TOEIC800点を取りたい人集合!スコアが上がらない時のおすすめ勉強法→解説します

tc_800_benkyouhou 新形式TOEICの攻略情報

tc_800_benkyouhou

700点台から800点に上がらず伸び悩んでいました。

何をすれば上がるんだろう?

自分には何が足りないんだろう?

そこで、私は思い切って
それまでの勉強法をガラッと変えました。

 

//////////////////////////

どうも、aki(漢)です。
才能なしの30歳から英語を始めて
TOEIC300点から900点まで伸ばしました。

リスニングは満点です。

//////////////////////////

 

今回は、TOEIC800点をとるための勉強法を解説します。

800点は栄光です、努力が輝いています。
だからこそ、取得するのに高い壁を超える必要があります。

 

なかなか800点って取れないですよね。
自分に何が足りないのかわからないですし、

どう勉強してよいのか、何が正解なのか不透明です。

でも、取りたい!

今回はそんなお悩みをお持ちの方に向けた記事です。

 

この記事にたどり着いたということは、今現在努力してTOEICに挑んでいる真っ最中の方だと思います。
そんな方の努力を無駄にしないために、この記事を書き進んでいこうと思います。

 

TOEIC800点というスコア

どのくらい難しい?

TOEIC700点が、英語中級者レベルでした。
800点ということは、いよいよ上級者の領域に踏み込んでいくということです。

 

上級者に求められる能力は高いのが当たり前です。

英文法の基礎だけでなく、応用的な文法の知識が求められますし、
それを素早く、英語を日本語に訳さずに英語のまま理解する能力が必要です

 

語彙力も、新たに2000語程度覚えることになります。
つまり、トータルの語彙数では1万語になりますね。

 

TOEIC頻出単語から覚えることになるので、
単純にTOEICの問題を解いて答え合わせをしていくうちに、覚えられる単語もあるでしょう。

 

リスニングは、パート1と2が全問正解できるレベルが必要です。
これができれば、パート3と4も本格的に攻略できる下地ができています。

 

どうでしょう?自信ありますか?
今は難しく感じてしまうと思いますが、大丈夫です。
私は今でも英語が苦手ですが、一応なんとかなっています。

とても高い壁に見えちゃうと思いますが、当時の私もそうでした。大丈夫、なんとかなります。

800点を超える受験者の割合

TOEIC受験者全体で、800点以上を取る人の割合はというと、
上位16%くらいですね。

日本人の平均点が620点なことを考えると、800点が如何に高い目標かがわかります。
参考:TOEIC公式リンク 平均スコア分布

800点を目指す最低条件

TOEIC800点は上級者のスコアです。
なので当然、初心者がいきなり目指す目標ではありません。

 

やはり、TOEIC700点台を取得している方か、
もしくは、高校卒業時の英語の成績が良くて自信がある方以外は
500点、600点、700点と、100スコアずつ成長させていくのがおすすめです。

 

それが、結果的に一番の近道になります。

上ばかり見ているより、20~50スコア上昇を喜べるように地道に勉強すると、モチベーションが高く保てるぞ

TOEIC500点から800点超えを目指す人必見!その勉強時間と取り方
どうも、aki(漢)です。才能なしの30歳から英語を始めてTOEIC300点から900点まで伸ばしました。今回は、TOEIC500点から800点まで伸ばすために必要な勉強時間とその方法について解説していきます。TOE...

どのくらい勉強時間が必要?

TOEIC700点台の人が、800点に届くまでには
一日に1~2時間勉強時間をとったとして、
半年~1年くらいの勉強期間がかかります。

 

ちなみに私の場合、30代で頭が固くなっているので
720点から815点まで伸ばすのに、1年弱くらいかかりました。
毎日、2時間くらいは勉強していましたね。

 

↓TOEIC 現在のスコアからの勉強時間の目安です。

tc_scoremeyasu

出典:OXFORD UNIVERSITY PRESS, A Teacher’s Guide to TOEIC

地道に勉強していくのが、一番の正解、近道です。

800点に必要な正解数

800点に届くのに、最低限必要な正解数は、
リスニング、リーディングともに、
76-80問です。

 

リスニングなら、パート1と2を全問正解で31問。
残りの約50問をパート3と4の69問からむしり取らないといけません。

 

リーディングなら、パート5で30問中、25問
パート6で16問中12問
パート7で54問中43問正解
くらいが目安です。

 

見やすく書き直します。

part1 6/6
part2 25/25
part3 27/39
part4 23/30
part5 25/30
part6 12/16
part7 43/54

↑理想の800点正答数

つまり、不正解してよい問題数は全体で40問程度あります。

 

もちろん、リスニングの方が得意なら、その分リーディングをカバーできます。

ちなみに、私の場合はリスニングがほぼ毎回満点で、リーディングが400点前半くらいです。
偏っています。

日本人のTOEIC LR平均点を見ると、リスニングのほうが50点も高いんです。

TOEIC800点の勉強法 私が実際にやっていた必勝法!

