1時間残しがベスト!TOEIC part7を解ききるコツ 時間配分と解き方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tc_part7_jikan

リーディングセクションのスコアは、
いかにpart5と6を速く解いて、part7に時間を残すか
にかかっています。

今回は、それを実行するやり方を私なりに解説しますね。

どうも、aki(漢)です。
才能なしの30歳から英語を始めて
TOEIC300点から900点まで伸ばしました。

アホだけど900取れるもんなんですね、ハイ。

今回は、TOEIC part7の解き方と正しい時間配分について解説します。

問われている知識がないと、解けない問題の多いパート5と6に比べて、
パート7は時間をかけて考えれば解ける問題が多いです。

しかし、一問あたりどの程度時間をかけれよいのか、
それでもわからなかった場合、どの段階で見切りをつけて次の問題に進めばいいのか、

判断が難しいところです。

今回は、それらも含めて詳しく解説します。

part7を正しく攻略して、リーディングスコアを安定させましょう。

スポンサーリンク
英会話用レスポンオート

目標スコアによって時間配分は違う

リーディングセクションで一番の悩みの一つは、
時間内に200問全問解ききることができずに、最後のほうを塗り絵にしてしまうこと。
ですよね。

ですが、全問解ききることにこだわる必要はありません。

全問解ききるのを目標にするのは、900点を目標にしている人だけでOKです。

800点目標の人は最後の10~15問くらい塗り絵になってしまっても、合格点圏内です。

ちなみに、私が初めて900点を突破した時は、5問塗り絵していました。
時間たりねーモンは足りねーんです。テキトーにマークしときゃいいんです。

TOEICテストにおいて"塗り絵"とは 時間が足りなくて200問を最後まで解ききれないまま終わりそうになったり、 問題がわからなかった...

part7に残すべき時間は?

さて、ではリーディングセクション75分中、
パート7のために、何分時間を残しておくのが理想でしょうか?

part7は全部で54問。
理想としては一問解くのに一分です。

私が個人的に感じるのは、
900点目標なら、1時間残し。
800点以下が目標なら、55分残しておきましょう。

なんだかんだで、時間がかかってしまう問題が出てくるので、
こういう目安になります。

冒頭でも言ったとおり、パート7は時間をかけて考えれば解ける問題が多いです。

目標スコアに拘らず、パート5と6はいくら考えても解けないもんは解けないんです。
時間の無駄ですな。

それならば、わからない問題はさっさと見切りをつけて次の問題に進む!
これを繰り返して、さっさとパート7に進んで、そこでたっぷり時間を使いましょう。

そのほうがお利口さんです。

”TOEICは誤った回答では減点されませんので、答えに迷った場合でも、どれか一つにマークすることをお勧めします”
↑このセリフ、どこに書いてあったかわかりますか?

TOEIC試験受験日に誰しもが見ることになる”公式の受験のしおり”に書いてあるんです。

公式でも塗り絵を勧めてるんですね。
塗り絵は大正義です。

200問解ききると何点?

先程も触れましたが、200問を2時間以内に解ききることができる
それはつまり、900点を取れる実力がある

という目安があります。

塗り絵して900取ったクセに何言ってんだコイツって話ですけど、そういう目安だということは頭にいれておいてください。

何が言いたいかというと、part7になるべく時間を割くべきだってことですね。
そう意識したほうが、同じ英語力でもスコアは高くなります。

part7 問題別時間配分と解き方

part7序盤の問題

問題番号でいうと、156番くらいまでの序盤の問題ですね。

短めの記事に対して、設問が1~3問ある問題です。

これらはかなり難易度が低く、記事全体を読む必要なく解けるので、
一つの設問を30秒程度で解けるようになるといいですね。

コツとしては、

まず設問文を読んで選択肢をざっと流し見する→記事を頭から読んでいって、設問で問われている部分を見つけたら正解をマーク
→次の設問文を読む→(繰り返し)

のように、正解がわかった時点で、無駄な部分を読まないことですね。

設問に答えられさえすれば、それ以外の部分なんて読む価値ありません。
せっかく記事を考えて書いてくれた外人のおっさんよ、すまんな!

