を取るためには、
英文法や英単語の基本を勉強しつつ、TOEIC試験の出題傾向に慣れていく必要があるということです。

TOEIC試験に慣れて、易しい問題を見つけられるようになって、それらを確実に正解していこう。

各パート別、易しい問題の見つけ方 解くべき問題

それでは、各パートの中に潜んでいる、易しい問題、初心者でも解きやすい問題を紹介します。
500点を目指すなら、これらの易しい問題は正解する必要がありあす。

パート1

全体的に易しい問題が多いパートです。
選択肢の中に含まれている名詞の単語が聴き取れれば、その名詞が含まれている選択肢が正解になる可能性が高いです。

そして、写真に写っていない名詞が含まれる選択肢は、100%間違いです。

それを狙ったひっかけ問題も登場しますが、
少なくとも、4択を2択くらいにまで絞ることはできます。

パート2

ここから、易しい問題と難しい問題が混在しているパートになります。
それでも、このパート2は比較的易しい問題が多いです。

注意して聴いて欲しいのは、アナウンスの冒頭です。

What なのか How や When なのか、はたまたDo youなのか。
When で聴かれていたら、正解の選択肢は時間や時期を答えているものが正解になる。

といった具合に、最低でも冒頭だけでも聴き取れば正解できる問題が半分以上出題されるのが、このパート2です。

パート3 4

非常に難しいパートです。
易しい問題もあるにはありますが、アナウンスが流れるスピードが速くて
易しい問題に集中する余裕は無いです。

ただし、3つの設問のうち、最後の設問は比較的解きやすいです。

パート3なら ”この後、彼は何をすると思われますか?”
パート4なら ”リスナーは何を推奨されていますか?”

といった設問は3つ目に高確率で出題されます。

この設問を解くためのヒントは、当然アナウンスの最後のほうで登場します。
アナウンスの最後の方、特に一番最後のセリフは聴き取りやすいです。

実際に聴いてみるとわかると思いますが、
アナウンスはそこで終わっているので、それ以上アナウンスを聴く必要がなく、耳に残りやすいからです。

この最後のセリフ、または最後のセリフの一つ前のセリフが正解のヒントになる問題は
毎回数問は登場します。

なので、
最低でもアナウンスの最後、3つ目の設問だけでもしっかりと解くようにしましょう。
ただし、3つ目の設問が必ず易しい問題とは限らないので、間違えても大丈夫です。

パート5

リーディングセクション最初のパートです。
易しい問題は数問必ず登場します。

というのも、答えがパターン化した問題が多いからです。
そのパターンを覚えてしまえば、問題文をほぼ読まなくても正解できます。

そのような問題は500点を目指す受験者のために用意された問題なので
確実に正解できるようにしましょう。

まず気を付けるべきは選択肢で、
例えば、選択肢が

A) automatic
B) automatically
C) automated
D) automate

のように、品詞の種類が並んでいる場合は、空欄の前後を見るだけで解けます。

英文法では、どの部分にどの品詞が入るか
どの品詞がどの品詞を修飾するかが決まっています。

品詞の役割という基本的な文法の理解を問われる問題は、必ず数問出題されます。
しっかり勉強して正解できるようにしましょう。

パート6

少し難しくなりますが、
パート5と似た知識を問われるパートです。

つまり、ボキャブラリーや、英文法の知識があれば解ける問題が中心に出題されます。

特にボキャブラリーが大事なので、なるべくたくさんの単語を覚えておくと有利になります。

選択肢を見て、知らない単語が並んでいたら、その問題はもう解けないものと思ったほうがいいです。
逆に知っている単語ばかりだったら、空欄の前後の文を読んで頑張って解きましょう。

パート7

TOEICテスト最後のパートです。
あまり小細工が通用しない、ガチの問題が多く登場します。

易しい問題でも、ある程度のリーディング能力が求められるので、
コツとしては、一文ずつゆっくり読んで、意味を少しずつ理解していき、
時間を書けて解くことです。

ただし、5分考えてもわからない問題は諦めて次に進んだほうがいいです。

そうすることで、易しい問題にたどり着きやすくなります。

試験時間が残り5分くらいになったら、空欄を全てテキトーに塗りつぶしましょう。
このように塗り絵をして、少しでもスコアを上げます。

TOEIC500点の具体的な勉強法 おすすめ参考書

具体的な勉強法としては、やはり基本である英文法を理解することです。

500点レベルで知っておくべき英文法は

現在形過去形現在進行形過去進行形現在完了形過去完了形

比較級最上級品詞の理解前置詞

ですね。
これらをしっかり理解すれば、500点レベルです。
これらが解説されている英文法書を購入して勉強しましょう。

おすすめは、マーフィーのケンブリッジ英文法(初級編) (Basic Grammar in Use)です。
非常にわかりやすく英文法が解説されている良書です。

また、TOEICの頻出英単語も平行して覚えましょう。
金のフレーズを使って、毎日10単語以上は覚えるのがおすすめです。

リスニングの練習は、公式TOEIC L&R 問題集の音声でシャドーイングしましょう。
特にパート1と2は聴き取りやすい、短いセリフが多いので、
初心者におすすめです。

もしくは、【スタディサプリ ENGLISH】 を利用するのもおすすめです。
シャドーイング練習がとてもやりやすく作られていますし、文法の解説も充実しています。
特に初心者におすすめですね。

完全独学は不安?

ここまで独学でのTOEIC500点を前提に紹介してきました。
どうでしょう?
500点までの道が見えてきたのではないかと思います。

しかし、それでもうまく勉強できるか不安と思う方もいるかもしれません。
初心者だから、もっと細かく解説して欲しいと感じるかもしれません。

そういう場合は、TOEIC用に作られた通信講座を受講するのも一つの手です。
自宅にいながら、TOEIC目標スコアまで導いてくれるツールです。

おすすめはアルク500点コースです。
TOEIC500点を取るためだけに作られた教材で、それ以外の勉強を排除した効率重視の通信講座です。

この講座だけで500点が取れるので、他の教材を購入する必要がありません。
とても丁寧なのでおすすめです。

アルクのオンラインショップ で詳細を確認できます。

今回はシンプルに【TOEIC500点】を取らせてくれる講座の紹介である。 TOEICで500点を目指す。 TOEIC初心者を抜け...

TOEIC500点勉強法 まとめ

以上が、TOEIC500点の勉強法でした。

TOEIC500点は、英語の基本を学んでいく途中で通過するスコアです。

まずは、広く基本を身につけるつもりで進めていくとスムーズに進められます。

英語の勉強を毎日の生活に組み込んで、無理なく続けていくといいです。

あなたの目標スコア達成をお祈りしています。

このブログでは、このようにTOEICに役立つ情報を発信していきます。
よろしければ、また見に来てください。

Twitterで情報更新してます。aki(漢)のついったー

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

aki(漢)

英会話用関連コンテンツ広告
スポンサーリンク
英会話用レスポンオート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
英会話用レスポンオート