間違った勉強法を見直す時期 それが700→800点

私が、TOEIC700点台で伸び悩んでいた時
やっていた勉強法と言えば

・海外ドラマを使ってのシャドーイング練習
・TOEIC公式問題集を毎日数問解き、間違えた問題は解説を読んで理解
・TOEIC頻出単語の意味を、日本語訳で暗記

こんな感じでした。

ハッキリ言いますと、これらを続けているだけだったら800点は超えられませんでした。

当時、TOEIC試験はたびたび受験していましたが、スコアは下がることはあっても
ほとんど伸びることはありませんでした。

 

「このままこの勉強法を続けていても800点は取れそうもない。
900点なんて夢のまた夢だ。」

そんな未来が見えた当時の私は、
それまでの勉強法を見直し、まずは800点を取るために勉強法をガラッと変えました。

まず、注目したのが

 

自分にとって何が足りないのか?
何が自分の弱点なのか?

でした。

 

当時の私のTOEICスコアは
L 390点前後 R 320点前後

と、ギリギリの700点台を保っている状態でした。

リスニング勉強法の見直し

まず、リスニングに関してですが
パート1は全問正解できていましたが、
パート2以降は、自信を持ってマークできない問題が半分くらいありました。

 

セリフが長くなると、会話の速さについて行けなくなって
会話の要点が全然聴き取れていなかったんです。

 

つまり、海外ドラマでのシャドーイング練習は
TOEICスコアに大きな影響を与えていなかったのです。

 

海外ドラマは、当然長いセリフが多いですからね。
でも、やはり海外ドラマは難易度が高すぎて
ほとんど聴き取れていなかったんです。

 

そこで、リスニングスコアを上げるために
リスニング練習に使う素材の難易度を下げることにしました。


TOEICのスコアを上げたいんだから
TOEICレベルの素材でリスニング練習をするべき

そう気づきました。

そこで、シャドーイング練習に使う素材を
海外ドラマから、TOEIC公式問題集のCDに変えました。

これは今思うと大正解だったと思います。

 

なぜなら、今の自分よりも遥かに高い難易度で練習をしても、理解が追いつかなくなって伸びが悪くなるからです。

 

今の自分よりも少しだけ高い<B難易度で練習をすることで、理解できる部分と理解できない部分の
バランスが良くなり
理解できない部分つまり
自分がまだ理解の浅い部分や、自分が聴き取れない音や単語、自分の弱点がはっきりとわかるようになりました。

 

こうなれば、後は簡単です。
その自分の弱点の部分を
解説などを読んだり、繰り返しその部分を聴き直したりして、じっくり理解し、頭に慣れさせればいいだけです。

 

こうして、自分の苦手とする部分を重点的に補って勉強することで
リスニングのコツを掴んでいきました。

 

一応、趣味として、ある程度楽しかったので
海外ドラマ視聴はやめませんでしたが。。。

ちなみに、この時期に
リスニングの先読みのコツや
リスニングパート3とパート4で、ほとんど聴き取れなくても正解するテクニックを自力で発見しました。

詳細は↓の記事にまとめてあります。
裏ワザぎりぎりを攻めた方法なので、どうしてもスコアが上がらない場合は参考にしてみてください。

TOEICパート3を解くコツと明日から使える5つの必殺テクニック
とあるTOEIC受験者が嘆いた「TOEICパート3難しい~!何言ってるか全然わかんない~!先読みしてるけど時間が足りない~!」今回はTOEICリスニングパート3の解説と使えるテクニックの紹介である。少々長くなるが今回紹介す...