受験者であるあなたは、ちょっとでも時間節約しましょう。

part7 中盤の問題

中盤になってくると、問題の記事の文章量が多くなってきます。

設問の数は1つの問題につき2~3問で、
必然的に、回答のヒントになる部分を探すために、多く読まなければいけなくなりますね。

問題番号でいうと、大体157番以降ですね。
これ以降は、1つの設問を解くのに1分くらいかけても大丈夫です。

設問と選択肢を読んでから記事を読み始めるという流れは変わりませんが、
その記事に何が書いてあるのか、どういった趣旨の記事なのかを、
冒頭から、しっかり読んで理解していかないと解けない問題が増えてきます。

そのために必要な能力は、
英語を英語のまま読んで、素早く理解する能力です。
当然、語彙力も求められます。

普段の勉強で、長い文章を読む練習をして、英単語も毎日しっかり覚えましょう。

それと、このpart7中盤で悩んでしまうと時間がもったいないので、
あまりにも難しいと感じたら、さっさと次のダブルパッセージ問題に進みましょう。

この中盤の問題って、設問の数が少ない割に読む量が多いから、コスパ悪いんです。

塗り絵は正義ですよ!

チャット問題

序盤と中盤に一問ずつ出題されることが多いチャット問題。
めちゃくちゃ簡単なので、確実に正解を狙っていきたいです。

チャット形式なので、文章量も少ないし、
チャットを送信した人の名前と時間がいちいち添えてあるので、
設問で問われている部分を探しやすいです。

一問に2分くらいまでなら、
多少時間をかけてもいいので、よく考えて回答しましょう。

どーでもいいですけど、このチャット問題。
対話形式なので、リスニングpart3に似た感じしますよね。
そう感じるの私だけかな?

ダブルパッセージ問題

問題番号176番から185番に必ず登場するダブルパッセージ問題。
設問がそれぞれ5問の問題が2つ出題されます。

理想としては、一つの設問を1分、合計5分で解きたいところですが、

たとえ時間をかけてでも、このダブルパッセージ問題と後のトリプルパッセージ問題は解くべきです。

そのくらい、見た目より簡単な問題が多いです。

その時間確保のためには、中盤のコスパの悪い問題達をさっさと捨てる覚悟が要ります。
中盤の問題を解く前に、このDP、TP問題に先に取り掛かったほうがいいまであります。

中盤問題って意地悪なんですよ、、、

でも、チャット問題からは優しさを感じます。。。
チャット問題大好きです。

ダブルパッセージ問題は、
読む量が多くなっているため、難しそうに感じるかもしれませんが、
難易度としては中盤の問題よりは簡単です。

純粋に英語を読む力が問われる問題ですが、
5つの設問のうち、2つは簡単なものが含まれています。

一個目の設問は間違いなく簡単です。
ほとんどの場合、1つ目の記事中に回答のヒントが書いてあります。

しっかりじっくり読んでヒント部分を探しましょう。

そうして1つ目の記事を読んで理解すると、自然と二つ目の設問も解けます。
そういうふうに出来ています。

二つ目の設問が解けると、3つ目も、そして4つ目、5つ目と
記事と設問の関係性の理解の連鎖が生まれていくイメージです。

やはりこれはいくつも問題を解き、練習して慣れていくことで正解率がどんどん上がっていきます。
普段の勉強の中で、ダブルパッセージ問題を解いて練習しましょう。

トリプルパッセージ問題

問題番号186から200がトリプルパッセージ問題です。
大きな問題が3問に、それぞれ5つの設問。
合計15の設問が出題されます。

大まかな解き方はダブルパッセージ問題と同じで、
その文章量の多さに圧倒されがちですが、
難易度は、見た目よりも簡単な場合が多いです。

ただし、一つ一つの文章を読み込まないと正解にたどり着けないような
高難易度の問題も紛れているので油断は禁物ですね。

理想としては一つの設問を1分で解きたいところです。

解き方のコツというコツはなく、
あくまで純粋な英語を読む力が求められます。
これも、ダブルパッセージ問題と同じですね。

英語を速く読んで理解する力を養いましょう。
あと語彙。

part7 時間配分まとめ

以上が TOEIC part7 の解き方と時間配分でした。

結局は速読力と語彙力がものを言うパートなので、
そこを意識した普段からの勉強が大事ということです。

part7の効率の良い勉強ができる【スタディサプリ ENGLISH】 なんかがおすすめですね。
スマホを持っているならば、いっかい無料体験してみては?

テクニックとして言えるのは
やはり中盤の問題に時間をかけすぎないことですね。

それと、パート5と6を速く解いて、パート7に55分以上確保しておくことです。

パート5の時間配分を解説した記事

パート6の時間配分を解説した記事

↑よろしければ、こちらも参考にしてみてください。

あなたの目標スコア達成をお祈りしています。

このブログでは、このようにTOEICに役立つ情報を発信していきます。
よろしければ、また見に来てください。

Twitterで情報更新してます。aki(漢)のついったー

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

aki(漢)

英会話用関連コンテンツ広告
スポンサーリンク
英会話用レスポンオート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
英会話用レスポンオート