リーディング勉強法の見直し

当時のリーディングはこんな感じでした。↓

・TOEICお馴染みの問題にすら慣れていなかったので、簡単な問題に時間をかけすぎていた。
・知らない単語が多いのに、単語暗記をしていなかった。
・全体的に問題を読むのが遅くて、最終的に20~30問塗り絵することになっていた。

 

つまり、一言でいうと
TOEICリーディング問題の練習不足<Bでした。

TOEICは、同じような問題の使いまわしが多いですからね。
慣れていれば、数秒で解けてしまう問題も多いです。

当時は、それすらも満足に解けていなかったんです。

 

そこで、リーディング対策の勉強法を見直し
↓こんなふうに変えました。

・TOEIC形式のリーディング問題をたくさん解いて、TOEICそのものに慣れる。
・単語は、その例文と一緒に覚える。
・英語を英語のまま理解し、読む速さを上げる練習をする。

 

↑結果的に、この3つの勉強法全てが、効果的にリーディングスコアを上げてくれました。

700点台が取れているということは
基本的な英文法の理解はできているはずなので
英文法に関しては、あえて勉強はしなかったです。

 

700点が取れずに困っている方は、まずは基本的な英文法から覚えましょう。

 

↓リーディングパート7の正しい時間配分についてまとめました。
塗り絵が多くなってしまう方は、スコアを上げることができるかもしれないので
一度参考にしてみてください。

1時間残しがベスト!TOEIC part7を解ききるコツ 時間配分と解き方
リーディングセクションのスコアは、いかにpart5と6を速く解いて、part7に時間を残すかにかかっています。今回は、それを実行するやり方を私なりに解説しますね。///////////////////////どうも、...

それらを踏まえて 具体的な800点の勉強法

さて、それらの要点を押さえて勉強を進めていくことで
TOEIC800点の壁を突破できることがわかりました。

では、具体的にどのような教材を使って進めていけばいいのか?

 

いくつかある、おすすめのTOEIC用教材の中から
あなたの生活に合ったベストなものを選ぶことが大切です。

 

以下で紹介する教材のうちのどれも、上で説明した要素をしっかりと勉強することができます。

つまり勉強法の次に大事なのは

 

あなたの性格や、生活スタイル的に
どの教材ならモチベーション高く続けられるか
自分にピッタリ合ったものを選ぼうということです。

 

ちなみに、私は完全に独学を選びました。

その判断が結果的に良かったのか悪かったのかも含めて紹介していきます。

”スタディサプリTOEIC” スキマ時間とガッツリ学習の使い分けで800点を掴む!

studysup_keizokuritu92

言わずとしれた高性能TOEIC学習アプリ
一日の勉強時間が限られている方に特におすすめ。

レッスンが細かく区切られているので
スマホがあれば、場所を選ばずにいつでもどこでも3分から勉強ができます。

 

一日のうちのちょっとした時間を使って勉強ができるし
休日など、時間がある場合はたっぷりまとめて勉強ができます。

この使い分けがアプリ一つでできるのが魅力。

 

気になるレッスンの内容ですが
特にリスニングの練習が効果的にできると感じました

シャドーイングやディクテーション練習機能が充実していておすすめ!

 

その他の特徴としては
プロのTOEIC講師による問題解説動画で
問題の解き方のコツを学んだり

 

TOEIC 20回分の模擬試験(と詳細な解説
計4000問分が収録されていたり

 

TOEIC頻出単語を例文と一緒に覚えられる
単語暗記機能があったりと

 

あなたの弱点を補うためのレッスンが詰まっています。

 

TOEIC800点を目指す方には
とりあえず、一度は無料体験してみて欲しい教材です。

使用感が合わないなら、途中退会すれば完全無料ですし。

 

「スマホアプリでのTOEIC学習では不安」
と思う方は、
自分の学習ノートを作って、勉強した内容をノートにまとめながらスタディサプリを使ってみるといいです。

 

能動的な学習ができるようになり、アプリの良い部分を引き出すことができます
おすすめです。

 

無料体験登録にはリクルートIDが必要なので
”じゃらん”や”HOT PEPPER”を使っている方なら
そのIDでそのまま登録できます。

【スタディサプリ ENGLISH】 [/sc]>

↓実際に使ってみたので、スクリーンショット画像多めで詳細なレビューをまとめました。

勉強嫌いでもスタディサプリTOEICを使いこなしたい!おすすめ勉強法 料金を無駄にしない
勉強嫌いの私が、スタディサプリTOEICを使ってみての率直な感想は、TOEIC学習がスマホ一つでこんなに気軽にできるのは魅力的だなぁ。です。でも、このアプリにはただ一点”あること”が足りないです。それを補うことで、このアプリは...

”アルクのTOEIC通信講座” 一貫した勉強で これさえあれば他に要らない!

英語学習で有名な”アルク”のTOEIC攻略通信講座 その800点コースです。
TOEICで800点を取るのに必要な知識だけを効果的に学習できるように作られています。

 

5ヶ月の学習計画が、完璧に組まれているので
時間をかけてもいいので、確実に800点を取りに行きたい人向けの教材です。

この講座だけあれば、他の教材は一切要らないので
結果的にお金節約になります。

 

勉強の成果が実感しやすい作りになっているので
モチベーションを高く保ちやすいのも魅力。

 

アルクのオンラインショップ [/sc]>

↑ここからオンライン注文ができます。

↓実際に使ってみてレビューしました。

難しいスコアにも届く!アルク TOEIC800点コース 使ってみた感想
どうも、akiです。300点台から始めて、現在TOEIC910点です。今回はアルクの通信講座『TOEIC完全攻略800点コース』を実際に使ってみた感想です。TOEIC800点がなかなか取れなくて困っているアルクの...

”独学” 長期間かかるけど 自分のペースで自由に勉強!

自分で参考書や問題集を購入し
自分で学習計画を立てて、目標スコアを目指していく勉強法です。

 

学習計画も、勉強の順番も全て自分で決めたい人向け。

私は完全に独学で900点を取りましたが
個人的には独学はおすすめしません。

 

独学なので、勉強が遠回りになってしまったり
独学だからといってトータルの費用が安くなるわけじゃないからです。

 

通信講座やスタサプは、その値段に見合うだけの良教材です。
効率的にTOEICの勉強ができるように作られています。

 

独学はどうしても、購入する参考書が複数になりがちで、勉強に一貫性がなくなってしまい、
目標スコア達成まで長期間かかってしまいます。
私がそうだったのでわかります。

 

長期間かかるということは、その間のTOEIC受験料もばかにならないということです。

あの時ああすれば良かった、、この勉強法はとても効果が高かった!
この情報をみんなにも共有したい!

そんな思いからこのブログを運営しています

そのうえで、、
私が実際に購入した参考書を紹介します。

TOEIC公式問題集

ほとんど、これだけで勉強していました。
公式問題集だけで10冊以上所持しています。

公式問題集なだけあって、本番と同じ品質の問題を研究できます。

ですが、解説があっさりしすぎているので
わからない問題に直面したときに、理解しづらいので
上級者向けです。

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 7
国際ビジネスコミュニケーション協会
これ無しでTOEICは勝てません。初心者~上級者まで必須!

スピード強化編

読む速さを上げるために購入した参考書です。

これは、かなり有用性が高かったです。
しかも安価。

英語を英語のまま読む力も同時に鍛えられるので
パート7のトリプルパッセージ問題まで、時間内に時進めることができるようになり
リーディングでの塗り絵が減りました。

リーディングスコア全体の正解率も上がります。

 

金のフレーズ

TOEIC頻出単語の勉強ならこれ一冊あれば十分。
しかも安価。

レベルの低い単語から順番に覚えられるので
初心者から上級者まで、幅広く活用できます。

まずは、この一冊(1000語)を覚えてから
他の単語帳を買いましょう。

【超教材レビュー】TOEIC900点が金のフレーズ評価してみた
朝日新聞出版 特急シリーズの中でも名書中の名書『金のフレーズ』のレビューである。私自身はこの『金のフレーズ』を初めて購入したのがTOEIC900点取得後なのだが、あまりにも『TOEIC学習に効果的な本』と有名なので、今更ながら評価...

でる1000問

TOEICパート5を練習するためだけの問題集です。

TOEICパート5のタイプ別の問題が1000問収録されています。

パート5に関してはこれ一冊あれば十分ですね。

 

初級レベルから上級レベルまでの様々な問題が
解説つきで収録されています。

強力な一冊!】TOEIC 文法問題でる1000問のおすすめの使い方 レビューしてみた
TOEICの文法って、どこから勉強したらいいかわからないですよね。そもそも基礎ってどの程度知っていればいいんですかねー?もしくは、上級者だけど、パート5がとっても苦手ー!!英語ムズカシー!今日はそんな悩みを解決する参考書の紹...

その他気をつけたこと

これらの他に、細かいことで気をつけたことがあります。

それは、TOEIC本番を受験している時のちょっとしたテクニックです。

 

試験中でも休憩をとる テクニック

私の場合、特に集中力が試験の最後までもたなかったので

リスニングセクション中のちょっとした合間に目を閉じて

何も考えない休憩時間を作りました。

 

パート1と2では、正解の選択肢を選んで、次の問題が始まるまでのちょっとした時間

パート3と4では、各パートが始まる前の、問題の説明アナウンスが流れている時間

 

これらのちょっとした時間に、目を閉じて何も考えず、頭を休めることで

少しでも集中力を維持できるように工夫しました。

 

これは、かなりおすすめです。

TOEICは、2時間も集中力を維持しなくてはいけない試験なので

このようなちょっとした休憩があとあとに響いてきます。

 

是非、試してみてください。

素早くマークするテクニック

”マークシート用シャープペン”をご存知でしょうか?

ちょっと太い特殊な芯を使う、マークシート試験専用のシャープペンです。

 

実際に時間を測ってみたら、

TOEIC200問を塗りつぶすのに、普通のシャープペンと比べて

1分30秒速く塗ることができました。

 

値段も大したこと無いし、予備の芯が使い切れないくらい入っているので

一本、持っていても損はしないです。

 

ちょっとでも有効な手段は、どんどん使っていきましょう!

TOEIC800点勉強法 まとめ

以上で800点の勉強法は完了です。

 

やはり一番大事なのは、継続することです。

数日や、数週間では勉強の成果が実感しにくいことが、
TOEICのスコアが伸びないとみなさんに錯覚させている要因です。

 

勉強をした分だけ、ちゃんと伸びているので、
成果を焦らないで今日やるべきことをしっかりと消化しましょう。

 

あなたの目標スコア達成をお祈りしています。

このブログでは、このようにTOEICに役立つ情報を発信していきます。
よろしければ、また見に来てください。

Twitterで情報更新してます。aki(漢)のついったー

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

aki(漢)

 

おまけ 800点に届かない人の特徴 足りないスキル 知識

リスニングについて

800点を目指している方がリスニングで困っていることと言えば、

 

パート2では
セリフ自体が短めなので、
8割程度は聴き取れるが、聴き慣れない単語を使われると、全体の意味がわからなくなる。

 

パート3 4では
先読みが不十分なまま、アナウンスが始まってしまって、アナウンスに集中できなくなる。
早口で喋る話者だったり、セリフ自体が長いと、何を言っているのか全くわからず、付いていけなくなる。

ただし、パート1は難なく解けるはずです。

これらの問題点を補う勉強をしていけば、800点圏内に届きます。

 

勉強法としては、やはり何度も聴いて、字幕を見て、頭の中で音と文字を一致させて、
聴き取れる単語やセリフを増やしていくのが一番です。

そのための練習法として最適なのはシャドーイングです。

 

TOEIC公式問題集などのTOEIC用問題集の音声を、聴き取れなくても聴こえたままをシャドーイングします。
そして解答のスクリプトを見て答え合わせをし、再度シャドーイング。

これを毎日15分程度実施すれば、確実にリスニングは伸びていきます。

リーディングについて

リーディング全体で言えることは、まだ知らない単語や表現が多いことと、
短い文は読めても、長い文になると意味を理解出来なくなることが多いことが問題点として多いです。

 

パート5では
見慣れない単語が並んだ語彙問題がさっぱりわからない。

英語の語順の理解に充分に慣れていないので、空欄を含んだ長い文が理解できない。

 

パート6では
パート5のような、単純な品詞問題や語彙問題は解けるが、
知らない慣用表現を問う問題が解けない。

記事全体で何が書いてあるのかをつかめないので、
空欄に入る正しい文を選ぶ問題が解けない。

 

パート7では
時間をかければ解ける問題も多いはずだけれど、

試験も後半になって疲れてきているうえに、読む量が増えて頭が回らなくなっている。
文章を目で追ってはいるが、その内容まで頭に入って来ない。

問題を解く速さが足りないので、
最後の20~30問くらいが塗り絵になってしまう。

 

これらのような問題点を解決していけば、800点に届くようになります。

これらの解決法としては、長い英文を読んで理解する力を伸ばすことです。

 

英語を英語のまま理解し、
英文を読むこと自体のエネルギー消費を減らす。

それができるようになれば、TOEIC本番でも、最後まで集中力が持続しやすくなります。

「それができれば苦労しないよ」
と言う話なんですが、シンプルな解決法としては、これ以外にないです。

 

私も同じ悩みを持っていました(今も読むのは遅いですが)
最後の20問が塗り絵になってしまい、試験の最後のほうは頭が疲れてしまってへとへと。

 

そこで、私が実施した勉強法は
パート7のようなTOEIC形式の長い記事を、毎日速読することでした。

使った教材は新TOEIC TEST読解特急3 上級編

 

TOEICパート7レベルの記事を、少し長く難しくした難易度の記事が20記事収録されています。

一分あたりの読める語数を計測できる作りになっていて、
毎日の練習でどの程度成長したかが目に見えて感じ取れます。

この練習法は、英語を読むことに慣れていない方にとってかなりおすすめです。

 

単語について
覚える単語数は、先程も書いた通り、新たに約2000語です。
あまり聞き覚えのない、難しい単語を覚えていくことになります。

 

単語を覚えるコツは、単語と意味だけを覚えるのではなく、
その単語が含まれている例文と一緒に覚えることです。

 

そうすることで、その単語が持つ本来の意味も一緒に理解できるので、
記憶に残りやすいです。

 

日本語に訳された意味それだけを覚えても、すぐに忘れてしまいます。
単語に関しては、英語は英語のまま意味をイメージできるよう、感覚で覚えるのがコツです。

(ただし、名詞に関しては日本語訳をそのまま覚えたほうが簡単です。
例えば、water は、どんなシチュエーションで使われても”水”という意味ですからね。日本語で覚えてしまっても問題ありません。)

 

それでも、
一回では覚えきることは難しいので、2回3回と頭に記憶されるまで繰り返し覚えましょう。
その単語を使って、自分で例文を書いてみるのも非常に効果が高いです。

 

それと、単語を覚える際は、その発音も一緒に覚えてしまいましょう。
そうすれば、リスニングのスコアも上がります。

 

単語帳でおすすめなのは金のフレーズです。
TOEIC頻出単語が
必ず例文と一緒に載っています。

 

音声を公式サイトから無料ダウンロードもできますので、
発音も覚えられます。

TOEICの慣れについて

このレベルになると、既にご存知の方も多いかもしれませんが、
TOEICは英語力だけでなく、TOEIC試験に慣れることでもスコアが上がります。

 

例えば、パート3の設問は

「彼らは何について話しているでしょう?」
「彼らの会社は最近どんな変化があったでしょう?」
「彼女は彼に何を求めているでしょう?」
「彼はこのあと、何をすると考えられるでしょう?」

 

こんなパターンのものばかりですね。
なので、設問文を全部読まなくても、さっと目を通しただけで何を聞かれているのかほぼわかります。

 

これはパート1からパート7まで全編通して言えることで、
これらTOEIC試験問題の傾向に慣れていると、無駄な部分を読まなくて済むようになり、
時間の節約になったり、脳のエネルギーの節約になったりします。

これに英語力も加われば、鬼に金棒です。

 

TOEIC試験に慣れるためには、TOEIC試験問題そのものを何度も解くしか練習方法はありません。
ですが、英語力を上げるよりは、遥かに簡単で単純な作業です。

 

私の場合、
公式TOEIC L&R 問題集を数冊買って、何度も繰り返し解いて慣れました。
公式なので、本番と同じ品質の問題で練習できる点が優れています。

 

それでも問題数が足りなくなる場合は、
【スタディサプリ ENGLISH】 がおすすめです。
問題数の多さでは圧倒的です。

 

スタディサプリはシャドーイングの練習が効果的に実施できることも大きな特徴です。
実際に使ってみて、画像つきで細かくレビューしてみたので ↓の記事を参考にしてみてください。

勉強嫌いでもスタディサプリTOEICを使いこなしたい!おすすめ勉強法 料金を無駄にしない
勉強嫌いの私が、スタディサプリTOEICを使ってみての率直な感想は、TOEIC学習がスマホ一つでこんなに気軽にできるのは魅力的だなぁ。です。でも、このアプリにはただ一点”あること”が足りないです。それを補うことで、このアプリは...

 

とにかく数をこなして、試験慣れをしてしまいましょう。

タイトルとURLをコピーしました